その取引所詐欺じゃない?仮想通貨は日本語で検索するな!

ヤバイWEB屋さん
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

やぁみんな

YouTubeでヤバイWEB屋さんの仮想通貨チャンネルという

仮想通貨関連の情報を発信するチャンネルを運営している

ヤバイWEB屋さん

と言うものだ

今日はたった一つだけだが

"""重要なメッセージ"""

を伝えたい

そう、それは

仮想通貨は日本語で検索するな!

である

少し詳しく見ていこう

仮想通貨の日本語検索は期待できない

以前こちらで書いた記事でも同じようなことを言っている

参考: ブロガーから仮想通貨を買うな!仮想通貨投機でモテたいなら抑えておきたい3つの心得

ただ今回は言いたいことが少し違う

つまり

Googleの日本語検索結果を信用するな

と言いたいのだ

「そんなことない!」

ということが聞こえてくるが

「そんなことないわけないのだ」

その一例として最近なにかと話題になっている

TopBTC

という取引所について触れていく

TopPBTCの取引所トークンを煽りまくる記事が散見

ここ最近の話だがいわゆる

取引所トークン

がブームとなっていた

とりあえず何も考えずに取引所トークンを購入すれば儲かる

みたいな流れがあった

今は落ち着きつつあるがそんな中注目を浴びているのが

1日に購入限度のあるTopBTCという取引所のトークンである

だいたいの日本語記事では

  • 1日の出来高は比較的多い!
  • しかも1日に購入できる数が限られている限定販売トークン!
  • トークンの時価総額を考えるとこれから高騰する可能性が高い!

みたいなことが書かれている

ちなみに私は海外取引所を使用しない主義なのでもちろん買っていない

高騰しようがしまいが知ったことではない←

ただどうしても気になることがある

この TopBTC とかいう取引所についてGoogleで検索

いわゆるググってみた結果

おそろしい結果

となったのである

つまり、日本語で検索した場合と英語で検索した場合とで

検索結果が天と地の差となっているのだ

まず大前提として

新しく知った仮想通貨や取引所について調べるときは

詐欺(scam/スキャム)かどうか

を疑うのは必須である

自分の大切な資産を守るための最低限の行動である

下記の記事で詐欺かどうかを見抜くポイントについて

触れているので時間があれば一通り目を通して見ることをオススメする

参考: 仮想通貨・ICO詐欺など詐欺コインを見分ける10のポイント!

さて、

ここでまず

[TopBTC 詐欺] で調べた結果と

[TopBTC scam] で調べた結果をみてみよう

まずはじめに [TopBTC 詐欺] で調べた結果だ

"TopBTC 詐欺"で検索した結果

つぎにこちらが [TopBTC scam] で調べた結果だ

"TopBTC scam"で検索した結果

これらをパッとみただけでも様子がだいぶ違うということがわかる

詐欺と検索しているにも関わらず

日本語記事では

ここのトークン買うといいよ!

このリンクから登録してね!という記事が出てくる

これに対し英語で調べた方の記事をみてみると

あまりよくない噂や

参考: TopBTC Exchange - Scammers - Please read

取引所評価サイトで

5段階中1

をつけているところもある

TopBTC取引所評価

参考: TopBTC Review - is it scam or safe?

あくまで噂はうわさであり

評価も誰かがつけたものであるので

そちらを信用すればいいというわけではないが

日本語では出てこないような情報が英語で調べると出てくるということがわかる

英語がわからない?

Google翻訳にコピペすればある程度は読み取れるから大丈夫だ

安心して英語で検索しよう

日本人は賢いからリファラル報酬で稼ごうと考える

では、

「なぜ、日本語記事ではいい情報ばっかり出てくるの?」

という点についてだが

それは日本には 優秀な営業マン が多いからだ

彼らの目的はブログ経由で登録して入ってくる

リファラル報酬

である

ブログ経由で登録して取引すればブロガー(営業マン)にお金が入るのだ

となるともちろん、ブログの書き手は

できるだけ登録させよう

としてくるのである

営業マンが自社製品を売るのと同じで 取引所という商品を記事中で営業トークしているのである

そして優秀なブロガーともなれば

Googleの検索結果で上位に記事をもってくる

なんていうこともできてしまう

真に優良な記事が検索上位だとは限らない

ようするに

  • 自分に都合のいい情報(これ儲かるよ!)
  • 自分が知りたい情報(登録の仕方!)

だけが書いてあれば

読者にとってそれでいいのであって

リスクを考えない弱者が

そこからどんどん登録していくのである

ブロガーは

このコインが儲かるよ

とだけ書いて

あとは適当な理由を並べておくだけでいい

わざわざリスクについて書くと

そこから登録する人は減るのは一目瞭然

保険の営業マンと同じやり口なのだ

保険は貯蓄

というパワーワードを振りかざし

その他の部分はわかりやすく説明しているようで

その深い部分には触れない

都合の悪い情報は排除するのである

新しい情報ほど気をつけろ

とは言っても日本でこの取引所が話題になっているのは

最近のこと

である

この先はネガティブな情報に関する記事も出てくるかもしれない

そうすれば先ほどの単語で検索したときの順位も変わってくるだろう

ただ心得ておきたいこととして

新しい情報 ほど日本語記事ではなく

そのルーツとなる海外記事を探すべき

ということだ

もしかしたら都合よく日本語訳されて書かれていることが

原文で見ると違った!

なんてこともあるかもしれない

ソースはどこか

を気にかけるようにするだけでもだいぶ情報収集能力が向上するはずだ

最後に、

この取引所がいいのか悪いのかはわからない

いまはまだまだ成長途中で悪い噂がでているだけかもしれない

それでも、この取引所についてちゃんと調べた上で

イケるかどうか

をちゃんと自分自身で判断できるようにならないといけない

自分の大切な資産を預ける先を

他人任せ にしているのはただの養分だ

そのためにまずは

日本語で検索するのをやめよう

優秀なブロガー(営業マン)の言葉に踊らされたくないなら

まずはそこがはじめの一歩である


著者:ヤバイWEB屋さん

現在、仮想通貨におよそ15万円をぶっこんでいる仮装通貨投機家

この15万円を1億円まで投機で増やすのを目標にしている

仮想通貨関連のYouTube動画を配信中

チャンネル登録者数1000人を目指して週3本ペースで更新中

YouTube:ヤバイWEB屋さんの仮想通貨チャンネル

Twitter:yabaiwebyasan

WebSite:仮想通貨ユーチューバー

ヤバイWEB屋さん

関連記事

  • 【API連携】CoinEx/コインイーエックスのAPI連携

    通常のAPIを使ったサービスではサーバーにAPIデータが残ってしまい、最悪の場合、第三者に勝手にトレードされ出金されるということも有り得ます。コイン相場ではを採用しており、APIキー情報はスマートフォン所有者の暗号化されたメモリ(Touch IDやFace IDでしか開けられない)に保存されるので、サービス運営側で悪用することはありません。スマホの盗難、第三者にTouch IDやFace IDが突破された場合のトラブルについては弊社では責任を負い兼ねますのでご了承ください。APIを取得したときのIPアドレスとアプリを使用する場所が違うとIPアドレスが変わり、ログインできなくなります。よりI
  • 新興の仮想通貨取引所ABCCが本日(7月12日)午後1時から取引マイニングを開始

    仮想通貨取引所ABCCは数日前に、ATトークンのリリースを発表し、取引マイニングを開始している。4日間のプレマイニング期間が終了し、本日(7月12日)午後1時から全てのユーザーに取引マイニングが開放される。同取引所はFuncity Capital、Dream Seeker Capitalなどからの出資を受けている。既にマイニングが始まり、この数日間で、Coinhillsでは7位に位置する取引高を記録している。現段階では、ABCCではAPIを開放しておらず、数週間後に開放を想定している。現在の取引高が続くようであれば開放後にはさらなる取引高の増加が見込まれる。1. 第1半減期におけるATの総数:
  • コイン相場club主催【全国詐欺被害額選手権】エントリー募集!

    2017年はビットコインブーム!「億り人」なんて言葉も生まれたくらいに稼いだ人もいて仮想通貨を持ってさえいれば、みんなホクホク。そして2018年はICOブーム!上場前のトークンを安く買って、上場後に高く売ってその利益で、みんなホクホク。・・・とまあ、これだけ聞けば仮想通貨やICOに関わる人はみんなホクホクしたように聞こえますが実際には、騙されて損しちゃった人もたくさんいます。 ⇒根拠のないガセネタで、結局○○コインは翌週暴落し、それ以来、ずっと含み損を抱えている。 ⇒ICO自体がそもそも存在しない。上場ももちろんデマ。話のすべては仕組まれた詐欺だった。気付いたころにはもうトークン購入費は支

コメント