Marlin Protocol - 速度の障壁を打ち破る

MarlinはP2Pネットワークプロトコルのスイートであり、インターネットとすべてのブロックチェーンに高いスループットミリ秒のレイテンシを提供しつつ、解読できない匿名性を保証します。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
LIN
トークン供給数
1,200,000,000
公式サイトへ Owner of Marlin Protocol?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH
供給率30%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Marlinの高可用性と信頼性のネットワークは、ユーザーが構築した多目的な帯域幅共有マーケットプレイスの作成により可能になりました。

ユーザーはLINトークンを支払い、Marlinを使用したカスタマイズされたオーバーレイネットワークをプロビジョニングします。 ノードは、パケットの転送、ルーティング、オンパス処理、およびデータストレージを提供し、高いスケーラビリティ、信頼性、追跡不可能なプライバシーを実現します。

ユーザーは、すべての主要なオペレーティングシステム(モバイルとルーターも!)で利用可能なオープンソースソフトウェアを実行してネットワークに参加します。 これらのノードを実行すると、通過するトラフィックの量に比例してLINトークンが生成されます。

新しいノードは、LINトークンをステーキングし、通常のProof-of-AvailabilityおよびProof-of-Bandwidthチェックに合格することでネットワークに参加し、ネットワークの信頼性とサービス品質を保証します。

チーム すべてを見る

Siddhartha Dutta
Siddhartha Dutta
RESEACH AND DEVELOPMENT
Pratyaksh Sharma
Pratyaksh Sharma
OPERATIONS
Dean Pappas
Dean Pappas
MARKETING
Prateesh Goyal
Prateesh Goyal
RESEARCH
Vaggos Chatziafratis
Vaggos Chatziafratis
RESEARCH
Nilotpal Mukherjee
Nilotpal Mukherjee
BUSINESS

人気STO/ICO記事

  • 【8/6】世界ニュースまとめ - ORBSの共同設立者、契約違反で訴えられる、メキシコがフィンテック事業の規制を開始・・201社のスタートアップが廃業危機に

    海外の暗号資産メディアCoindeskがイスラエルの現地メディアGLOBESの報道を引用し、イスラエルのブロックチェーンプラットフォームORBS(時価総額131位)の関係者らがジョイントベンチャーとして設立した「Cointree Capital」の持分問題で事業パートナーElad Aradから「詐欺」の疑いで起訴されたと報道した。Elad AradはORBSの共同設立者UrielとDanielそしてHexa Solutions、Cointree Management Microverseなどを対象に訴訟を起こし、彼らを「詐欺、契約違反」などで被害を受けたと主張した。一方でORBS側は報道に対し
  • プラストークン、BTCを大量売りか・・BTC低迷の1つの原因かもしれない

    暗号資産メディアCointelegraphによると、暗号資産投資会社プリミティブ·ベンチャーズの創業メンバーであるDovey Wan氏がポンジ詐欺プロジェクトのプラストークン集団が少なくとも20万BTC(約2120億円)を集めたとを通じて述べたことが分かった。また、同氏はセキュリティ監査会社Peckshieldの分析資料を引用し、約1,000BTC以上がBittrexとHuobiなどに流れ、7月の上旬から売りが始まっていたと主張している。<ins></ins>Wan氏によると、2ヶ月ほど前にプラストークン組織の一部は警察に捕まったが、騙し取った仮想通貨はウォレットのカギを持っているすべての人
  • 北朝鮮、仮想通貨取引所などを35回攻撃し、最大2,140億円を違法に得た疑い

    朝日新聞は、本日(5日)国連安全保障理事会の専門家パネルの報告書を引用し「北朝鮮が2015年12月から今年の5月まで少なくとも17か国の金融機関と仮想通貨取引所を対象に35回にわたり、サイバー攻撃で最大20億ドル(約2,140億円)を違法に得ていた疑いがある」と報道した。同メディアは「北朝鮮がサイバー攻撃をしたと推定される国家にはインド、チリ、ナイジェリアなど多くの地域が含まれている」と述べ、大量破壊兵器(WMD)の開発資金を調達するため攻撃した」と分析した。報告書によると2017年以降、北朝鮮の仕業だと思われる15件の仮想通貨取引所攻撃があり、この中で10件は韓国の取引所を狙っていたと把握さ