Quizando - インフルエンサーの世界に革命を起こす

Quizandoは、さまざまなゲームに参加して、現金を勝ち取るチャンスを与える最先端のクイズ配信システムです。

ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
QUIZ
開始日時
2019-02-01
終了日時
2019-03-01
調達金額
11,580,000 QUIZ
最高目標
2,950,000 USD
初回価格
0.0000 USD
トークン供給数
348,000,000
公式サイトへ Owner of Quizando?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, Fiat
供給率29%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    Quizandoは、ソーシャルメディアのインフルエンサーが収益を上げる方法を崩壊させることによって、デジタル世界で最も重要で最も急速に成長するセクターの1つに完全に革命を起こそうとしています。 私たちのプラットフォームを使用して、ホストのpay-to-play-to-winクイズを生み出すことにより、ソーシャルメディアフォローを持つ人々は、実際のお金を簡単かつ迅速に実際に稼ぐことができます。 彼らは現在、フォロワーを収益に変える簡単な方法を持っています。 当社のICOは、当社の製品がすでに存在していることは言うまでもありませんが、募集金額は少なく、慎重に計画されているため、独自のものです。 しかし、募集金額は少なくとも私たちの大きな可能性を隠すわけではありません。

    チーム すべてを見る

    Eman Pulis
    Eman Pulis
    Damien Xuereb
    Damien Xuereb
    Compliance Advisor
    Stella Cini
    Stella Cini
    Influencer Advisor
    Karl Schranz
    Karl Schranz
    ICO Strategy & Tokenomics Advisor
    Dr Christian Ellul
    Dr Christian Ellul
    Legal Advisor
    Nikolay Shkilev
    Nikolay Shkilev
    ICO Advisor38 age

    人気ICO記事

    • 「コイン相場」開発週報 Vol.30 - チャット機能を開発しております。

      先週と今週はNews 2.0のリニュアルとチャット機能の開発を進めてまいりました。チャット機能は現在、最終テスト段階でデザインや基本的な機能の開発は済んでおります。ニュース媒体の中で特定の媒体をフォローし、フォローした媒体だけ集めてが見られるようになります。つまり、ニュースアグリゲーションのカスタマイズができます。チャット機能は完全に開発され、テストは最終段階に入りましたデザインの最適化・調整のため、来週リリースされる予定です。ウォッチリストですぐ、チャットの内容が確認できます。お楽しみに!
    • 「コイン相場」開発週報 Vol.28

      2019年の1月も半分以上経っております。仮想通貨市場全体が下がっておりますが今年もコイン相場アプリはこれまで以上に進化していきますのご期待ください。今月は主に今までの機能を最適化する作業をおこないました。ニュースタブにTOPページが新設されます。今までユーザーは最新情報を得るために多数のページにアクセスする必要がありました。今回、アップデートされるTOPページではよりスピーディーな情報獲得ができます。また、速報スクリーンショットシェア機能が追加され、SNSで共有できるようになります。一般モードと夜間モード両方で目に負担がかからないような色を選別し、調整いたしました。待ち時間を減らすため、ポー
    • エンジニア勉強会を開催しました!「コイン相場」開発週報 Vol.25

      世の中はすっかり年末ムードですね!飲み会三昧で体調は崩していませんか??かくいうCOINJINJAはというと、今日はみんなで忘年会です!余談ですが中国語の「乾杯(カンペイ)」はグラスを空にするまで飲み干すという意味だそうです。(気をつけましょうw)説明会はホントに最初だけで、メインコンテンツは実際に動かしてみる所。弊社のCEO徐楽楽が、その場でコードを書いて、一応公開する所まで1時間弱でいきました。エンジニアの方からすると簡単に出来そうに見えたようですが、非エンジニアからすると簡単では。。最後には簡単なアイディアソンをやって締め括りとなりました。社内コミュニケーションへのトークン導入や飲み会で