日本初!天才仮想通貨ラッパー『億ラビットくん』YouTubeデビュー

億ラビットくん
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

億ラビットくん?ん??

こんにちは。皆さんは今、仮想通貨界隈で話題沸騰中の『億ラビットくん』というなんとも苛立たしい風貌の緑のうさぎをご存知でしょうか?

そう、突如不思議の国のALISに迷い込んできたかと思えば、投稿する記事が全て人気記事ナンバーワンを獲っているあの天才ブロガー!?(byアリスマンさん)のうさぎちゃんです。

仮想通貨インフルエンサーランキングなるものを勝手に作成して賛否両論を巻き起こした、悪いうさぎもこいつです。ハッカーとしての一面もあるのですね。

その億ラビットくんですが、今回は、なんと国内初!仮想通貨ラッパーとしてデビューするそうです。

コイン神社とALISといえば、最近は親交が徐々に深まってきており、すでにアリスマンさんブルーモアイさんが道場破りに来ていますが、今回はデビュー曲

イムホテップとリポーリポー』 by 億ラビット』(動画を見るにはここをクリックして下さい)

を引っさげて、天才仮想通貨ラッパー『億ラビットくん』がやって来ましたよ!

なんでも億ラビットくん、日本産まれなのですが世界を股にかけたのち現在はスタートアップの聖地ドイツベルリンでピョンピョンしているそうです。うさぎにも関わらず人間の言語4ヶ国語と10以上のコンピュータ言語も自在に操るとかそうじゃないとか。

ALISでの全く空気の読めない超長文投稿や謎の英語ラップスキルも納得ですね、うん。

仮想通貨ラッパー?え??

さて、今回の仮想通貨ラッパーという取り組みですが、これは単なるネタではありません。実はとてもポテンシャルの高い(?)プロジェクトなのです。

まず、コイン神社寄稿者でもある『金髪美少女やばたん』を始め、仮想通貨ユーチューバーというのは日本にも世界にも沢山存在しており、その分野は既に確立されつつあると思います。

しかし、有名な仮想通貨専門ラッパーというのはまだ私が知る限り英語でやってる『CoinDaddy』しかいません。しかもくそ下手です(笑)。日本には当然一人もいません。

億ラビットくん』が日本初の仮想通貨ラッパーを名乗り、しかも日本語ではなく英語でラップします!

なぜ、英語でするのか?それは、ラップというエンターテイメントを通して、世界から切り離された閉じたコミュニティ、ガラパゴスジャパンの情報を世界に伝えるためです。

ヒップホップだとかラップというジャンルは日本以上に世界で受け入れられます。既にヒップホップがひと周りして落ち着いたかと思われたアメリカでさえ、去年一番伸びた音楽のジャンルはヒップホップらしいです。僕が住むヨーロッパではまだまだテクノ・ハウス等のEDM(電子音楽)が全盛ですが。

日本でラップというと、駄洒落だとかださいだとかいったイメージが定着されているようないないような気もしますが、ラップとは本来究極の自己表現で、弛まぬ努力で培った言語スキルを必要とする、とてつもなくクールなアート・芸術です。日本の外ではそれが正統に認知されています。

億ラビットくん』がやるのは人気取りのラップではありません。ポップ音楽としてラップをやる場合、大衆の最大公約数を狙う必要があるので必然と内容も恋愛や人生の苦難の話になります。

億ラビットくんのラップは暗号通貨・ブロックチェーンやテクノロジー・スタートアップに関する考えや思いを自己表現していきます。テック業界にヒップホップの要素をぶち込みます!ヒップホップとテックが融合したらとてもクールじゃないですか?

ヒップホップは生まれも育ちも怖い人たちだけの文化じゃないと思います。特にラップは本来、頭のよい人たちがやるほうがポテンシャルは高いのではないかと思ってみたりもします。日本のラッパーさんたちは高学歴な人も多い気がしますが。

日本のゆるきゃら(!?)が英語でテクノロジーについて(下手な)ラップして、勝手に世界にビーフ仕掛けてたら面白くね?

みたいな感じですかね。

仮想通貨ラッパーとしてのミッション?へ??

ということでまとめも兼ねてミッション掲げときます。沢山あるのですが、3つに厳選しておきます。

テック業界にヒップホップの要素をもたらす これは前述したとおりです。

日本の情報を英語で世界に伝える 例えば、国産のプロジェクトでまだ海外に認知されていないものとか勝手に英語でラップしようかなと思っています。とりあえず、最近お世話になってるALISをネタにするのも面白いかなと思いますが、コミュニティがアツそうなNANJさんとかオファーが来たらやってみたいですね。来なくても勝手にやりますが。

業界の著名人にビーフを仕掛ける ビーフというと少し攻撃的に聞こえますが、ようするに業界の著名人にラップで自分の考えをぶつけてみたいです。とりあえず、TRONのジャスティン・サンとEthereumのヴィタリク・Not Giving Away ETH・ブテリンに目を付けてます。わんちゃん、絡んでくれそうなので(笑)。大衆受けは狙わないといいましたが、その間逆で、本人にだけ受けるラップを追及していきたいです。Githubのソースコードを読み込んでここのアルゴリズムの裏に流れるロジックがおかしいだろとか。そこにポエムの要素を融合して伝えます。

攻撃的なビーフの仕掛け方は一切しません。うさぎは平和主義です。デビュー曲では、以前ツイッターで少し絡んでいただいたピラミッド販売の方に少し触れましたが、これは彼の面白さにリスペクトを込めてです。

天才億ラビットのライバルたち?は??

勝手にライバルと意識している方たちを列挙させていただきます。

EMINEM
CoinDaddy Shing02
ヤクブーツはやめろの『SHO』さん
ユーチューバー『ブライアン』

誰か彼らに僕の声を届けてください!(笑)

ということで、

各方面からのオファー待ってます!!

デビュー曲『イムホテップとリポーリポー


著者:仮想通貨ラッパー『億ラビットくん』

ブロックチェーンと人工知能を使って、語学と人類社会をディスラプトするため、ドイツ・ベルリンに潜伏するハッカー&スタートアップ起業家のうさぎです。ついでに、仮想通貨ラップを通してガラパゴスジャパンを世界に開きます!

Twitter :億ラビット@OCRYBIT(オクリビット)

WebSite:OCRYBIT(オクリビット) | ツイッター仮想通貨コミュニティ

関連記事

  • 【API連携】CoinEx/コインイーエックスのAPI連携

    通常のAPIを使ったサービスではサーバーにAPIデータが残ってしまい、最悪の場合、第三者に勝手にトレードされ出金されるということも有り得ます。コイン相場ではを採用しており、APIキー情報はスマートフォン所有者の暗号化されたメモリ(Touch IDやFace IDでしか開けられない)に保存されるので、サービス運営側で悪用することはありません。スマホの盗難、第三者にTouch IDやFace IDが突破された場合のトラブルについては弊社では責任を負い兼ねますのでご了承ください。APIを取得したときのIPアドレスとアプリを使用する場所が違うとIPアドレスが変わり、ログインできなくなります。よりI
  • 新興の仮想通貨取引所ABCCが本日(7月12日)午後1時から取引マイニングを開始

    仮想通貨取引所ABCCは数日前に、ATトークンのリリースを発表し、取引マイニングを開始している。4日間のプレマイニング期間が終了し、本日(7月12日)午後1時から全てのユーザーに取引マイニングが開放される。同取引所はFuncity Capital、Dream Seeker Capitalなどからの出資を受けている。既にマイニングが始まり、この数日間で、Coinhillsでは7位に位置する取引高を記録している。現段階では、ABCCではAPIを開放しておらず、数週間後に開放を想定している。現在の取引高が続くようであれば開放後にはさらなる取引高の増加が見込まれる。1. 第1半減期におけるATの総数:
  • コイン相場club主催【全国詐欺被害額選手権】エントリー募集!

    2017年はビットコインブーム!「億り人」なんて言葉も生まれたくらいに稼いだ人もいて仮想通貨を持ってさえいれば、みんなホクホク。そして2018年はICOブーム!上場前のトークンを安く買って、上場後に高く売ってその利益で、みんなホクホク。・・・とまあ、これだけ聞けば仮想通貨やICOに関わる人はみんなホクホクしたように聞こえますが実際には、騙されて損しちゃった人もたくさんいます。 ⇒根拠のないガセネタで、結局○○コインは翌週暴落し、それ以来、ずっと含み損を抱えている。 ⇒ICO自体がそもそも存在しない。上場ももちろんデマ。話のすべては仕組まれた詐欺だった。気付いたころにはもうトークン購入費は支

コメント