Natee - AI訓練されたデバイスにおける分散型クラウドコンピューティングとストレージ

NATEEプロジェクトは、協調して最適化された方法で、世界中の80億台のモバイル機器から集団力のかなりの部分を実際に活用し、解放します。 NATEEは、十分に活用されていないモバイルデバイス、スマートウォッチ、IoTデバイス(Internet of Things)の効率的な使用を最大限にしながら、全体的なコストを最小限に抑えるために特別に開発されたワークロード管理システムを立ち上げます。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
NATEE
開始日時
2019-07-30
終了日時
2019-09-28
初回価格
0.0000 USD
トークン供給数
60,000,000
公式サイトへ Owner of Natee?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, EOS, XLM
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

グローバルコンピューティングパワーは、私たちにとって非常に重要なリソースです。ほとんどのインターネット対応モバイルデバイスは待機していますが、使用されていません。 NATEEのプラットフォームは、新世代のスマホユーザーがモバイルアプリをダウンロードするだけで、いつでも受動的な収入を得られるようになります。今日のスマホCPU / GPUコアは、ほとんどのデスクトップコンピュータよりも強力です。したがって、Wi-Fi&4Gは共有のために成長しました。集中的な研究開発プロジェクトは、 "ビッグデータ"(ペタバイト)の計算可能なアウトソーシングのためにお金を払うでしょう。    コンピューティングパワーは当時の非常に重要なリソースですが、世界中に分散されて、ビジネスサーバ上に隔離されて、またはパーソナルデスクトップ、ラップトップ、スマホに専用化されているため、モバイルデバイスの電源はオンになっていますが、ほとんど利用されておらず、待機状態で電話を待っています。特に、人が寝ると使用されません。    ダイナミックなスケーラビリティを備えた冗長性とモバイルデバイスのパフォーマンスのさまざまな部分を安全にキャプチャするために、NATEEによって革新的な方法が最近開発されました。メモリ容量と処理能力を共有することができます。 NATEEプラットフォームは、これらの共有能力を橋渡しし、コンピュータの能力を調整した形で提供します。 NATEEはあなたのモバイルデバイスを仮想金鉱に見えます!スマホのCPU / GPUプロセッサー・コアと使用可能な未使用メモリーの貴重な可能性があります。    NATEEは、スケーラビリティを備えたビッグデータに効率的に対処するために、破壊的な「モバイルグリッドネットワーク」を作成することで、クラウドコンピューティング市場シェアの2%を占めると見積もっています。

チーム すべてを見る

Nuttapong Wong-aree
Nuttapong Wong-aree
CEO & Co-Founder
Samret Wajanasathian
Samret Wajanasathian
CTO & Co-Founder
Eakkarach Pusuwan
Eakkarach Pusuwan
COO / Co-Founder
Nguyen Tan Dat
Nguyen Tan Dat
Data Scientist, AR, Deep learning
Chaiyapong Lapliengtrakul
Chaiyapong Lapliengtrakul
Data Scientist
Chanon Yaklai
Chanon Yaklai
Blockchain and fullstack Developer

人気STO/ICO記事

  • Liquid取引所のメリットをすべて解説!銘柄、手数料などについて

    ✅ 【便利】流動性が高いため、注文が通りやすい!Liquidは世界中の注文を一つのオーダーブックに集約させて流動性が乏しい通貨ペアーも注文が通りやすいです。✅ 【信頼】運営資金が豊富で何かあっても安心2017年11月にICO(資金調達)を行い、112億円の調達に成功。その後にも莫大な資金調達に成功し、2019年4月3日には「ユニコーン企業」になったと公表されています。日本のスタートアップ企業では、"メリカリ"に次く2社目の「ユニコーン企業」で、とてもしっかりしている企業です。✅ 【安心】国内最高レベルのセキュリティー体制顧客資産をオンラインから切り離したコールドウォレットで100%管理しており
  • みずほ銀行のスマホ決済「Jコイン」、テスト用システムに不正アクセス発覚・・BTC要求か

    日本経済新聞の報道によると、みずほ銀行は9月4日、決済・送金サービス「J-Coin Pay」(Jコイン)の加盟店管理に関わるテスト用システムに不正アクセスがあったと発表した。27日に加盟店データが不正アクセスしたものにより、削除され代わりに仮想通貨のビットコイン(BTC)を要求する文言が残されていたとのこと。みずほ銀行は、加盟店の情報が流出した可能性があるが、ユーザー情報などに影響はないと説明した。<ins></ins> Jコインの加盟店である法人(7,930 件)、および法人代表者、窓口連絡担当者等の個人(10,539 件)の情報、ならびに J コインに参画いただいている一部金融機関名(32
  • LINE、LINKの新しいホワイトペーパーを公開

    coindeskの報道によるとLINEは4日、ブロックチェーンプロジェクト「リンク(LINK)」の具体的なトークンエコノミーの方向を説明した新しいホワイトペーパーを公開した。ホワイトペーパーで注目すべきところはトークン発行に関する内容で、LINKトークンの発行数量は3年間最大1億枚に制限される。その後からは全体のネットワークの成長スピードに合わせてトークンが発行される予定だ。発行されたトークンはLINKチェーンネットワークに参加するdAppに配分されることになる。配分作業はLINKチェーンのトークン配分システムである「ルーカス(Lucas)」によって行われる。各dAppに配分されるトークンの数