Monster Bit - モンスターマーケットプレイス

MonsterBitは有名な暗号ゲームのアナログです。 我々は車輪を再投資しなかった。 私たちは成功したプロジェクトを取り上げ、機能性の点でより強く、設計の観点からはより活力を増しました。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
MB
開始日時
2018-02-10
終了日時
2018-06-10
初回価格
1 MB = 0.0002 ETH
トークン供給数
6,000,000
公式サイトへ Owner of Monster Bit?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率80 %
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

MonsterBitをご紹介しましょう。それはブロックチェーンゲームです。ゲーム業界の新しい言葉。これは最も成功した暗号ゲームのクローンで、CryptoKittensのクローンですが、はるかに興味深いものです。もし知らなかったら、CryptoKittensは、人々が電子子猫を購入し、それらを繁殖させ、もう一つの子猫を得て販売するゲームです。ポイントはすべての子猫がユニークであるということです。個別の生き物は数十万ドルの価値があります。    はい、ほんの珍しいものなら、莫大な金額の価値があります。世界が狂ったと思いますか?はい、同意見です。だからこの狂気でお金を稼ぐ!    ここでは怪物を養って育て、繁殖させます。ゲームの最も興味深い特徴は、単にあなたの生き物を育てるのではなく、本当の戦いの怪物に成長させることです。これにより、ゲーム内のすべての価値のため、他のゲーマーと戦うことができます。食べ物、武器、そしてモンスターそのものための戦い。これはすごくかっこいい!    ゲームに広告モンスターもいます。あなたのモンスターは広告商品になり、それで本当のお金を稼げます。ゲームのもう一つの特徴は、本物のぬいぐるみの電子ショップです。モンスターの所有者はおもちゃの販売で15%の収益を得られます。    ICOに参加し、2018年最高のブロックチェーンゲームの投資家になりましょう   

トークンホルダーのメリットは何ですか?

あなたは、トークンを使ってユニークなシステムモンスターを購入することができます。これらのモンスターは普通のモンスターとは異なます。システムモンスターはジェネレータです。それらはシステム全体を生成します。彼らはすべてのモンスター、食糧、武器を生成し、それらを売る。トークンホルダーは、ゲーム内のすべての価値の売り手になります。あなたのシステムモンスターは、利益を生み出す。 1トークン= 1システムモンスター。    全て750万のトークンがあります。 6百万のトークンが販売される。チームが 125万のトークンを所有。 25万のトークは賞金の対象になります。

チーム すべてを見る

Grachya Pogosyan
Grachya Pogosyan
CEO, Marketing
Ivan Gladyshev
Ivan Gladyshev
Game Designer
Artur Teregulov
Artur Teregulov
CTO
Ilya Vinnikov
Ilya Vinnikov
Lead Backend Developer
Alex Yalunin
Alex Yalunin
Solidity Developer
Vladimir Sundupey
Vladimir Sundupey
Senior Web-Developer

人気STO/ICO記事

  • 【9日】プラストークン、12,646BTC(約140億円)の資金を移動・・今後の動き注目すべき

    ブロックチェーンセキュルティー企業「ChainsGuard」によると、スキャムプロジェクトの疑いのあるプラストークン(PlusToken)が所有していると推定されるビットコインウォレット(1Li4mUc3hCGMB6cgQiJCwTvLMYwkfKHZY8)から12,646BTC(約140億円)の資金移動があった。9日の23時20分(日本時間)から約4,000BTC以上の大量のビットコインが3回にわたり、合わせて12,646BTCが移動された。今回、移動されたBTCは10日12時以降、違うアドレスに分割されたが、取引所に流れてはいない。ウォレット(1Li4mUc3hCGMB6cgQiJCwTv
  • 2019年のブロックチェーン特許申請・・中国67%・米国16%·日本5%·ドイツ4%·韓国2%

    中国メディアIPRdailyは最近2019年、上半期の世界ブロックチェーン関連の「特許申請企業ランキング100」を発表した。2019年は2018年の特許申請数をはるかに上回っている。報道によると、特許申請の数が一番多かった企業は中国企業の「アリババ」で合わせて322件を申請していた。次は中国の保険会社「平安」が274件(2位)、その次はアンティグア・バーブーダ(カリブ海東部に位置する島国)のブロックチェーン企業「nChain」が241件(3位)だった。※資料: マスターカード 79件(10位) マイクロソフト 35件(22位)一方で日本企業は NEC 18件(46位) SONY
  • 仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴まとめ!メリット・口コミ

    ✅【便利】初心者でも使いやすい初心者でも簡単に取引できる販売所形式を採用しており、銘柄を選択し数量を入れるだけで売買が成立します。販売所の手数料は無料となっているが、スプレッドで見えない手数料がとられるため、頻繁に取引をする投資家は注意が必要!✅【信頼】信頼性の高いバックグラウンド三菱UFJやみずほフィナンシャルグループなどメガバンクを含む名だたる大企業が株主になっており、運営企業の信頼性が高いです。また、三井住友海上と連携し、国内初となるビットコイン事業者向けサイバー保険を開発するなどユーザーが安心できるサービス展開をしています。✅【お得】ビットコインをタダで入手できるbitFlyer経由で