TEMCO - サプライチェーンマネジメントの再考

TEMCOはBitcoin Smart Contract(RSK)でサプライチェーンプラットフォームを開発しています。 既存のサプライチェーンシステムでは、情報は切断されます。 その結果、消費者は製品の品質に疑問を抱き、企業は効率的に機能しません。 私たちは、孤立したサプライチェーンプロセスを繋ぎ、データサービスを提供します。 当社のビジネスインテリジェンスツールを使用して、企業は新しいビジネスインサイトを獲得します。 消費者のために、リアルタイムのサプライチェーンデータを追跡するコンシューマアプリケーションと、仮想通貨決済機能を備えたオンライン市場を提供します。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
TEMCO
開始日時
2018-12-24
終了日時
2019-01-23
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
19,000,000 USD
初回価格
0.0000 USD
トークン供給数
3,000,000,000
公式サイトへ Owner of TEMCO?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームRSK
タイプRRC20
参加可能通貨BTC, ETH, RBTC
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

2017年にヨーロッパ、韓国などで発生した卵に有毒な殺虫剤を含まれるなどの食品に複数の健康被害が発生したため、消費者はサプライチェーンマネジメントに関して懸念が高まっています。

しかし、既存のサプライチェーンマネジメントシステムは、サプライチェーンに沿った出荷前段階の監視を提供していないようであるため、そのような懸念に対処できていないようです。したがって、問題が発生した場合でも、どの段階で問題が発生したのか、その問題をどのように管理するのかを理解することは困難です。消費者は、サプライチェーンプロセスをどのように処理するかについて、透明性を要求する傾向がますます高まっています。

TEMCOは既存のサプライチェーンマネジメントシステムの限界を克服するためにスマートコントラクトを活用することを目指すパブリックサプライチェーンブロックチェーンシステムとして構想されています。既存のシステムでは、サプライチェーンプロセス内の各流通参加者の情報が分離され、相互に切り離される可能性がありますが、TEMCOは各参加者をブロックチェーンを通じて接続できるようにすることで、リアルタイムで把握できます。将来性は、サプライチェーンプロセスに関する消費者の信頼を築き、より効率的なサプライチェーン管理を通じてコスト削減効果を創出することです。

チーム すべてを見る

Geunil (Brian) Lee
Geunil (Brian) Lee
Co-founder, CTO
Jaeseob (Scott) Yoon
Jaeseob (Scott) Yoon
Co-founder, CEO
Hongsub Lim
Hongsub Lim
Co-Founder & COO
Yongchul Kim
Yongchul Kim
Lead Developer
Chris Hong
Chris Hong
Lead Developer
Joey Cho
Joey Cho
Business Development Manager

人気ICO記事

  • 【開催報告】Next Economy Conference 2018

    かれこれ、もう5ヶ月も前の話になってしまいますが、コイン相場が初の主催イベント、Next Economy Conference 2018を2018年9月15日に開催致しました。あいにくの天候だったのですが、350名の方に遊びに来て頂けました。改めまして、登壇者の方、来て頂いた方、ブース出展して頂いた方、スポンサー様、みなさんありがとうございました。開催報告と言っても、Logmiさんが全文を書き起こしてくれたのと、ダイジェスト動画が出来たのでご報告です。今見ても、とても豪華な登壇者の方々なので、お時間がある時に、ぜひ見てみてくださいね。なお、する予定です。共催したい、とか出展したいとか登壇した
  • 今年やり残したことは、コミケに行けば見つかるかもしれない

    かどうかは、分かりませんが、一度はあの熱気を体感してみたいという方は多いのではないでしょうか。コイン相場ユーザーの皆さんにとって今回のコミケが良いきっかけになるかもしれません。一部のサークルにてコイン相場ウォレットで仮想通貨決済ができます。賛同いただきましたサークルの皆様ありがとうございます!参考:参考:▶︎コイン相場ウォレトに対応いただいたサークル様にこちらのPOPを提示いただいています。場所 :西地区ヨ31b対応通貨:BTC場所:東地区ヌ05b対応通貨:BTC , ETH , XEM場所:東地区ハ32a対応通貨:ETH (ERC20) / BTC / BCH / XRP / EOS
  • AeronのARNトークンがEOSのエコシステムで利用可能に

    ブロックチェーンを基盤とする革新的航空安全プロジェクト、Aeronは、その範囲をEOS経済圏まで広げ、Ethereum ERC20とEOS間の双方向トークンスワップを実現しました。それにより、このトークンの流動性は上昇し、市場におけるAeronの地位は強化されることになるでしょう。ブロックチェーン間のスワップ比は1:1で、EOSブロックチェーンで発行されたAeron(ARN)トークンは、Ethereumブロックチェーンでのトークンにより完全に変換できます。この大胆な手段を取ることで、ARN/EOSペアの即時交換やEOS経済圏により促進された利便性と革新性とともに、EOS分散型取引と換金オプショ