今日の仮想通貨ニュースまとめ(海外最新情報から国内重要情報まで):2018年1月11日(木)

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

Zaifから返信が来ません(3日目)

明日こそ返信が来ることを祈っています。

海外ニュース

韓国が仮想通貨取引所の取引を禁止する法案を準備中か

一応、準備中であってまだ確定ではないそうです。

中国の次は韓国ですかね。。。

禁止する理由を教えてほしいです!

投資の神様バフェット氏が再び仮想通貨を攻撃 「悲惨な最後を迎える」 | ビットコインの最新情報 BTCN|ビットコインニュース

彼のような発言力の強い人の言動は相場を混乱させます。

仮想通貨が今後どうなるかは「神のみぞ知る」ですね。

国内ニュース

フィスコが日本初の仮想通貨ファンドを1月中に開始予定

日本の投資信託はパフォーマンス全くよくないから私はアリだと思います。

むしろファンドマネージャーさせてください(^_^)

仮想通貨相場が低調、反発できるか

皆さん、テンションが低い日が続いているのではないでしょうか。

我慢です、ひたすら我慢です。

むしろ買い増しです。

昨日の上昇銘柄

以前にも取り上げましたね。

なんか登場する通貨がループしてる感じですwww

昨日の下降銘柄

上がったり下がったりいい加減にしてほしいですね。

私の予想ですがMEDが明日の上昇銘柄になりそうです(あくまで予想です)

関連記事

  • SafeCrypt.io:安全性と匿名性を重視した仮想通貨取引所

    当プロジェクトは、取引の安全性と匿名性を高いレベルで確保する仮想通貨取引所を設計することで、フェイルセーフな仕組みを構築しています。かつての最大手仮想通貨取引所マウントゴックスは、顧客からの絶大な信用を意のままにしていた、業界創生期の真の巨人でした。2013年8月にマウントゴックスを通して取引されたビットコインは、全体の実に47%以上でしたが、2014年4月15日、同社は850,000枚のビットコインを失うことになりました。この事件の原因は未だ明確になっていませんが、お金は永遠に失われてしまいました。マウントゴックスの話や、最近のコインチェックの強奪事件が示すのは、外部からの脅威に脆弱な第三者
  • 中華系取引所トークン:BigONEが発行するONEについて

    最近話題になっている配当型の取引所トークンですが、BigONEという取引所も発行を発表し、早速アカウント開設の受付を始めています。いずれも中華系の取引所で、FT、OCX、BIG、CONI辺りが現地では注目を浴びているようです。※BIGはBigONEが発行するトークンで、ONEとは別に以前から発行されていたものです。今回は、英語になっていた説明をざっくりと日本語にしてみました。尚、「ONE」の取引マイニングへの参加は先着順で行われるようです。「取引マイニング」セクションの取引手数料の100%が「ONE」で配分されます。最初の3日間の「ONE」の配分はすべて6月25日に行われます。人数限定、数回に
  • 【エアドロップQ】Yumerium(YUM)の基本情報おさらい

    はじめまして、最近『Airdrop』に興味を持ち始めている"もっちゃん"と申します。 コイン神社の沼崎さんが の記事内でブログライターを募集されていたので応募してみました(※採用ありがとうございます..!) 普段は のライターをやっています。 最近、僕は『エアドロップQ』をよく利用していましてクイズに答えるだけでトークンがもらえることに感動している毎日です。 僕のコラムでは を読者の皆さんに共有できたらいいな思っています。 コイン相場が運営している『エアドロップQ』では ので、諦めずにクイズに挑戦し続けることでトークンをもらうことができます(※時間制限・配

コメント