取引量TOP10取引所を発表!

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

仮想通貨取引所の取引量ランキングTOP10

仮想通貨の取引の中で好材料のひとつである取引所上場は常にチェック必須要素の一つです。

今日は3月22日の時点でどの取引所が上位にあるのかを見てみましょう!(coinhills基準)

1.bitFlyer

コイン数:6(BTC,BCH,ETH,ETC,MONA,LTC)

拠点地:日本

特徴:Mt.GOXなき今、日本でのパイオニア。セキュリティ、信頼性、資金力が抜群。世界不動のトップ取引所。

2.Binance

コイン数:117

拠点地:香港

特徴:とにかく手数料が安い。普通に安いのにBNBコインを取引で使うことによってさらに安くなる。また、Twitterによる投票制上場方式も採用している。求人も積極的にしている様子。

3.Huobi

コイン数:98

拠点地:シンガポール

特徴:レバレッジ取引が可能。フオビトークンを発行し手数料が安い。

4.OKEx

コイン数:158

拠点地:香港

特徴:先物取引可能、OKBコインを発行。今後、韓国に進出予定。

5.Bitfinex

コイン数:38

拠点地:香港

特徴:IOTAを初めて取り扱った取引所。ハッキング事件以降、利用しなくなった人が多いと思います。レバレッジ取引が可能。

6.bithumb

コイン数:12+EOS,ICX,STORM(15になる予定)

拠点地:韓国

特徴:17年にはサーバーが不安定で上場のときや市場の変動が大きいときにユーザーがログインできず損失したという話がありました。最近は落ち着いた様子。

7.Upbit

取り扱っているコイン数:125

拠点地:韓国

特徴:韓国大手企業カカオトークの親会社が作った取引所。Bittrexと提携で様々な通貨を取り扱っている。 Bithumbより上のランキングだったが下がってきています。

8.Kraken

取り扱っているコイン数:17

拠点地:アメリカ

特徴:バグを発見すると謝礼金がある。セキュリティが堅い。

9.Gdax

取り扱っているコイン数:4

拠点地:アメリカ

特徴:Coinbaseが作った会社。各国の銀行と提携し、現地の通貨が入金できるのが長所。

10.Bit-z

取り扱っているコイン数:70

拠点地:香港、北京、シンガポール

特徴:BinanceのUIと似ている。サイトが軽い。

参考サイト:Coinhills

関連記事

  • ICOに日本一詳しいCOIN JINJA (コイン神社) がプレオープン!

    初めまして、です。数ヶ月の間システムの開発やICO情報翻訳等の準備を進めてきましたが、やっと今週からプレオープンする事が出来ました。まだまだ足りない所ばかりですが、正式リリースに向かってブラッシュアップしていきます!乞うご期待ください!合わせて、仮想通貨アプリ「」もリリースしています。宜しくお願い致します!
  • スタッフが駐在する仮想通貨取引所coinoneを韓国で開設!仮想通貨大国を目指せるか!?

    韓国3番目に大きいビットコイン取引所coinoneは、本日リアルの取引所を開設した。韓国初の仮想通貨OTC販売になる。当面販売する暗号通貨は、ビットコイン(BTC)以外、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)、リップル(XRP)とQTUMの6種類。取引所となる複合施設には、市場情報を展示する大型モニターやATMが用意され、スタッフによる顧客相談も対応。現在に業界別のICO(トークンのクラウドセール)プロジェクト、合計464件を公開している。
  • Blackmoon投資ファンドのトークン化プラットフォームが仮想通貨はさらなる盛り上がりを見せる

    トークンファンドで現実の世界と暗号経済の両方に投資機会を提供するために世界最高のフレームワークを作成することを目指しています。 3日目 ~ 7日目 1 BMC = 1.05 USD実世界と仮想通貨経済の両方で投資機会を提供するため、世界最高峰のトークン化された資金の枠組みを作り、維持することを目指しています。これは認可機関に柔軟性をもたらし、仮想通貨投資に対する蓄積された財務知識を活かします。地方分権化、透明性、取引可能性、コスト効率など、クリプト世界全体の利益を維持しながら、収入源の多様化を行います。投資ファンドの法的に準拠した構造は、当社の法律顧問によって審査され承認されます。規制リスク

コメント