「コイン相場」開発週報 Vol.35 - デモトレ機能を開発しています。コインポインのウェブ版は完成!

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

コイン相場やコイン神社をご利用の皆様!いつも私たちのサービスをご利用くださいまして誠にありがとうございます。

今年も季節が変わり、いよいよ待っていた10連休!ゴールデンウィークが間もなく始まります。

ゴールデンウィーク中の5月1日には年号も新しく変わるので平成時代が終わり"令和"時代に突入ですね。

時間の流れはとても早いので、私たちコイン神社チームも皆様に満足いただけるようなサービスを開発し、提供できるように今後も頑張りたいと思います。

さて、今週も皆様からフィードバックを貰ったところの修正や新しい機能の開発で毎日忙しく過ごしております。

開発の内容は本記事の下からご確認ください。

開発中の機能

1.デモトレ機能

仮想通貨のデモトレ機能を設計しています。設計が終わったら、本格的な開発段階に入る予定です。

今週はどういうイメージで使ってもらうかということをチームで議論し、デザインの枠組みが決まりました。

10連休があるので、皆様に公開できるのはまだまだ先のことだと思いますが、5月中にはリリースしたいと思っております。(遅れたら申し訳ございません。)

このデモトレで達成したこと

1.初心者のハードルを下げる

初心者の方には仮想通貨に対するハードルを下げ、より多くの人に仮想通貨に興味を持ってもらうこと。

2.アプリを盛り上げる

仮想通貨投資ベテランの方にもうれしいシ取引イベントなどを開催し初心者、ベテラン問わずゲームに参加してもらうことで皆様がアプリを盛り上げてくれることを願っています。

2.チャットの入り口を増設

今までチャットに参加するためにはウォッチリストから参加していただきましたが、今後はピックアップページにもチャットのアイコンを追加し、こちらからでも参加できるようになります。

今週、完成したのも

コインポインのウェブ版

コインポインのdAppを利用するためにはアプリを開く必要がありましたが、今後はパソコンでも操作できるようになります。スマホでの操作が苦手の方々にはウェブ版のご利用をお勧めします。

コインポイン

関連記事

  • 【7/16】世界ニュースまとめ - BinanceがKRWベースのステーブルコイン発行可能性、Bitmain社、マイニングマシンのメンテナンス認定コースを正式にリリースなど

    ブロックチェーンメディアCoindesk Koreaが世界最大暗号資産取引所バイナンスが正式に韓国市場に進出する予定であると16日報道した。また、この報道と同時に、韓国現地通貨であるウォンでのステーブルコインの発行も予想されると報じた。同メディアによるとバイナンスは「Binance LLC」という商号で5月16日、韓国で登記を済ませた。Binance LLCの理事はブロックチェーンフィンテック企業の(BXB Inc.)のカン・ジホ氏でBXB社は韓国で最初にステーブルコインを発行した企業。こういった背景のある企業との協業が予想されることやバイナンスのCFOが以前、ほかの法定通貨と連動されたステー
  • ADAのチャールズ・ホスキンソン「ツイッターを一時停止する」

    エイダコイン(ADA)の発案者でブロックチェーンの研究機関IOHKのCEOで知られているチャールズ・ホスキンソンは7月16日午後13時ごろ(日本時間)「優先順位が高いものに集中するため、ツイッターをやめる」とコメントを残した。優先順位が高いものが何かについては明らかにされていない。参照元:<ins></ins><ins></ins>・・・・・・・・・
  • 米長官、リブラや暗号資産に「深刻な懸念」 - 米政府の暗号資産に対する立場を分かりやすく整理

    トランプ大統領は11日、ツイッターを通じリブラや暗号資産に関して「信頼できない」と述べ、銀行と同様の厳しい規制を設けるべきだとトランプ氏の発言に加えて、ムニューシン米財務長官は15日、緊急記者会見を通じて、Facebookが計画している「リブラ」に関してマネーロンダリングやテロリストへの資金供与に悪用される可能性が強い「深刻な懸念を持っている」と話すと共に米国の暗号資産に対する立場を公式に表明した。<ins></ins>1. 米、政府は暗号資産が裏で運用されることを防止するために、米国の銀行に暗号資産関連規制を遵守することを要求する。2. 現在、デジタル資産に関する部署が設立され運営されてい

コメント