UniFox - 仮想通貨のマスターカード

仮想通貨のマスターカード。 UniFoxは現実世界でのブロックチェイン技術の採用を支援する完全な暗号エコシステム(4つの製品を搭載)を提供しています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
Fox
開始日時
2018-10-28
終了日時
2018-11-25
調達金額
217000 USD
最低目標
2,500,000 usd
最高目標
100,000,000 usd
初回価格
1 Fox = 0.25 usd
トークン供給数
600,000,000
公式サイトへ Owner of UniFox?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームOTHERS
タイプOTHERS
参加可能通貨BTC, ETH, CS, ACT
供給率不明
KYCKYC
参加不可地域USA
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • first 48 hours - 50% bonus
  • 1st week - 40% bonus
  • 2nd week - 35% bonus
  • 3rd week - 30% bonus
  • 4th week - 25% bonus

概要

仮想通貨のマスターカードを想像してください。 UniFoxは現実世界でのブロックチェイン技術の採用を支援する完全な暗号エコシステム(4つの製品を搭載)を提供します。 今日のセキュリティFOXトークンを使って、実際のビジネスからシェアを獲得し、受動的な収入を得ることができます!

UniFoxは、購入、送金、交換、保管、支出から法定通貨の取り出しまでのすべての暗号取引を支援します。 プロジェクトは5つの部分に分かれており、100%自律的です。私たちのプロジェクトは、安定仮想通貨(Unicash)、ATM、オンライン交換プラットフォーム、POS端末、分散型取引所で構成されています。

Unifoxプロジェクトのメリットは次のとおりです。

  • 世界中で仮想通貨を達成し、消費可能にする。
  • 法定と仮想通貨を1種の仮想通貨に変換する。
  • 仮想通貨が独立し、分散していることを支援する。

チーム

Jan Turek
Jan Turek
CoFounder
Michal Vlasak
Michal Vlasak
CMO
Vadim Bilousov
Vadim Bilousov
CTO
Dominik Kadane
Dominik Kadane
Business developer
Lukas Holas
Lukas Holas
Head of Sales

人気STO/ICO記事

  • CoincheckがIEOを事業を検討・・決済型のICOのみが対象

    累積188万人のユーザーを保有している国内最大級の仮想通貨取引所CoincheckがIEO事業を検討することを22日、公式ホームページを通じ発表した。IEOの対象となるプロジェクトはこれまで資金調達を行っていなかったプロジェクトで資金決済に関する法律の適用対象となるユーティリティ・トークンを用いた資金調達ICOのみに制限される。金融商品取引法の適用対象となるセキュリティ・トークンを活用した資金調達(収益分配型ICO/STO)は対象にならない。IEOとはInitial Exchange Offeringの略で、暗号資産を取引所を通じ公開(Initial)、販売・提供(Offering)し、資金調
  • bitbank(ビットバンク)のおすすめ理由を解説!セキュリティーが堅牢で銘柄が豊富なbitbankで口座を開いてみよう

    ✅ 【お得】取引すればするほどおトク!メイカー取引はマイナス手数料新しい価格を指値で頻繁に取引を行うトレーダーには最適の取引所!なんと、メイカー取引の手数料が-0.02%で取引をすればするほどおトク!※メイカー(Maker)とは、板にない価格を作ることをいいます。✅ 【安心】セキュリティーが堅牢暗号資産取引所の分析企業CERによると、ビットバンクのセキュリティー体制は日本一、物理的な方法からの盗難や内部犯行の対策として秘密鍵が一つではなく、複数に分割された「マルチシグ」で管理✅ 【便利】アプリが使いやすく、UIが洗練されている24時間休まない仮想通貨市場では必ずスマホでの対応が必要な場合が多い
  • LINE、LINKの新しいホワイトペーパーを公開

    coindeskの報道によるとLINEは4日、ブロックチェーンプロジェクト「リンク(LINK)」の具体的なトークンエコノミーの方向を説明した新しいホワイトペーパーを公開した。ホワイトペーパーで注目すべきところはトークン発行に関する内容で、LINKトークンの発行数量は3年間最大1億枚に制限される。その後からは全体のネットワークの成長スピードに合わせてトークンが発行される予定だ。発行されたトークンはLINKチェーンネットワークに参加するdAppに配分されることになる。配分作業はLINKチェーンのトークン配分システムである「ルーカス(Lucas)」によって行われる。各dAppに配分されるトークンの数