URBO - ユニークな小売ブロックチェーンの機会

URBOは利益を最大化し、コストを削減し、リスクを削減するためにHoReCa市場のメンバー間の相互関係を自動化し最適化するために開発されたプラットフォームです。 ブロックチェイン技術を使用することにより、システムは人的ミスを削減し、顧客とサプライヤ間の取引処理にかかる費用を削減します。 将来、プラットフォームは顧客、従業員、物流会社、ケータリングなど、市場のすべてのメンバーを結びつけるでしょう。URBOは世界の主要会計システム(Micros / Fidelio、ALOHA、iiko、SAP、R-keeper、1Cなど)との容易な統合を提供します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
URB
開始日時
2018-02-11
終了日時
2018-02-25
最低目標
17,000 ETH
最高目標
110,000 ETH
初回価格
1URB = 0,001ETH
トークン供給数
110,000,000
公式サイトへ Owner of URBO?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨BTC, ETH
供給率95%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Dec 1-2 - 15%
  • Dec 3-4 - 10%
  • Dec 5-7 - 5%
  • Dec 8-10 - 3%

概要

URBOエコシステムは、HoReCa市場のクライアント、サプライヤー、ロジスティック企業、従業員、顧客間の相互関係を最適化します。 URBOトークンの使用により、注文と支払いのプロセスがより効率的かつ簡単になります。

これらのプロセスの組織化にスマートコントラクトを使用することで、当事者間の信頼の欠如の問題を回避することができます。商品、価格、製品のカタログはすべて公開ブロックチェーンに含まれているため、URBOは指定された製品品質と実際の製品品質の差の問題を解決します。

HoReCaの従業員の給与とボーナスをURBOトークンで支払うことは、フリータイムのあるレストランの従業員がホテルのゲストやカフェの訪問者になるため、トークンの収益を上げるための優れた機会です。

ブロックチェーン技術とスマートコントラクトの使用は、支払いを簡素化し、顧客の好みを記録するでしょう。あなたがどの国にいるかにかかわらず、注文と支払いの歴史に基づいて、レストランではどのような料理が好きかを知っています。ホテルはあなたに提供する部屋を知っています。このシステムにより、HoReCa機関は、ターゲットを絞ったプロモーションの提供を手配し、新規または最も献身的な顧客に割引や追加サービスを提供することができます。

物流会社のコスト削減。スマートコントラクトの使用により、物流会社は輸送依頼を確認のために利用できるようになり、URBOシステムでその注文を実行すると報酬を受け取ることができます。

チーム

Mikhail Tevelev
Mikhail Tevelev
CEO, ideology, development strategy
Sergey Bikineev
Sergey Bikineev
CTO, IT and innovation, development
Alexander Tsyganov
Alexander Tsyganov
Project architect, system security

人気STO/ICO記事

  • 7/18 - Ontology、重大発表をほのめかすカウントダウンで価格上昇

    本日(18日)午前11時30分ごろ時価総額ランキング25位のOntologyが重大発表を暗示するようなコメントをツイッターを通じ残した。発表の内容は明らかにされていないが日本時間の午後5時30分前後で公表と予想される。一部のホルダーは大きなアナウンスがあるだろうと期待しているが、こういったマーケティングに対し、「スキャムまがい」などの否定的なコメントを残した人もいる。このツイートの後、Ontologyは上昇し、現在は97円前後で取引されている。参照元:<ins></ins>・・・・・・
  • 【随時更新】ビットポイント・ハッキングまとめ (最終更新7/12 14:18)

    ※続報については、この記事に随時追記いたします。2019年7月12日 10:30ビットポイント・ジャパン、全サービスを停止。2019年7月12日 13:11日経新聞がハッキング被害を報道。2019年7月12日 13:30親会社であるリミックスポイント社が公式発表
  • ビットポイント、ハッキングで資金流出

    日本経済新聞は本日(7月12日)の午後13時10分ごろ、仮想通貨取引所のビットポインがハッキングで資金が不正流出したと報道した。不正流出された金額は明らかにされていないが数十億円と推定されている。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止となっていた。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。<ins></ins>参照元:・・・・・・