BTC下落相場でも稼ぐ方法?

ヌータ=クリプト
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

Ⅰ.リスクをとっていく場合

①ショートポジションをもつ

BTCFXやBitmex等を使ってショート(売り)ポジションをもつ

メリット:

  • 下がれば下がるほどもうかる!
  • BTCや他の通貨の現物を持っている場合リスクヘッジとして機能する。

デメリット:

  • 急激な上昇(仮想通貨にありがち)によって思いもよらない損失がでる
  • 売るタイミングなどテクニカル等の勉強しないと完全に勘ですることになる(仮想通貨界のカイジ目指す方にはむしろメリット)

②現物を買って上昇に備える

メリット:

  • 資金を分割して買うことを前提とすれば、平均取得単価が低くなりロットもそれなりに入れられる(必然的にいれることになる?)
  • 上昇の際、追いていかれて悔しい思いをしなくて済む

デメリット:

  • メリットで触れた通り、どうしてもポジションサイズが大きくなり下手がやると損失がふくらむ(株でも下手のナンピンスカンピンと言われます。)
  • 買い増しのタイミング判断が必要となる

③資金が集まっている銘柄に投資する

メリット:

  • 閑散相場でも下落相場でも資金が集まっているものは一種の仕手のようになるので通常よりボラが高くなる。
  • 他の銘柄が下がっているため”ウェーイ”とドヤりやすくなる。

デメリット:

  • 早期に見つけられる可能性が低い(だいたい仕込んでから情報拡散されます。)
  • イナゴするとイナゴタワーを打ち砕くトールハンマーを喰らいます。

Ⅱ.リスクを極力取らない場合

①ブログやアフィサイトの構築

メリット:

  • 初期投資が少なく始めやすいし1人でできる。
  • 下落してもお金減らない。

デメリット:

  • すでにいっぱい先行者、競合がいる。
  • 時間のわりに最初は収益上がらないことが多い

②仮想通貨もらえる媒体で書く

ALISとかsteemだと記事書くとトークンもらえます。

メリット:

  • ブログより簡単に始められる
  • すぐ収益が発生するので継続しやすい

デメリット:

  • すでにいっぱい先行者、競合がいる。
  • 内輪ネタが多い

③独自サービスを開発

ブロックチェーンゲームやブロックチェーン上で動くアプリなどのサービスを開発します。

メリット:

  • まだフロンティアな感じ
  • 国内DAPPSとかだとまだ少ないので小規模発展途上でも注目してもらいやすい
  • 要はまだ競合少ない

デメリット:

  • 開発にある一定以上の時間がかかる

時間の問題クリアできればデメリットはほぼないのではないでしょうか。

④決済サービスを導入してお店を宣伝する

メリット:

  • SNS映えする
  • 仮想通貨関連の人がいっぱい来る

デメリット:

  • 客層のくせがつよいんじゃ!(言いたいだけ)

以上みなさんでわいわいして下落相場乗り切りましょう!!


著者:ヌータ=クリプト

A●ISで仮想通貨ニュース記事を書き不思議の国に迷い込んでいたところCOINJINJAに拾っていただきました笑

最近はDAPPS(ブロックチェーンゲーム)に興味津々スマホゲームで課金したことない額を課金中。

みなさまにCOINJINJAだからこそ読める楽しくためになる記事をお届けしていきます。

Twitter :ヌータ=クリプト伯@dApps、仮想通貨ニュース(@nuutacrypto)

WebSite:さくさくコイン~さくっと読める仮想通貨入門サイト~

enter image description here

関連記事

  • なんで幻冬舎が仮想通貨メディアを?:次のメディアの形を模索する『あたらしい経済』の設楽編集長に聞いてみた

    「あたらしい経済」は出版社である幻冬舎が立ち上げた、仮想通貨・ブロックチェーンに関するWebメディアだ。幻冬舎については、今や、カリスマ編集者・箕輪厚介氏や社長である見城徹氏の名前の方が有名になってしまったかもしれない。仮想通貨という文脈では、佐藤航陽『お金2.0』・落合陽一『日本再興戦略』を NewsPicksと共に出版していると言った方が分かりやすいかもしれない。この文脈を辿れば、幻冬舎が仮想通貨・ブロックチェーンメディアを立ち上げるのは不自然では無いかもしれない。ただ、誤解を恐れずに言えば「仮想通貨に関連するメディア業」は、個人のブロガーが最も利益を上げやすいジャンルであり、法人メディア
  • 【8月1週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報 Vol.8

    ウォレット機能の開発も佳境を迎えてきました。期待を裏切らない自信がありますのでもうしばらくお待ちください。それに合わせてポートフォリオ画面の刷新も行います。来週中には公開予定です。CryptoAgeの創業者、Obi氏主催のCryptoKitties日本初のミートアップに招待されました。このミートアップでコイン相場がDAppsのプラットフォームを提供すると発表しました。左:主催のObi氏右:COINJINJA代表 徐楽楽開発画面です。リリース時は日本語です。
  • Varanidaは広告詐欺に対する解決ですか?

    より多くの広告主や出版社がデジタル広告の危機を解決するための技術の向上を目指し、オンラインプライバシーを懸念するユーザーが増えるにつれて、特に日本ではこの業界を混乱させる透明で倫理的な広告ネットワークに対する需要が高まっています。Japanbuzz.infoによると、80億ドル以上の投資を受けて、日本はインターネット広告の支出で世界第4位にランクされ、日本で第2位の広告市場となった。このような大規模な広告市場では、個人情報の保護に関する日本の法律が可決されたプライバシー問題が多くあります。この行動はGDPRと同様に機能した「国家及び地方公共団体等の責任の明確化を基本方針の制定、政府の基本方針の

コメント