投機目的にはピッタリのZaifトークン

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

めっちゃ安いZaifトークンとは?

大型ICOで話題を集めたCOMSAの運営会社のテックビューロはZaifという取引所を運営しています。

まぁご存知の方がほとんどだと多いますが。

割安トークンマニアの私は0.5円くらいのときに買いました

0.5円のときに買ったけど

上がっております!

安いからちょっと上がっただけで儲けやすいのがトークンの魅力ですよね。

他に買ってる人いるかなぁと探してみるといました!!

400万Zaif所持している猛者がいました


元公務員のあっきんサン!!

凄すぎです!

月1で東京でワークショップしているとな!

会いたいです!

というか金額の突っ込み方がカッコいいです。

ビッグリスペクトです

Zaifトークンはテックビューロが25%持っている

以下はプレスリリースのスクショです。

テックビューロとしては高値で売りたいと思っているでしょうからどこまで上昇するのか見ものです。

どんどん面白いトークン発掘していこうと思います。

おすすめトークンの情報もあればご連絡ください。

興味沸いたら買って身体張ってリポートします!!

コインポイン

関連記事

  • 【7/18】世界ニュースまとめ - リップル、クウェートのBoubyan銀行と提携へ、財務省・金融庁が主導で暗号資産版SWIFTを創設

    UNLOCKの18日報道によるとリップル社が2004年設立されたクウェートのBoubyan銀行と17日パートナシップを締結した。Boubyan銀行は払込済み資本金が7億ドル(約754億円)を上回ることやもう一つのリップルのパートナーであるクウェート国立銀行(NBK)が主要株主として知られている。今回のパートナー締結の目的は「世界をリードする送金会社」RippleNetと協力し、銀行のスピードとセキュリティおよびデータの完全性をより確実にするためであると銀行の役員は説明した。リップルとBoubyan銀行の協定は現在、クウェート中央銀行の承認を待っている状態だ。参照元:<ins></ins>ロイ
  • 7/18 - Ontology、重大発表をほのめかすカウントダウンで価格上昇

    本日(18日)午前11時30分ごろ時価総額ランキング25位のOntologyが重大発表を暗示するようなコメントをツイッターを通じ残した。発表の内容は明らかにされていないが日本時間の午後5時30分前後で公表と予想される。一部のホルダーは大きなアナウンスがあるだろうと期待しているが、こういったマーケティングに対し、「スキャムまがい」などの否定的なコメントを残した人もいる。このツイートの後、Ontologyは上昇し、現在は97円前後で取引されている。参照元:<ins></ins>・・・・・・
  • 【7/17】世界ニュースまとめ - 仮想通貨投資で有名だった「青汁王子」懲役2年求刑、サモア当局、PayPal、リップルに対抗、モバイル送金アプリ「Xoom」を8月リリース予定

    世界的な送金及び決済サービス大手企業PayPalがリップルと競合するモバイル国際送金アプリXoomを8月リリースする予定だ。暗号資産メディアDecryptによると、PayPalは国際送金をより早く便利に提供するためのXoomアプリサビースを来月からヨーロッパ全域で始める。Xoomはヨーロッパ32か国の居住者が世界132か国以上の国に送金できる予定で、まずはヨーロッパからサービスが開始される。Xoomは銀行との提携を通じ、1件当たり、最大8,000パウンド(約100万円)までの送金ができ、送金手数料はヨーロッパ内=4ドル、ヨーロッパ以外=9ドルで設定されている。同メディアはXoomアプリがリリー

コメント