moco - 新時代のコミュニケーション

MoCoプラットフォームは次世代の3D,4K,8K,VRでの全く新しい匿名のSNSサービスです。ユーザーが創造性と才能から暗号通貨稼ぐことができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
MoCo
開始日時
2018-06-20
終了日時
2019-04-30
調達金額
72000 USD
最高目標
28,800,000 USD
初回価格
0.018 USD
トークン供給数
1,600,000,000
公式サイトへ Owner of moco?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

世界初の匿名3Dアバターチャットとクリエイターズマーケット

VR Motion Communications (MoCo)は、オンラインでのコミュニケーション方法を変える革新的なコミュニケーションプラットフォームです。プロジェクトの最初の段階で、 世界初の匿名3Dアバターチャットとクリエイターズマーケットを発表いたします。

MoCoプラットフォームのオンラインマーケットプレースには、 ユーザーが公式アバター関連コンテンツを購入できるオフィシャルストアとユーザーの作成したオリジナルのアバター関連コンテンツを収益化できるフリーマーケッ トプレースの両方が含まれます。

ライブストリーミングチャットと360°VRイベントが世界中どこでも開催できます。

次の段階では、MoCoプラットフォームとテクノロジーによりサッカーワールドカップ、スーパーボウル、完売になった世界中のライブ等を4K / 8K、360°リアルタイムVRで大規模同時ストリーミングイベントが可能になります。 また全く新しい「3Dの」VTuberの世界を創造するでしょう。そして、ユーザーは創造性と才能をプラットフォーム上で収益化することができます。

2Dコミュニケーションから3Dコミュニケーションへ

プラットフォーム開発の最後段階で、プラットフォームにA.I.を結合します。 AI動画圧縮、AI自動2D-3D変換、そしてユーザーが自分のWebカメラまたはモバイルのカメラのみを使用してVR空間に入ることを可能にするためのAIモーションキャプチャテクノロジ-などです。 ユーザーは自分でカスタマイズしたアバターやキャラクターボットを利用し、作成した仮想RooMで体験したり、家族や友達とコミュニケーションを取ったりすることができます。

オリジナルのコンテンツを作成して収益化する。

ユーザーは、独自のコンテンツを作成してMoCoトークンを稼ぎ収益化することができます。 ブロックチェーン技術を採用することにより、MoCoプラットフォームとMoCoトークンは、速くて安全で安定したエコシステムを作り出し、オリジナルのコンテンツの開発と売買を可能にします。 個人や企業は安全に世界中の人々と出会い、コミュニケーションをとることが可能になります。またユーザー自身の才能やアイデアを利用して個人的な収益化をでき、お互いに安全な取引を可能にします。

コミュニケーションの未来を創造する

MoCoの破壊的なキーテクノロジーは、新しいコミュニケーションの可能性を開くでしょう。

私たちの革新的な技術により、オリジナルのアバターや自分自身の4Kスキャンバージョンを介してオンラインのVR空間内で、あたかも「目の前に」あるような自然で境界のない環境で、匿名でのコミュニケーションを実現します。

MoCoの革新的AIベースの技術ツールをすべて使用したこの未来のプラットフォーム場でユーザーは、独自にカスタマイズされた仮想ユニバースを作成し、そこから収益化することができます。

AI動画圧縮

この技術は、4K / 8Kのコンテンツデータを元のサイズの1/100〜1/1000に縮小し、無損失のビデオ品質を提供します(これには2Dおよび3Dビデオコンテンツが含まれます)。

このテクノロジーは、インターネットを介してテレビやコンピュータ、モバイル機器に3Dおよび4K / 8Kのライブおよび録画コンテンツ(3Dアバター、ストリーミングビデオ、さらには360°VRコンテンツなど)を大規模に配信および配信することを可能にします。

特許ステータス:発行済み(詳細はホワイトペーパーを参照)

A.Iモーションキャプチャ(A.I.ベースの2D→3D自動変換システム)

画像解析と機械学習技術、そして視覚と感覚のデータの収集を通じて、 これまで誰もが試みたことのない視覚情報×AIを提供することができます。この技術により、 ライブモーションの細かいジェスチャーを捉えることができます。 スマートフォンのカメラやWebカメラを介してリアルタイムで学習し、 それを元のHD 3D表現(3Dアバターチャットシステムおよび4k +ライブ、スキャンVRバージョンの両方)に変換し、 コントロールすることができます。

特許ステータス:出願中および出願中

MOCOプラットフォーム

MoCoプラットフォームは、開発のあらゆる段階で世界を少しづつ変えていく多層で多次元のプロジェクトです。 古いパラダイムを破壊し、新しい可能性を生み出します。

  • 最初のステップでは、ユーザーが安全に通信、作成、購入、販売できる、世界初の匿名の3Dアバターチャットとクリエーターズマーケットを提供することです。

  • 次のステップでは、MoCoはライブストリーミングチャットやその他のサービスを開始し、 現在のビデオストリーミングとビデオチューバーのモデルを完全に破壊します。

  • 最後のステップは、スマートフォンやWebカメラを所有する人なら誰でも、 世界中のどこからでも4K / 3D VRの世界に入り込み通信を可能にすることです。

  • MoCoトークンを使用すると、ユーザーはオリジナル商品を売買したり、ストリーミングコンテンツを迅速かつ効率的に品質を損なうことなく視聴することができます。 AIアバターとビデオのコンテンツはすべて、著作権を保護および管理するためにブロックチェーンによって管理されます。

トークンの分配

  • 15%:チーム & アドバイザー
  • 20%:マーケティング/販売配布
  • 20%:クラウドセール
  • 20%:コミュニティーレザーブCommunity Reserve
  • 25%:カンパニーレザーブ

ロードマップ

2019/Q2

Crowd Sale

2020/Q1

MoMoCo 3Dアバターアプリ 最初のモックアップ

2020/Q4

App StoreでのMoMoCo アプリのオープンベータ版の発表

2021/Q3

MoMoCo Marketplaceの発表

2021/Q3

Fight Club の発表

2022/Q1

MoMoCoinとMocoトークンの交換システム発表

2022/Q2

MoMoCo アプリ 100,000 ダウンロード

2022/Q3

MoMoCo アプリ 300,000 ダウンロード

2022/Q4

MoMoCo アプリ 500,000 ダウンロード/ライブストリームチャットの開始

2022/Q4

VR VR VR チャットシステム/VR リアルタイム イベント #1

チーム

NAOTO YOKOUCHI
NAOTO YOKOUCHI
CEO & Business Planning
WILL FRANKLIN
WILL FRANKLIN
COO
TRES CUNNINGHAM
TRES CUNNINGHAM
CTO

人気STO/ICO記事

  • 【仮想通貨FXに最適】GMOコインのおすすめ理由を一挙解説!

     ビットレ君は、GMOコインが提供している仮想通貨レバレッジ取引のためのスマホアプリです。当アプリでは10種類のテクニカル指標を利用することができます。 リップルやイーサリアムなどのレバレッジを効かせた取引が可能。アルトコインを空売りすることができる数少ない取引所です。 親会社であるGMOインターネットワークから金融ビジネスノウハウや情報セキュリティ対策の施策をそのまま引き継いだGMOコイン。国際基準の情報セキュリティが適用されていると思われます。
  • 【最新版】キャンペーン中の仮想通貨取引所まとめ!口座開設でお得にビットコインをGETしよう!

    [FX口座数国内1位のDMMが運営する仮想通貨取引所「DMM Bitcoin」はトレードサービスが充実!さらにレバレッジ取引の取り扱い数は国内一位!今なら、新規口座開設で1,000円がもらえるキャンペーンを実施中!期間限定のお得なキャンペーン中に口座登録をしよう!✅ レバレッジ取引の取り扱い銘柄数1位 ✅ 上級者も納得! 高機能な取引ツール ✅ 豊富なトレードサービス [[[bitbankは、XRPの取引量が世界有数、MONAの取引高は日本一を誇る取引所です。セキュリティも第三者機関による高い評価を受けるなど、安全面において定評があります。   [[[GMOコインは、
  • MACD(マックディー)とその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。MACDはチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。MACDは「Moving Average Convergence & Divergence」の略1979年にGerald Appelによって開発された指標です。日本語で表現しますと「移動平均線の収束&拡散」でさらに分かりやすく説明しますと「」という意味です。複数の移動平均線は離れたら(Divergence)