• BNBでホテルの予約が可能に ・・Travala.comがBNB決済を受け入れる

    ブロックチェーンベースのホテル予約プラットフォーム「Travala.com」が公式ツイッターアカウントを通じ、バイナンス取引所の仮想通貨BNBの決済を受け入れると発表した。発表を受けて、BinanceのCEO「Changpeng Zhao」もツイッターでAwesome(素晴らしい)というコメントを残した。Travala.comはAVA(時価総額462位)という自社トークンを始め、BNB以外にBTC、EOS、LTC、BCH、TRXなどのメジャーな仮想通貨で決済ができる。同プラットフォームは82,000以上の都市に位置する55万以上のホテルなどと提携している。※参照元はで公開しています。<ins
  • Cryptokittiesの開発会社1,100万ドル(約12億円)資金調達に成功・・新しいブロックチェーン開発か

    Forbesによると、CryptoKitties(クリプトキティーズ)の開発会社「Dapper Labs」はAndreessen Horowitz、Digital Currency Group、Warner Music Groupなどの投資会社から合わせて1,120万ドル(約12億円)の資金を追加調達した。この資金は「Dapper Labs」の新しいブロックチェーンである「Flow」を構築するために使われる。これで同会社が集めた資金は3,920万ドル(約42億円)に達する。新しく資金を投資した投資会社は「Dapper Labs」の持分をもらえて、会社がSECの承認をえると、彼らの持分を「Flo
  • まだ間に合うかも!?XLMもある、今週のエアドロまとめ

    今週久しぶりにエアドロ参加したなぁと思ったので、まとめてみました。3つあるのですが、全部参加しました?割と、プロジェクトしては大きな所がやっているので、これを機会に触ってみよう位の気持ちでやってもいい気はします。パッと見はメッセンジャーアプリです。ただ、ファイルやメッセージは暗号化されていて、公開鍵と秘密鍵で管理出来ます。ビジネス的なやり取りで実用に耐える/使われるフェーズが来るとかなり面白いインフラになる可能性を秘めていますね。詳細は下記の記事に詳しいです。韓国最大のメッセンジャーアプリ・Kakaoが主導し、かなり多くの有力企業が参加するコンソーシアム・チェーンになっています。201
  • 人口、約6万人のマーシャル諸島が独自の仮想通貨を発行か・・通貨名はSOV

    太平洋に位置する人口、約6万人の島国マーシャル諸島共和国が独自の仮想通貨を発行すると発表した。12日、ブルームバーグ通信によると、マーシャル諸島共和国の環境大臣であるデイビッド・ポール大臣は11日、シンガポールで開かれた仮想通貨カンファランスで「ブロックチェーン技術を用いたマーシャル諸島の独自の仮想通貨「マーシャルソブリン(SOV)」の発行を推進していることを明らかにした。現在、マーシャル諸島は自国の通貨がなく、米国のドルを法定通貨として使っている。ポール大臣は米国の経済依存度を減らす適切な時期であると判断したと述べた。また、マーシャル諸島の国民は最初に発行されるSOVの10%を、平等にもらえ
  • ビットコインのアルゴリズム(PoW)の生みの親、Adam氏「BTCはいずれ5万ドルを超える」と主張

    仮想通貨メディアNEWSBTCによると、「Blockstream」のCEOでビットコイン(BTC)の重要技術であるコンセンサス・アルゴリズム「Proof of Work (以下、PoW)」の生みの親として知られているAdam Backが「ビットコインはいずれ5万ドル(約540万円)を超える」と主張した。Adamは9月7日ツイッターを通じ、「2020年の半減期(halvening)、地政学的な不確実性(geopolitical uncertainty)、15兆ドル規模のマイナス金利で発行された債権、現代貨幣理論(MMT:Modern Monetary Theory)などを総合すると、BTCの価格
  • Yahoo!出資の仮想通貨取引所TAOTAOとは?メリット・特徴

    ✅【お得】手数料がすべて無料取引手数料、円の入出金手数料・仮想通貨の入出金手数料を始め、2019年8月28日(水)からは手数料がすべて無料になるキャンペーンが開催され、レバレッジ取引を取り扱う取引所では必ず発生する建玉管理料まで無料!✅【お得】スプレッドが業界最小レベル買値と売値に出来る差額をスプレッドといいます。スプレッドは見えない手数料とも言われており、スプレッドが狭ければ狭いほど損をしない取引ができます。TAOTAOはスプレッドが業界最小レベルなので他販売所よりお得です。✅【安心】Yahoo!のグループ会社が出資TAOTAO取引所にはヤフーの子会社が出資しており、万が一ハッキングなどの大
  • 仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴まとめ!メリット・口コミ

    ✅【便利】初心者でも使いやすい初心者でも簡単に取引できる販売所形式を採用しており、銘柄を選択し数量を入れるだけで売買が成立します。販売所の手数料は無料となっているが、スプレッドで見えない手数料がとられるため、頻繁に取引をする投資家は注意が必要!✅【信頼】信頼性の高いバックグラウンド三菱UFJやみずほフィナンシャルグループなどメガバンクを含む名だたる大企業が株主になっており、運営企業の信頼性が高いです。また、三井住友海上と連携し、国内初となるビットコイン事業者向けサイバー保険を開発するなどユーザーが安心できるサービス展開をしています。✅【お得】ビットコインをタダで入手できるbitFlyer経由で
  • 2020年、北朝鮮でブロックチェーンカンファランスが開かれる予定・・参加費は約40万円・日本人参加不可

    今年の4月に北朝鮮の首都である平壌(ピョンヤン)で開かれたブロックチェーンカンファランスが来年の2月に再度、開催されることになった。平壌のカンファランスはスペインの非政府組織(NGO) 団体の朝鮮親善協会(FKA)の設立者アレハンドロ「Alejandro Cao de Benos」とブロックチェーン諮問会社トークンキー(Token Key)が主催する。既に、広報のためのホームページも作成されたことが確認できた。()10日、平壌ブロックチェーンカンファランス主催者のアレハンドロ設立者は韓国メディアとのインタビューで「先日、開かれたカンファランスは包括的なコンテンツで構成されたが来年、開かれるカ
  • 【9日】プラストークン、12,646BTC(約140億円)の資金を移動・・今後の動き注目すべき

    ブロックチェーンセキュルティー企業「ChainsGuard」によると、スキャムプロジェクトの疑いのあるプラストークン(PlusToken)が所有していると推定されるビットコインウォレット(1Li4mUc3hCGMB6cgQiJCwTvLMYwkfKHZY8)から12,646BTC(約140億円)の資金移動があった。9日の23時20分(日本時間)から約4,000BTC以上の大量のビットコインが3回にわたり、合わせて12,646BTCが移動された。今回、移動されたBTCは10日12時以降、違うアドレスに分割されたが、取引所に流れてはいない。ウォレット(1Li4mUc3hCGMB6cgQiJCwTv
  • 韓国、ブロックチェーン企業80%↑・・売り上げなし、破産寸前か

    韓国のメディアによると、韓国ブロックチェーン企業のほとんどが売り上げがなく、破産寸前状態だ。スタートアップのブロックチェーン企業は大手企業と競争できず、苦戦している。韓国メディア、ビジネスコリアは去年、ブロックチェーン関連企業10か所の中で2か所だけが売り上げがあったと報道した。韓国のソフトウェア政策研究所で発表した資料によると、ブロックチェーン産業の売り上げは他の技術産業とは対照的でブロックチェーン産業は苦戦しているが、クラウドコンピューティング産業・ビックデータ・IOT産業などの韓国企業の約50~70%が同じ期間の中で売り上げが増加した。去年、韓国のブロックチェーン事業の売り上げは合わせて