Nitro platform token - 人工知能を利用する新しいトレードボット

Nitro Token Platformは、スマートコントラクトとアルゴリズムアプローチを使用して将来のパートナーを構築し収益を上げる方法に関するトレーダー、ファンドマネジャー、および個人投資家のためのマッピングです。 私たちが構築しようとしているエコシステムは、暗号通貨が使用され、分散型アプリケーションが戦略的計画の中で成長するというすべての人のためのビジネスモデルです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
Nitro token
開始日時
2019-05-01
終了日時
2019-06-30
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
25,000,000 USD
初回価格
0.0030 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Nitro platform token?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

私達は顧客のために可能な限り最良の方法で安全で、簡単でそして有益なアルゴリズム取引を提供します。 あなたが投資をすることができない間、このプラットフォームは可能なリスクを最小にして、利益率を最大にします。 時間とリソースの両方を節約するツールとサービスを提供することで、利益幅の拡大を加速します。 ブロックチェーン技術と組み合わせると、AIソリューションは経済的利益をもたらすだけでなく、完全な透明性と信頼性をもって達成します。 Nitroによって設計および使用されているロジックや戦略は、これまでにNitro Token Platform以外に販売または提供されたことはありません。冷静な意思決定と非常に迅速な注文のおかげで、流動性が高まり、マーケットメーカーの利点が減り、市場での供給が増加しました。

チーム

Jonuz Ismaılov
Jonuz Ismaılov
Co-Founder
Peter Bradley
Peter Bradley
Co-Founder
Lauren Boltz
Lauren Boltz
Co-Founder
Matthew Blais
Matthew Blais
Co-Founder

人気STO/ICO記事

  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7
  • 【中級・上級者向け】仮想通貨トレードの機会損失を防ぐ「Proアラート」リリース

    仮想通貨アプリ・コイン相場がついに有料会員制度・プレミアム会員をリリースしました!その中でも一番の目玉の機能はです。Proアラートとは、簡単にいうと価格アラートの上位互換版です。これまでの価格変動アラートに加えて、やを、コイン相場のPUSH通知でユーザーの皆様にお知らせする機能です。常にチャートに張り付いてトレードをしている方でも、多くの通貨ペアを同時に追い続けるの、苦しく無いですか?その点、Proアラートでは対応している取引所の全ての通貨ペアの分析をし、重要な局面の時だけ、ユーザーに教えてくれます。Proアラートがあれば、、、これで、これまで取りこぼしていたチャンスも、拾うことができた
  • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

    バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他