【2018年版】日本の有力な仮想通貨メディア

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

今回は、日本国内の有力仮想通貨メディアを紹介していきます。

選抜の基準は独断と偏見だったりしますが、基本的にはPV数が大きいものをチョイスしています。

全体としては、短めな文章で、海外の最新ニュースを届けているサイトが多いですね。

1. コインテレグラフジャパン

https://jp.cointelegraph.com/

海外のトップ仮想通貨メディアであるCoinTelegraphの日本語版です。


最早日本においては鉄板と言える媒体です。
記事毎に付くアイキャッチ画像が独特で、あー、あのメディアか、と印象に残りやすいですね。

2. CoinPost

http://coinpost.jp/

国内メディアの中では、最も精力的に動いているメディアさんです。


海外の仮想通貨関連のカンファレンスにも大勢で乗り込んでインタビューを取ってきたり。


日本からも1次情報を配信していこうという姿勢が見えます。

3. Coinchoice

https://coinchoice.net/

老舗な感じがするメディアさんですね。

ここもかなり有名なんじゃないでしょうか。


ホリエモンインタビューが光ります。

(※あとはCoinChoiceさんからの補足お待ちしております)

4. CoinOtaku

https://coinotaku.com/

30人の東大生編集部が提供する仮想通貨メディア。

毎日のビットコインの相場予測記事配信や、500以上の仮想通貨のイベントが一覧できるカレンダーサービスも運営しています。

5. Bitdays

https://bitdays.jp/

ITDAYS(ビットデイズ)は『新しい経済にワクワクしよう』をコンセプトにした仮想通貨ニュースメディアです。

西野亮廣さん、落合陽一さん、たむらけんじさんなど新たな経済にチャレンジしている著名人の方のインタビューや仮想通貨決済が可能な店舗への動画ロケ企画フクロウさんぽなど【経済×エンタメ】なコンテンツが特徴。

6. CRYPTO TIMES

https://crypto-times.jp/

仮想通貨のTwitterインフルエンサーであるアラタとedindinが立ち上げた仮想通貨メディア。

通貨の紹介やニュースだけではなく、カンファレンスのレポート記事や対談、インタビューなど少しマニアックな独自コンテンツを配信しています。

7. CoinHack(コインハック)

https://coinhack.jp/

CoinHack(コインハック)は仮想通貨・仮想通貨取引所の比較情報を提供するポータルサイトです。

ビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)・リップル(XRP)などの仮想通貨の価格や時価総額のランキングから、bitFlyer(ビットフライヤー)などの仮想通貨取引所の取扱い通貨・取引手数料・スプレッドの情報などを提供しています。

関連記事

  • 底打ちだろ?これ。俺はそう思うよ!

    今まで散々、下がる下がる行ってきましたがTweetでは昨日から上がる上がる言ってます。この記事を書いている最中にもまた一段階上がって6,500ドルを越えてきたようですという格言があるぐらいやから、ほんとに底を当てるのは難しいです。私も6350に下落したときに底宣言しておりました。一応、最後の下げが弱かったので半信半疑やったけど・・・。あれはいったい何だったのか?まぁまだ結論は出てないみたいだが、あれもクジラの相場を操作する手だとしたら非常にせこい・・・。実際、私のところにもかなり信頼できる方面からそんな話が入ってきておりました。まぁしかしそのおかげ?でショート1000ドル幅程度いただくこ
  • ALISユーザーが語る!ALISのココがダメ!

    はじめまして、ブルーモアイです。普段はALISで記事を書いているALISユーザーです。ALISは今、クローズドβです。そのため外部の方々には、内情が分かりづらいかと思います。そこで今回は、普段ALISを見ない方々のために、その内情をユーザー目線からご紹介します。というかをします!では、行ってみましょう。ALISクローズドβに投稿できる記事は、「」と「」のみです。そりゃね?腐っても仮想通貨界隈の人々ですから、数記事位なら楽々書けるんですよ。しかしそれを何十記事も、となると厳しい!常にネタ切れと隣り合わせです!そんなわけで、投稿数はβ版公開からじわじわ下がってます。少し前にはとして騒がれ
  • 仮想通貨を動かしてる勢力って?

     こんにちは。韓国ママコイナーのミコです。仮想通貨って、今までの中央集権的な金融システムとは違い、分散型経済システムっていうところが魅力ですよね。でも、このP2Pネットワークシステムにおいても勢力争いっていうのは、やっぱりあります。 仮想通貨が使われるようになって、全世界的にブロックチェーン生態系がたくさん形成されています。仮想通貨に関わる様々な人達や団体がいて、仮想通貨用語が飛び交いますね。ブロックチェーン技術開発者、投資家、取引所、マイナー、プレセールマーケティング、仮想通貨の学会や団体、法律事務所、ICO代理店などなど。どのポジションが魅力的でしょうか?ではこの中で一番力が強く、影響力が

コメント