中国のニュースで「バイナンスの上海事務所閉鎖」について集中報道・・支社ではなく外注チーム

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

【中国のニュースで「バイナンスの上海事務所閉鎖」について集中報道・・支社ではなく外注チーム】

上海の代表的な地域放送「东方卫视」が25日、ニュース番組を通じ、バイナンスの上海事務所閉鎖に関する特集を報道した。

報道で、リポーターが直接バイナンスの上海事務所として知られている場所を訪問した結果、事務所は閉鎖され社員が既に撤収した状態であることが確認できた。

事務所の閉鎖は最近、当局の仮想通貨企業を対象にした取り締まりが原因と考えられる。

しかし、同メディアは閉鎖されたバイナンスの上海事務所は支社ではなく、「外注チーム」で顧客応対担当や少数の開発者で構成されていたと伝えた。

また、この事務所の人力を採用するプロセスでブロックチェーンメディア「BABI财经」という法人名が使われていたことも分かった。

この件に関して、バイナンスの共同創業者はSNSチャンネルで「バイナンスは2017年上海事務所に関するすべての業務を終わらせた。ブロックチェーン業界のメディアらが結局、大きなニュースにすることに成功した。ありがたいことにバイナンスがテレビに出た」と皮肉な書き込みを投稿した。

「バイナンスの上海事務所が襲撃された」という記事を21日、有名仮想通貨メディア「The Block」が発表し、ツイッターを通じあっという間に広まった。

CZはこの記事に対し、2017年からバイナンスが上海に事務所を置いていないため、この記事はFUD(Fear Uncertainty Doubt)であると主張した。

CZの主張にThe Blockの編集長「Frank Chaparro」氏は状況を落ち着かせるため、説明記事を発表した。

記事の内容には少なくとも2つのバイナンス事務所が存在するという中国メディア(Caijing.com)の報道を引用したことやバイナンスと協力している信頼できる匿名の情報筋(バイナンスの社員)がいたことを明らかにしている。

こういったThe Blockの対応にも関わらず、23日CZは「彼らを訴訟する予定」とツイッターを残した。

その後、The BlockはFake Newsではない。後続の記事を発表すると解明したがまだ記事はリリースされていない。

コイン相場Telegramチャンネルでバイナンスが中国で放送されたニュースを掲載しています。当時のニュースを確認したい方はご参加ください。(参照元などの確認はチャンネルでお願いします。)

自分に合った仮想通貨取引所を見つけよう!!

比較記事を読まなくても、自分にぴったりの仮想通貨取引所を診断してみませんか?(11月版リリースされました!)

仮想通貨投資タイプ診断-5つの精霊で判定-

投資経験がない方々はどういう投資スタイルが自分に向いているか簡単に診断することができます。また、投資経験の豊富な方々にとっても投資スタイルを見直す機会になるでしょう!

コインポイン取引所まとめ取引所診断

関連記事

コメント