NurseToken - ホワイトリスト解消するトークン

世界的な看護師不足は危機的な水準に達しています。ナース・トークンはこの問題に真正面から取り組み、分散化された資格証明と支払いシステムを提供することによって看護師が自由にどこででも働くことができるようになり、病院では人材をオンデマンドに採用することが可能になり、更には世界中で広く看護師への支払いシステムが統一されることが可能となります。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
NUR
開始日時
2018-08-01
終了日時
2018-10-13
最低目標
2,000,000 USD
最高目標
17,558,330 USD
初回価格
1 NEO = 366 NUR
トークン供給数
150,000,000
公式サイトへ Owner of NurseToken?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームNEO
タイプNEP5
参加可能通貨NEO, Others
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Day 1 - 30%
  • Day 1 - 7 - 25%
  • Day 7 - 14 - 20%
  • Day 14 - 31 - 15%

概要

証明済みの実績

ナース・トークン・チームはこれまで18年間にわたり医療業界においてナース・トークンの発表を望む大手病院や団体等との関係を含む鍵となるさまざまな関係を築き上げてきています。

140万ドルの事前確定購入契約

ホワイトペーパーが完了される前から既に、ナース・トークンは鍵となるクリプト・インフルエンサー、ベンチャーキャピタリスト、大手医療会社等の興味を喚起し事前確定購入契約が140万ドルに達しています。

クラウドソーシングアプローチ

看護師不足は世界的な問題であり、ナース・トークンのような解決策が望まれています。クラウドソーシングアプローチを介して、急速にコミュニティを構築し、世界の医療業界における関係を培っています。

途方もないほどの可能性

看護師は単体としては世界最大の労働人口になっています。しかし、世界保健機関の推定によると看護師不足は2018年には1,740万人、そして個々の病院が看護師の募集、訓練、採用等に費やす金額は一カ月当たり200万ドルにもなると見られています。ナース・トークンはこのような募集から採用に至るプロセスを合理化し、看護師にインセンティブを提供し、より多くの新規看護師がこの労働界に流入するようになることを促進します。

チーム すべてを見る

Cherie Kloss
Cherie Kloss
Founder / CEO
Josef Jonas
Josef Jonas
CTO
Josh Clayton
Josh Clayton
Chief Counsel
Shane Hvizdzak
Shane Hvizdzak
Todd Elsberg
Todd Elsberg
Edwin Marcial
Edwin Marcial

人気STO/ICO記事

  • ステーキングサービス「Sanka Network」 by HashHub

     HashHubが運営するPoSの保有報酬を受け取る手続きをするためのプラットフォームです。Sanka Netowrkはユーザーの資産を預かることはせず、ユーザーは自身のウォレットで資産を管理しながら報酬を得られます。今後、コイン相場アプリ内にも各通貨のウォレットを実装、Sanka Networkへ簡単に使える、モバイルクライアントとなる予定です。cosmosvaloper1uyt0yuv7cz7ppwefl9ths336ln7ysvg2jlj76t tz1PYF2Fcqk7YjZGquNy8bFznhCLhyi9PpVzsanka
  • 【7/11】世界ニュースまとめ - カナダ政府、仮想通貨取引所登録を義務化へ、プラストークン最上階級、中国公安に逮捕が公式確認

    10日、コインテレグラフによるとカナダ政府が来年の2020年6月1日までカナダ現地のすべての仮想通貨取引所を対象に「カナダ金融取引報告分析センター(FinTRAC)」への登録を義務化した。カナダ政府はマネーロンダリング、テロ資金支援などの犯罪収益に対する規制改正案を発表し、現地の仮想通貨取引所が当局の登録手続きを遵守しないといけないことを明らかにした。これに関して現地Oslerの法律事務所のLori Stein弁護士は今回の改正案発表で仮想通貨業界に対する現地銀行及び金融機関のサービス提供がより開放的で円滑になると展望した。一方で今回の改正案で仮想通貨取引所が現地市場で離脱する可能性もあると予
  • 【7/13】世界ニュースまとめ - 財務省・金融庁・日銀がリブラの連絡会を設置か、個人情報流出のFacebookに制裁金5,400億円、バイナンスCEO「個人投資家の比率6割以上」、相場の主導は個人投資家

    暗号資産専門メディアCoinpostの報道で財務省・金融庁・日銀が共同で「リブラ」に関する連絡会を設置したことが分かった。リブラは20億人のFacebookユーザーを中心に急激な普及が予想されるが、マネーロンダリングや既存の金融システムに影響などの不透明な部分が多いため、必要に応じ会合を開き、対策などのさまざまな論点について議論する予定だ。参照元:<ins></ins>ブルームバーグによると13日(現地時間)バイナンスCEOは同メディアとのインタビューで、「今年の仮想通貨の価格上昇は機関投資家の参入の結果だという見方もあるが、バイナンスの取引高は約60%が個人投資家によるものだ」と述べ、ビッ