TTC PROTOCOL - 分散型およびインセンティブ化されたソーシャルネットワーキングプロトコル

ソーシャルネットワークユーザーは、他のユーザーおよびそのソーシャルコンテンツの生成、配布、および対話に報酬を受けます。 TTCは、ソーシャルネットワークの価値を育成し、成長させる同じユーザーに商業価値を分散して返します

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
TTC
開始日時
2018-04-18
終了日時
2018-05-18
最高目標
25,000 ETH
初回価格
1 TTC = 0.00025 ETH
トークン供給数
250,000,000
公式サイトへ Owner of TTC PROTOCOL?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率25%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

現在、ほとんどのソーシャルネットワークは、プラットフォーム上での広告を表示する代わりに、エンドユーザーにサービスを提供する中央集中型の構造で運営されます。これらの代価交換は関心の経済の根幹を成します。

TTCは、次世代のソーシャル・プラットフォームのための分散型とトークンのインセンティブベースのソーシャルネットワークプロトコルです。 TTCは全く新しいソーシャル体験を提供します。完全の分散方プラットフォームです。参加している人々にダイナミックな新しいユーザー体験を享受できます。

また、TTCはブロックチェーンベースの仮想通貨を利用して、TTCと呼ばれるトークンの形のインセンティブを提供します。ソーシャルネットワークのユーザーは、コンテンツ制作と配布、他のユーザーとの相互作用のための報酬を受け取ります。 TTCは、ネットワークを構築したユーザーに関心の経済の中の価値を返します。

TTCのトークンベースのインセンティブ・メカニズムとユーザーの貢献を結合して、各エンドユーザーがTTCプラットフォーム自体を導きます。エンドユーザーの数が増加すると、フラットフォームの価値とTTCトークンの金銭的価値が増加します。

TTCオープンプラットフォームの最初のDAPPは1,000万以上のユーザーのソーシャルネットワークサービスであるtataUFOです。 tataUFOは、ソーシャルネットワークの一般的なボトルネックから抜け出し、コンテンツ配信を分散化し、ブロックチェーンを利用して、ブロックチェーン駆動のトークン化されたインセンティブメカニズムを通じて個々のユーザーに価値を返します。

チーム すべてを見る

Brian Cheng
Brian Cheng
President & Founder
Chase Chang
Chase Chang
VP, Ecosystem
Yixiao Wang
Yixiao Wang
Product Director
Yuanyong Zhai
Yuanyong Zhai
Technical Director
He Zhang
He Zhang
Design Director
Jie Wu
Jie Wu
Growth Director

人気STO/ICO記事

  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本