取引量TOP10取引所を発表!

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

仮想通貨取引所の取引量ランキングTOP10

仮想通貨の取引の中で好材料のひとつである取引所上場は常にチェック必須要素の一つです。

今日は3月22日の時点でどの取引所が上位にあるのかを見てみましょう!(coinhills基準)

1.bitFlyer

コイン数:6(BTC,BCH,ETH,ETC,MONA,LTC)

拠点地:日本

特徴:Mt.GOXなき今、日本でのパイオニア。セキュリティ、信頼性、資金力が抜群。世界不動のトップ取引所。

2.Binance

コイン数:117

拠点地:香港

特徴:とにかく手数料が安い。普通に安いのにBNBコインを取引で使うことによってさらに安くなる。また、Twitterによる投票制上場方式も採用している。求人も積極的にしている様子。

3.Huobi

コイン数:98

拠点地:シンガポール

特徴:レバレッジ取引が可能。フオビトークンを発行し手数料が安い。

4.OKEx

コイン数:158

拠点地:香港

特徴:先物取引可能、OKBコインを発行。今後、韓国に進出予定。

5.Bitfinex

コイン数:38

拠点地:香港

特徴:IOTAを初めて取り扱った取引所。ハッキング事件以降、利用しなくなった人が多いと思います。レバレッジ取引が可能。

6.bithumb

コイン数:12+EOS,ICX,STORM(15になる予定)

拠点地:韓国

特徴:17年にはサーバーが不安定で上場のときや市場の変動が大きいときにユーザーがログインできず損失したという話がありました。最近は落ち着いた様子。

7.Upbit

取り扱っているコイン数:125

拠点地:韓国

特徴:韓国大手企業カカオトークの親会社が作った取引所。Bittrexと提携で様々な通貨を取り扱っている。 Bithumbより上のランキングだったが下がってきています。

8.Kraken

取り扱っているコイン数:17

拠点地:アメリカ

特徴:バグを発見すると謝礼金がある。セキュリティが堅い。

9.Gdax

取り扱っているコイン数:4

拠点地:アメリカ

特徴:Coinbaseが作った会社。各国の銀行と提携し、現地の通貨が入金できるのが長所。

10.Bit-z

取り扱っているコイン数:70

拠点地:香港、北京、シンガポール

特徴:BinanceのUIと似ている。サイトが軽い。

参考サイト:Coinhills

関連記事

  • 仮想通貨で副業を始めるならこの5つ!?【2019年版】

    副業ブームが来たのか来ているのか、と言われて久しいですが、皆さん副業って何をしているんですかね。仮想通貨も副業や資産運用の文脈で語られる、というよりは、関連付けて考えられる方も多いみたいなので、仮想通貨やブロックチェーンという領域での副業を考えてみました。仮想通貨投資というやり方ですね。これについては、ここで語るのも、と思うので、とりあえず「」アプリで価格を追いかけて、ニュースをチェックするところから始めてみてはいかがでしょうか。仮想通貨・ブロックチェーンのライターは、色んな仮想通貨メディアが結構募集しています。例えば、さんやさんでも。1年位前(2018年初頭)であれば、「仮想通貨メディ
  • 仮想通貨でお小遣い稼ぎをする3つの方法【2019年版】

    仮想通貨投資はオワコン、と言われ始めてはや何ヶ月・・・という感もありますが、ちょっと投資は置いておいて、仮想通貨でお小遣い稼ぎをする方法ってどうなんだろうというお話です。ご存知のように仮想通貨市場は一時期のような盛り上がりは無く、「今からお金を入れるのはどうなの!?」と思うような状況です。なので、一旦ここでは、、お金を掛けずに仮想通貨でお小遣い稼ぎをする方法を考えていきます。少しづつですが、サービスを利用するだけで仮想通貨が貰えるものが出てきています。日本ではというブログサービスが一番有名ですね。ブログ記事を書いたり、いいねを押す事で、 ALIS という仮想通貨が貰えます。世界的にも有名な
  • 国内ブロックチェーン・スタートアップ資金調達事例のまとめ【2019年2月版】

    ここ最近、ずいぶん周囲のブロックチェーンスタートアップが資金調達しているなぁと思うようになりました。実際に数えてみると、直近3ヶ月でブロックチェーン系スタートアップの資金調達が12件。2017年や2018年はまだ、とかなんて発想が頭にあったから、こういった国内での調達のニュースが少なかったのか。今の仮想通貨市場考えたら、普通のVCの方がお金あるよね、という話なのか。色々原因や仮説はあるかと思いますが、とにかく最近増えているよね、と。というわけで、簡単に一覧で直近6ヶ月で資金調達した、国内のブロックチェーンスタートアップをまとめてみました。一覧はこんな形ですが、ちょっと詳細追っていきましょう

コメント