UniFox - 仮想通貨のマスターカード

仮想通貨のマスターカード。 UniFoxは現実世界でのブロックチェイン技術の採用を支援する完全な暗号エコシステム(4つの製品を搭載)を提供しています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
Fox
開始日時
2018-10-28
終了日時
2018-11-25
調達金額
217000 USD
最低目標
2,500,000 usd
最高目標
100,000,000 usd
初回価格
1 Fox = 0.25 usd
トークン供給数
600,000,000
公式サイトへ Owner of UniFox?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームOTHERS
タイプOTHERS
参加可能通貨BTC, ETH, CS, ACT
供給率不明
KYCKYC
参加不可地域USA
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • first 48 hours - 50% bonus
  • 1st week - 40% bonus
  • 2nd week - 35% bonus
  • 3rd week - 30% bonus
  • 4th week - 25% bonus

概要

仮想通貨のマスターカードを想像してください。 UniFoxは現実世界でのブロックチェイン技術の採用を支援する完全な暗号エコシステム(4つの製品を搭載)を提供します。 今日のセキュリティFOXトークンを使って、実際のビジネスからシェアを獲得し、受動的な収入を得ることができます!

UniFoxは、購入、送金、交換、保管、支出から法定通貨の取り出しまでのすべての暗号取引を支援します。 プロジェクトは5つの部分に分かれており、100%自律的です。私たちのプロジェクトは、安定仮想通貨(Unicash)、ATM、オンライン交換プラットフォーム、POS端末、分散型取引所で構成されています。

Unifoxプロジェクトのメリットは次のとおりです。

  • 世界中で仮想通貨を達成し、消費可能にする。
  • 法定と仮想通貨を1種の仮想通貨に変換する。
  • 仮想通貨が独立し、分散していることを支援する。

チーム

Jan Turek
Jan Turek
CoFounder
Michal Vlasak
Michal Vlasak
CMO
Vadim Bilousov
Vadim Bilousov
CTO
Dominik Kadane
Dominik Kadane
Business developer
Lukas Holas
Lukas Holas
Head of Sales

人気STO/ICO記事

  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本