BTC下落相場でも稼ぐ方法?

ヌータ=クリプト
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

Ⅰ.リスクをとっていく場合

①ショートポジションをもつ

BTCFXやBitmex等を使ってショート(売り)ポジションをもつ

メリット:

  • 下がれば下がるほどもうかる!
  • BTCや他の通貨の現物を持っている場合リスクヘッジとして機能する。

デメリット:

  • 急激な上昇(仮想通貨にありがち)によって思いもよらない損失がでる
  • 売るタイミングなどテクニカル等の勉強しないと完全に勘ですることになる(仮想通貨界のカイジ目指す方にはむしろメリット)

②現物を買って上昇に備える

メリット:

  • 資金を分割して買うことを前提とすれば、平均取得単価が低くなりロットもそれなりに入れられる(必然的にいれることになる?)
  • 上昇の際、追いていかれて悔しい思いをしなくて済む

デメリット:

  • メリットで触れた通り、どうしてもポジションサイズが大きくなり下手がやると損失がふくらむ(株でも下手のナンピンスカンピンと言われます。)
  • 買い増しのタイミング判断が必要となる

③資金が集まっている銘柄に投資する

メリット:

  • 閑散相場でも下落相場でも資金が集まっているものは一種の仕手のようになるので通常よりボラが高くなる。
  • 他の銘柄が下がっているため”ウェーイ”とドヤりやすくなる。

デメリット:

  • 早期に見つけられる可能性が低い(だいたい仕込んでから情報拡散されます。)
  • イナゴするとイナゴタワーを打ち砕くトールハンマーを喰らいます。

Ⅱ.リスクを極力取らない場合

①ブログやアフィサイトの構築

メリット:

  • 初期投資が少なく始めやすいし1人でできる。
  • 下落してもお金減らない。

デメリット:

  • すでにいっぱい先行者、競合がいる。
  • 時間のわりに最初は収益上がらないことが多い

②仮想通貨もらえる媒体で書く

ALISとかsteemだと記事書くとトークンもらえます。

メリット:

  • ブログより簡単に始められる
  • すぐ収益が発生するので継続しやすい

デメリット:

  • すでにいっぱい先行者、競合がいる。
  • 内輪ネタが多い

③独自サービスを開発

ブロックチェーンゲームやブロックチェーン上で動くアプリなどのサービスを開発します。

メリット:

  • まだフロンティアな感じ
  • 国内DAPPSとかだとまだ少ないので小規模発展途上でも注目してもらいやすい
  • 要はまだ競合少ない

デメリット:

  • 開発にある一定以上の時間がかかる

時間の問題クリアできればデメリットはほぼないのではないでしょうか。

④決済サービスを導入してお店を宣伝する

メリット:

  • SNS映えする
  • 仮想通貨関連の人がいっぱい来る

デメリット:

  • 客層のくせがつよいんじゃ!(言いたいだけ)

以上みなさんでわいわいして下落相場乗り切りましょう!!


著者:ヌータ=クリプト

A●ISで仮想通貨ニュース記事を書き不思議の国に迷い込んでいたところCOINJINJAに拾っていただきました笑

最近はDAPPS(ブロックチェーンゲーム)に興味津々スマホゲームで課金したことない額を課金中。

みなさまにCOINJINJAだからこそ読める楽しくためになる記事をお届けしていきます。

Twitter :ヌータ=クリプト伯@dApps、仮想通貨ニュース(@nuutacrypto)

WebSite:さくさくコイン~さくっと読める仮想通貨入門サイト~

enter image description here

関連記事

  • ALISユーザーが語る!ALISのココがダメ!

    はじめまして、ブルーモアイです。普段はALISで記事を書いているALISユーザーでございます。ALISは今、クローズドβです。そのため外部の方々には、なかなか内情が分かりづらいかと思います。よって今回は普段ALISを見ない方々のために、その内情をユーザー目線からご紹介します。というかをします!では、行ってみましょう。ALISクローズドβに投稿できる記事は、「」と「」のみです。そりゃね?腐っても仮想通貨界隈の人々ですから、数記事位なら楽々書けるんですよ。しかしそれを何十記事も、となると厳しい!常にネタ切れと隣り合わせなんです!そんなわけで、投稿数はβ版公開からじわじわ下がってます。すこし
  • 仮想通貨を動かしてる勢力って?

     こんにちは。韓国ママコイナーのミコです。仮想通貨って、今までの中央集権的な金融システムとは違い、分散型経済システムっていうところが魅力ですよね。でも、このP2Pネットワークシステムにおいても勢力争いっていうのは、やっぱりあります。 仮想通貨が使われるようになって、全世界的にブロックチェーン生態系がたくさん形成されています。仮想通貨に関わる様々な人達や団体がいて、仮想通貨用語が飛び交いますね。ブロックチェーン技術開発者、投資家、取引所、マイナー、プレセールマーケティング、仮想通貨の学会や団体、法律事務所、ICO代理店などなど。どのポジションが魅力的でしょうか?ではこの中で一番力が強く、影響力が
  • まだガラパゴス島で消耗してるの?

    はい笑 皆様、こんにちは。ペペカルトです。え?タイトルが何か・・・って? まあ、ええやんwでも、 だと思います。一時期、日本は仮想通貨関係の法律ができたり、参加者が多かったりして、みたいなことが言われていました。ぶっちゃけ最近どうよw?税制にしろ、規制にしろ、してる感が否めません。 いや、はっきり言います。です。さらに、我々日本人は当然ですが、日本語を使います、何らかの情報を追うにしても、日本語で書かれていたほうが理解しやすいです。しかしながら、実は、仮想通貨やICOの情報を集めたりする際に、日本語で書かれた記事だけを読んでいると、もちろん、しかし、日本語よりも英語で書かれた

コメント