コイン相場の新機能「ハミングバード」:FcoinやBigONE対応、誰でも簡単に自動で取引マイニング

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

昨今注目されてる、FcoinやBigONEなどの取引所系のトークン。これらのトークンは、取引をすること自体がマイニングとなり、取引手数料が100%、トークンの形で返還されます。

※返還される手数料は、取引所毎に度々変更される事もあるので、ご自身でご確認下さい。

通常、個人でBotを作成しなくてはこのマイニングに参加するのは中々難しい現状でしたが、コイン相場アプリでは、APIを利用する事で誰でも自動マイニングを可能にします。

コイン相場は全ての機能を無料でご利用頂けますが、「ハミングバード」も無料で利用が可能です。

FCoinは既にiOSバージョンでは公開済。Androidバージョンも本日中に公開されます。

BigONEに関しては、取引マイニングが再開される明日(2018年7月5日)から公開されます。

※参考:BigONEサポートの再開について

使い方

1.「コイン相場」を開き、「ポートフォリオ」タブの中の「自動売買」を選択して下さい。その後、取引所を選択して、自動売買機能を開きます。

enter image description here

2.まず、仮想通貨取引所の管理画面からAPIを取得し、アプリに入力して下さい。コイン相場のAPIセキュリテイに関してはこちらを参照して下さい。

enter image description here

3.自動売買する通貨ペアを選択し(「自動売買ペア」)、1秒あたりの最大取引量を設定して下さい(「毎秒最大出来高」)。「ハミングバード」ではリスクの最小化するために、ユーザーが入力した量に基づいて、自動で数回に分けて売買を実行します。慣れてくるまでは、なるべく少ない量を設定してみて下さい。その後、段々と量を増やして下さい。設定する値が大きいほど、時間あたりの取引手数料が高くなり、マイニングの速度が速くなります。

enter image description here

4.正しく入力出来ていることを確認したら、下の緑のボタンをクリックして自動売買を開始してください。自動売買と同時に、消費された取引手数料、口座残高、取引の詳細を随時表示します。 下部にある停止ボタンをクリックすると、いつでも停止できます。

enter image description here

現在、自動売買に対応しているのはFCoinとBigONEです。今後、主要な取引所を順番に追加していきます。

また「ハミングバード」の取引ロジックは、随時アップデートされていきます。

ご利用の際には、慎重に数字等を確認して下さい。

コイン相場アプリについて

コイン相場」は仮想通貨取引に関わる主要な機能(相場チャート、ニュースキュレーション、ポートフォリオ管理、税金計算、ICO検索など)を網羅した、オールインワンアプリです。

現在、日本語・英語・中国語・韓国語、一部インドネシア語に対応しています。

運営元について

先日のリリースにもある通り、coinjinja.com及びコイン相場の運営主体はJINJA Ltdとなり、引き続き海外にも通用する機能を開発していきます。

コインポイン

関連記事

  • 【7/18】世界ニュースまとめ - リップル、クウェートのBoubyan銀行と提携へ、財務省・金融庁が主導で暗号資産版SWIFTを創設

    UNLOCKの18日報道によるとリップル社が2004年設立されたクウェートのBoubyan銀行と17日パートナシップを締結した。Boubyan銀行は払込済み資本金が7億ドル(約754億円)を上回ることやもう一つのリップルのパートナーであるクウェート国立銀行(NBK)が主要株主として知られている。今回のパートナー締結の目的は「世界をリードする送金会社」RippleNetと協力し、銀行のスピードとセキュリティおよびデータの完全性をより確実にするためであると銀行の役員は説明した。リップルとBoubyan銀行の協定は現在、クウェート中央銀行の承認を待っている状態だ。参照元:<ins></ins>ロイ
  • 7/18 - Ontology、重大発表をほのめかすカウントダウンで価格上昇

    本日(18日)午前11時30分ごろ時価総額ランキング25位のOntologyが重大発表を暗示するようなコメントをツイッターを通じ残した。発表の内容は明らかにされていないが日本時間の午後5時30分前後で公表と予想される。一部のホルダーは大きなアナウンスがあるだろうと期待しているが、こういったマーケティングに対し、「スキャムまがい」などの否定的なコメントを残した人もいる。このツイートの後、Ontologyは上昇し、現在は97円前後で取引されている。参照元:<ins></ins>・・・・・・
  • 【7/17】世界ニュースまとめ - 仮想通貨投資で有名だった「青汁王子」懲役2年求刑、サモア当局、PayPal、リップルに対抗、モバイル送金アプリ「Xoom」を8月リリース予定

    世界的な送金及び決済サービス大手企業PayPalがリップルと競合するモバイル国際送金アプリXoomを8月リリースする予定だ。暗号資産メディアDecryptによると、PayPalは国際送金をより早く便利に提供するためのXoomアプリサビースを来月からヨーロッパ全域で始める。Xoomはヨーロッパ32か国の居住者が世界132か国以上の国に送金できる予定で、まずはヨーロッパからサービスが開始される。Xoomは銀行との提携を通じ、1件当たり、最大8,000パウンド(約100万円)までの送金ができ、送金手数料はヨーロッパ内=4ドル、ヨーロッパ以外=9ドルで設定されている。同メディアはXoomアプリがリリー

コメント