Marlin Protocol - 速度の障壁を打ち破る

MarlinはP2Pネットワークプロトコルのスイートであり、インターネットとすべてのブロックチェーンに高いスループットミリ秒のレイテンシを提供しつつ、解読できない匿名性を保証します。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
LIN
トークン供給数
1,200,000,000
公式サイトへ Owner of Marlin Protocol?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH
供給率30%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Marlinの高可用性と信頼性のネットワークは、ユーザーが構築した多目的な帯域幅共有マーケットプレイスの作成により可能になりました。

ユーザーはLINトークンを支払い、Marlinを使用したカスタマイズされたオーバーレイネットワークをプロビジョニングします。 ノードは、パケットの転送、ルーティング、オンパス処理、およびデータストレージを提供し、高いスケーラビリティ、信頼性、追跡不可能なプライバシーを実現します。

ユーザーは、すべての主要なオペレーティングシステム(モバイルとルーターも!)で利用可能なオープンソースソフトウェアを実行してネットワークに参加します。 これらのノードを実行すると、通過するトラフィックの量に比例してLINトークンが生成されます。

新しいノードは、LINトークンをステーキングし、通常のProof-of-AvailabilityおよびProof-of-Bandwidthチェックに合格することでネットワークに参加し、ネットワークの信頼性とサービス品質を保証します。

チーム すべてを見る

Siddhartha Dutta
Siddhartha Dutta
RESEACH AND DEVELOPMENT
Pratyaksh Sharma
Pratyaksh Sharma
OPERATIONS
Dean Pappas
Dean Pappas
MARKETING
Prateesh Goyal
Prateesh Goyal
RESEARCH
Vaggos Chatziafratis
Vaggos Chatziafratis
RESEARCH
Nilotpal Mukherjee
Nilotpal Mukherjee
BUSINESS

人気STO/ICO記事

  • BinanceのKYCが流出されたという情報が韓国を中心に拡散・・フィッシングサイトから収集された可能性も

    韓国の暗号資産メディアcoincredibleは、BinanceのKYC情報が流出された可能性があると7日報道した。同メディアによるとテレグラムのチャットルームを通じ、バイナンス取引所のKYCが流出されており、大きな問題になっている。チャットルームを作成したユーザーは7日の午前から数十名に達するKYC認証写真とパスポート情報を共有しており現在も共有を続けているとのこと。今まで、共有された情報は2018年2月21から24日までの情報が含まれていると同メディアは説明した。被害者の中には韓国人の被害者も多数いることが把握されている。しかし、Binance取引所の韓国管理者は共有されているデータはBi
  • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

    バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他
  • Aeron2周年記念: CryptoBonusMilesが一般に普及、Aeron Gamesおよびその他のハイライト

    2年以上に渡り、Aeronは一般航空の安全性と利便性向上のためのソフト開発を成功させてきました。昨年は重要な出来事が非常に多く、中でも一般航空の安全性を強化するAeron Pilotアプリケーションの新規リリースや、大半の国際的な航空会社によるロイヤルティプログラムを統合し、利用者がフライト1マイルごとに暗号通貨報酬を獲得できるCryptoBonusMilesのローンチなどは特に大きなものでした。また、Aeron(ARN)トークンの利用例の拡充にも大きな進展が見られ、ARNのBinance Chainへのマイグレーション、主要なEOS取引所への上場によるEOSエコシステムへの統合などを行いまし