【超便利】ローソク足も表示できる!仮想通貨ユーザー必須アプリ「コイン相場」の使い方②(チャート)

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

チャート機能を解説

前回はウォッチリスト機能について紹介しました。

今回はチャート機能について紹介します

Step1.チャート画面をタップ

Step2.見たい期間を選べる

チャートの騰落が見やすいです。

Step3.ローソク足の文字をタップ

Step4.ローソク足チャートも見れる

中級者以上には嬉しい機能ですね。

Step5.主要コインの資金流出入を分析

買いと売りどちらが強いか一目で分かる

Step6.時系列でも分析

タップすると時間の間隔の短くできます。

Step7.全体の1割程度しか対応できてません

データを公開している取引所が少ないので主要コインのみの対応となりますがご了承ください。

関連記事

  • 【API連携】CoinEx/コインイーエックスのAPI連携

    通常のAPIを使ったサービスではサーバーにAPIデータが残ってしまい、最悪の場合、第三者に勝手にトレードされ出金されるということも有り得ます。コイン相場ではを採用しており、APIキー情報はスマートフォン所有者の暗号化されたメモリ(Touch IDやFace IDでしか開けられない)に保存されるので、サービス運営側で悪用することはありません。スマホの盗難、第三者にTouch IDやFace IDが突破された場合のトラブルについては弊社では責任を負い兼ねますのでご了承ください。APIを取得したときのIPアドレスとアプリを使用する場所が違うとIPアドレスが変わり、ログインできなくなります。よりI
  • 新興の仮想通貨取引所ABCCが本日(7月12日)午後1時から取引マイニングを開始

    仮想通貨取引所ABCCは数日前に、ATトークンのリリースを発表し、取引マイニングを開始している。4日間のプレマイニング期間が終了し、本日(7月12日)午後1時から全てのユーザーに取引マイニングが開放される。同取引所はFuncity Capital、Dream Seeker Capitalなどからの出資を受けている。既にマイニングが始まり、この数日間で、Coinhillsでは7位に位置する取引高を記録している。現段階では、ABCCではAPIを開放しておらず、数週間後に開放を想定している。現在の取引高が続くようであれば開放後にはさらなる取引高の増加が見込まれる。1. 第1半減期におけるATの総数:
  • コイン相場club主催【全国詐欺被害額選手権】エントリー募集!

    2017年はビットコインブーム!「億り人」なんて言葉も生まれたくらいに稼いだ人もいて仮想通貨を持ってさえいれば、みんなホクホク。そして2018年はICOブーム!上場前のトークンを安く買って、上場後に高く売ってその利益で、みんなホクホク。・・・とまあ、これだけ聞けば仮想通貨やICOに関わる人はみんなホクホクしたように聞こえますが実際には、騙されて損しちゃった人もたくさんいます。 ⇒根拠のないガセネタで、結局○○コインは翌週暴落し、それ以来、ずっと含み損を抱えている。 ⇒ICO自体がそもそも存在しない。上場ももちろんデマ。話のすべては仕組まれた詐欺だった。気付いたころにはもうトークン購入費は支

コメント