NurseToken - ホワイトリスト解消するトークン

世界的な看護師不足は危機的な水準に達しています。ナース・トークンはこの問題に真正面から取り組み、分散化された資格証明と支払いシステムを提供することによって看護師が自由にどこででも働くことができるようになり、病院では人材をオンデマンドに採用することが可能になり、更には世界中で広く看護師への支払いシステムが統一されることが可能となります。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
NUR
開始日時
2018-08-01
終了日時
2018-10-13
最低目標
2,000,000 USD
最高目標
17,558,330 USD
初回価格
1 NEO = 366 NUR
トークン供給数
150,000,000
公式サイトへ Owner of NurseToken?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームNEO
タイプNEP5
参加可能通貨NEO, Others
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Day 1 - 30%
  • Day 1 - 7 - 25%
  • Day 7 - 14 - 20%
  • Day 14 - 31 - 15%

概要

証明済みの実績

ナース・トークン・チームはこれまで18年間にわたり医療業界においてナース・トークンの発表を望む大手病院や団体等との関係を含む鍵となるさまざまな関係を築き上げてきています。

140万ドルの事前確定購入契約

ホワイトペーパーが完了される前から既に、ナース・トークンは鍵となるクリプト・インフルエンサー、ベンチャーキャピタリスト、大手医療会社等の興味を喚起し事前確定購入契約が140万ドルに達しています。

クラウドソーシングアプローチ

看護師不足は世界的な問題であり、ナース・トークンのような解決策が望まれています。クラウドソーシングアプローチを介して、急速にコミュニティを構築し、世界の医療業界における関係を培っています。

途方もないほどの可能性

看護師は単体としては世界最大の労働人口になっています。しかし、世界保健機関の推定によると看護師不足は2018年には1,740万人、そして個々の病院が看護師の募集、訓練、採用等に費やす金額は一カ月当たり200万ドルにもなると見られています。ナース・トークンはこのような募集から採用に至るプロセスを合理化し、看護師にインセンティブを提供し、より多くの新規看護師がこの労働界に流入するようになることを促進します。

チーム すべてを見る

Cherie Kloss
Cherie Kloss
Founder / CEO
Josef Jonas
Josef Jonas
CTO
Josh Clayton
Josh Clayton
Chief Counsel
Shane Hvizdzak
Shane Hvizdzak
Todd Elsberg
Todd Elsberg
Edwin Marcial
Edwin Marcial

人気STO/ICO記事

  • 国内取引所 FX・レバレッジ 取引ツールランキング

    DMM Bitcoinは、レバレッジ取引の取り扱い銘柄数1位、上級者も納得の高機能な取引ツール提供しているなど、レバレッジ取引にうってつけの仮想通貨取引所です。★★★★★ レバレッジ対応通貨:7種類(BTC、ETH、XEM、XRP、LTC、ETC、BCH)★★★★★ 通貨ペア:14種類(BTC、JPY)★★★☆☆ レバレッジ手数料 : 0.04%/日 ★★★★☆ アプリ取引ツール : ロウソク足・テクニカル表示あり★★★★☆ レバレッジ対応通貨 :BTC、QASH、ETH、XRP★★★★☆ 通貨ペア:12種類(BTC、ETH、JPY)★★★★☆ レバレッジ手数料 : 0.025%/日
  • BNBでホテルの予約が可能に ・・Travala.comがBNB決済を受け入れる

    ブロックチェーンベースのホテル予約プラットフォーム「Travala.com」が公式ツイッターアカウントを通じ、バイナンス取引所の仮想通貨BNBの決済を受け入れると発表した。発表を受けて、BinanceのCEO「Changpeng Zhao」もツイッターでAwesome(素晴らしい)というコメントを残した。Travala.comはAVA(時価総額462位)という自社トークンを始め、BNB以外にBTC、EOS、LTC、BCH、TRXなどのメジャーな仮想通貨で決済ができる。同プラットフォームは82,000以上の都市に位置する55万以上のホテルなどと提携している。※参照元はで公開しています。<ins
  • 人口、約6万人のマーシャル諸島が独自の仮想通貨を発行か・・通貨名はSOV

    太平洋に位置する人口、約6万人の島国マーシャル諸島共和国が独自の仮想通貨を発行すると発表した。12日、ブルームバーグ通信によると、マーシャル諸島共和国の環境大臣であるデイビッド・ポール大臣は11日、シンガポールで開かれた仮想通貨カンファランスで「ブロックチェーン技術を用いたマーシャル諸島の独自の仮想通貨「マーシャルソブリン(SOV)」の発行を推進していることを明らかにした。現在、マーシャル諸島は自国の通貨がなく、米国のドルを法定通貨として使っている。ポール大臣は米国の経済依存度を減らす適切な時期であると判断したと述べた。また、マーシャル諸島の国民は最初に発行されるSOVの10%を、平等にもらえ