今日の仮想通貨ニュースまとめ(海外最新情報から国内重要情報まで):2018年1月4日(木)

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

今日から仕事始めという方も多いのではないでしょうか。

そんなことより、リップル(XRP)とエイダ(ADA)がヤバいことになってます。

どこまで上がるのでしょうか、ガチホと言ってましたがビビって利確しようか悩んでいます。

明日起きて暴落してたらどうしましょ。。。

海外ニュース

ビットコイン取引所が新規ユーザー登録を相次いで拒否 | COIN NEWS

カスタマーサポートが追い付かないということが大きな理由のようです。

それで既存ユーザーからかなりクレームがあるそうで。

私も思い出したのですが、Zaifに問い合わせて2週間以上経っているような気がします。

「返事見落としてるのかな?」と思ってメールチェックしましたけどまだ来てません。

もう1回問い合わせて見ます。

中国の中央銀行がビットコインマイニング抑制計画を進行中

取引所を締め付けて、マイナーもターゲットになるかもです。

マイニング装置の半分が中国にあると言われており、かなり多くのマイナー(大規模な)が打撃を受けると予想されます。

中国政府が人民元の力を維持したいと考えているのでしょうか。

ちなみに、モンゴルが電気代安くて寒いから勝手に冷却されてマイニングにはオススメだそうですね。

国内ニュース

DMM.com、仮想通貨のマイニングに向け、マシン研究開発チームを新設

さすがはDMM様と言いましょうか、やることのスケールが大きすぎます。

日本では個人で電気代が高くてあまりオススメしないという雰囲気ですが、私はDMMさんのこの動きは超気になります。

(どれくらいの資金突っ込んでるか知りたいです。)

金融庁はビットコインをどう見ているのか?~ビットコインと金融庁~ | COIN NEWS

COIN NIEWSさんで非常に分かりやすい考察がされています。

当たり前ですが法治国家である以上、法律を破ることはできません。

改正資金決済法や金融庁の認可は避けては通れない関門です。

でも金融庁の「ちゃんと申請したら堂々と仮想通貨事業しても構わない」という姿勢は世界的に見たらやりやすい環境ではありますね。

昨日の上昇銘柄

色々提携が発表されて、アリババとの提携も噂されているのでそれが値上がり要因かもしれません。

「噂が買って事実で売る」という格言がありますからね。

昨日の下降銘柄

まさかのビットコインキャッシュが下落率1位です。(1/4.19:00時点)

と言っても13%なので今日は好況でした。

ビットコインへ回帰したのか、リップル、ADA、TRONへと流れたのか明日も目が離せませんね。

関連記事

  • ICOに日本一詳しいCOIN JINJA (コイン神社) がプレオープン!

    初めまして、です。数ヶ月の間システムの開発やICO情報翻訳等の準備を進めてきましたが、やっと今週からプレオープンする事が出来ました。まだまだ足りない所ばかりですが、正式リリースに向かってブラッシュアップしていきます!乞うご期待ください!合わせて、仮想通貨アプリ「」もリリースしています。宜しくお願い致します!
  • スタッフが駐在する仮想通貨取引所coinoneを韓国で開設!仮想通貨大国を目指せるか!?

    韓国3番目に大きいビットコイン取引所coinoneは、本日リアルの取引所を開設した。韓国初の仮想通貨OTC販売になる。当面販売する暗号通貨は、ビットコイン(BTC)以外、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)、リップル(XRP)とQTUMの6種類。取引所となる複合施設には、市場情報を展示する大型モニターやATMが用意され、スタッフによる顧客相談も対応。現在に業界別のICO(トークンのクラウドセール)プロジェクト、合計464件を公開している。
  • Blackmoon投資ファンドのトークン化プラットフォームが仮想通貨はさらなる盛り上がりを見せる

    トークンファンドで現実の世界と暗号経済の両方に投資機会を提供するために世界最高のフレームワークを作成することを目指しています。 3日目 ~ 7日目 1 BMC = 1.05 USD実世界と仮想通貨経済の両方で投資機会を提供するため、世界最高峰のトークン化された資金の枠組みを作り、維持することを目指しています。これは認可機関に柔軟性をもたらし、仮想通貨投資に対する蓄積された財務知識を活かします。地方分権化、透明性、取引可能性、コスト効率など、クリプト世界全体の利益を維持しながら、収入源の多様化を行います。投資ファンドの法的に準拠した構造は、当社の法律顧問によって審査され承認されます。規制リスク

コメント