取引量TOP10取引所を発表!

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

仮想通貨取引所の取引量ランキングTOP10

仮想通貨の取引の中で好材料のひとつである取引所上場は常にチェック必須要素の一つです。

今日は3月22日の時点でどの取引所が上位にあるのかを見てみましょう!(coinhills基準)

1.bitFlyer

コイン数:6(BTC,BCH,ETH,ETC,MONA,LTC)

拠点地:日本

特徴:Mt.GOXなき今、日本でのパイオニア。セキュリティ、信頼性、資金力が抜群。世界不動のトップ取引所。

2.Binance

コイン数:117

拠点地:香港

特徴:とにかく手数料が安い。普通に安いのにBNBコインを取引で使うことによってさらに安くなる。また、Twitterによる投票制上場方式も採用している。求人も積極的にしている様子。

3.Huobi

コイン数:98

拠点地:シンガポール

特徴:レバレッジ取引が可能。フオビトークンを発行し手数料が安い。

4.OKEx

コイン数:158

拠点地:香港

特徴:先物取引可能、OKBコインを発行。今後、韓国に進出予定。

5.Bitfinex

コイン数:38

拠点地:香港

特徴:IOTAを初めて取り扱った取引所。ハッキング事件以降、利用しなくなった人が多いと思います。レバレッジ取引が可能。

6.bithumb

コイン数:12+EOS,ICX,STORM(15になる予定)

拠点地:韓国

特徴:17年にはサーバーが不安定で上場のときや市場の変動が大きいときにユーザーがログインできず損失したという話がありました。最近は落ち着いた様子。

7.Upbit

取り扱っているコイン数:125

拠点地:韓国

特徴:韓国大手企業カカオトークの親会社が作った取引所。Bittrexと提携で様々な通貨を取り扱っている。 Bithumbより上のランキングだったが下がってきています。

8.Kraken

取り扱っているコイン数:17

拠点地:アメリカ

特徴:バグを発見すると謝礼金がある。セキュリティが堅い。

9.Gdax

取り扱っているコイン数:4

拠点地:アメリカ

特徴:Coinbaseが作った会社。各国の銀行と提携し、現地の通貨が入金できるのが長所。

10.Bit-z

取り扱っているコイン数:70

拠点地:香港、北京、シンガポール

特徴:BinanceのUIと似ている。サイトが軽い。

参考サイト:Coinhills

関連記事

  • TEAMZが9月28日にBLOCKCHAIN SUMMITを開催

    日頃お世話になっている弊社のCoinJinja読者の皆様と先日NEXTECONOMY CONFERENCEにご参加頂いた皆様、コイン相場をご利用の皆様にパートナーであるTEAMZが開催するTEAMZ BLOCKCHAIN SUMMITのDay1チケット(9/28)を無料でプレゼントいたします!!枚数や期限があるのでお早めにお申込み下さい。[無料チケットのお申し込みはこちら](https://summit.teamz.co.jp/blockchain-summit-conference-only-coinjinja/)スピーカーと出会う機会…世界クラスのリーダーや専門家が一堂に会し、ブロックチェ
  • ウォレットの復元について

    新しいスマホで新規作成すると、以前のスマホでウォレットにアクセスできなくなりますので、以前のスマホにデータが残っている方は新規作成をしないでください。ウォレット画面右上からシークレットキー(バックアップキー)をバックアップしてください1. 右上のボタンをタップ 2. シークレットキー(バックアップキー)をタップ3. シークレットキーをコピーウォレットを復元したら、以前のスマホではウォレットにアクセスできなくなるのでご注意ください。
  • 暗号通貨に関する最大の問題のいくつかをPlatioはどのようにして解決するのか

    暗号通貨は、経済を変革する大きな可能性を秘めています。 暗号通貨は、支払いをより速くし、財政的な包括性を高め、すべての種類の取引の機能性を高めることができます。 国家の境界が意味をなくし、世界市民が直接迅速に安価に取引ができるような、かつてない真のグローバル経済がすぐ近くに迫ってきているのです。しかし、すべての暗号通貨の利点に関わらず、その特徴のいくつかは、通常の人々やビジネスによって使用される妨げとなっています。市場がこういった問題の解決策を見いだすことができない限り、暗号通貨が広く普及するには困難を伴うでしょう。ロンドンの金融センターの中心に本部を置く国際フィンテックプロジェクト、Plat

コメント