取引量TOP10取引所を発表!

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

仮想通貨取引所の取引量ランキングTOP10

仮想通貨の取引の中で好材料のひとつである取引所上場は常にチェック必須要素の一つです。

今日は3月22日の時点でどの取引所が上位にあるのかを見てみましょう!(coinhills基準)

1.bitFlyer

コイン数:6(BTC,BCH,ETH,ETC,MONA,LTC)

拠点地:日本

特徴:Mt.GOXなき今、日本でのパイオニア。セキュリティ、信頼性、資金力が抜群。世界不動のトップ取引所。

2.Binance

コイン数:117

拠点地:香港

特徴:とにかく手数料が安い。普通に安いのにBNBコインを取引で使うことによってさらに安くなる。また、Twitterによる投票制上場方式も採用している。求人も積極的にしている様子。

3.Huobi

コイン数:98

拠点地:シンガポール

特徴:レバレッジ取引が可能。フオビトークンを発行し手数料が安い。

4.OKEx

コイン数:158

拠点地:香港

特徴:先物取引可能、OKBコインを発行。今後、韓国に進出予定。

5.Bitfinex

コイン数:38

拠点地:香港

特徴:IOTAを初めて取り扱った取引所。ハッキング事件以降、利用しなくなった人が多いと思います。レバレッジ取引が可能。

6.bithumb

コイン数:12+EOS,ICX,STORM(15になる予定)

拠点地:韓国

特徴:17年にはサーバーが不安定で上場のときや市場の変動が大きいときにユーザーがログインできず損失したという話がありました。最近は落ち着いた様子。

7.Upbit

取り扱っているコイン数:125

拠点地:韓国

特徴:韓国大手企業カカオトークの親会社が作った取引所。Bittrexと提携で様々な通貨を取り扱っている。 Bithumbより上のランキングだったが下がってきています。

8.Kraken

取り扱っているコイン数:17

拠点地:アメリカ

特徴:バグを発見すると謝礼金がある。セキュリティが堅い。

9.Gdax

取り扱っているコイン数:4

拠点地:アメリカ

特徴:Coinbaseが作った会社。各国の銀行と提携し、現地の通貨が入金できるのが長所。

10.Bit-z

取り扱っているコイン数:70

拠点地:香港、北京、シンガポール

特徴:BinanceのUIと似ている。サイトが軽い。

参考サイト:Coinhills

関連記事

  • 【11月1週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報 Vol.20

    すっかり肌寒くなり、秋もめっきり深まってまいりましたね。年末が近づき、世の中的にも何だか慌ただしい雰囲気になって参りました。そんな中、コイン相場の開発陣も黙々と開発しております。因みに新しいバージョンをリリースしたのはお気づきになりましたか?このバージョンでは読み込み速度が改善されて、動作が滑らかになりましたので是非お試し下さい!通貨詳細にて、ポジションと取引履歴を表示することで、一目で資産状況を確認することが可能になります。(※現在開発中。次回のバージョンアップにてリリース予定) システム改善しページの読み込み速度が大幅に向上しました。dAppの開発者管理画面をリリースしました。開発者は管
  • Betform - オンライン・ギャンブル環境の安全性の向上

    ここ数ヶ月、仮想通貨を利用したゲームの実需が高まっており。さまざまな方法で仮想通貨を利用したゲームが現れています。しかし、この分野の成長が続いているにもかかわらず、それらのゲームのうちごくわずかなものを除き、イーサリアムやビットコインの革新的なシステムを十分に組み込んではいません。イーサリアムやビットコインは純粋な分散型の体験を提供する強力なツールなのです。 たとえ革新的なシステムを適切に組みこめてはいなくとも、イーサリアムやビットコインの技術の柔軟性は、ゲームの面白さの源泉を損なうことなく、それらの技術の要素をシームレスにゲームに組み込むことが可能だということを示しています。以上のような理由
  • 【10月4週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報 Vol.19

    10月の2・3週目は新機能を追加しました、今週は主にバグの改善に注力しました。 新しいバージョンを審査提出しましたので、通過すれば2・3週目の開発週報でレポートした新機能をご活用いただけます。 今月中旬にはbitcoinのボラリティ増減の指数が追加される予定です。 ポートフォリオの履歴データが改善されました。 ・dApp認証インターフェースを改善予定。

コメント