LOA-PROTOCOL - 新しいプラットフォームに会う

LOA(LOA-PROTOCOL)は、世界初のブロックチェーン総合金融プラットフォームでは、C2C(Coiner to coiner lending)システムとP2P(Pear to Pear lending)システムを構築し、効果的かつ安全な金融サービスを提供します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
LOA
開始日時
2019-08-08
終了日時
2019-08-19
最低目標
2,500,000 USD
最高目標
8,000,000 USD
初回価格
1 LOA = $0.03
トークン供給数
840,000,000
公式サイトへ Owner of LOA-PROTOCOL?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC-20
参加可能通貨Others
供給率42%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

LOAサービス

LOAは革新的なソリューションに安全かつ迅速な金融サービスを提供します。

SAFETY

独自のブロックチェーンの技術を使用して、顧客の資産を安全に保管

CONVENIENCE

複雑なオフライン投資システムをシンプルなオンラインシステムで提供

LPM

ビッグデータに基づい資産の内訳、投資内訳分析を提供する自動管理システム

C2C

パスワード金融投資を維持し、現金の確保が可能なC2Cシステム

P2P

不便で複雑な手続きを簡素化した高速かつ安全な不動産担保投資と融資

LDEX

分散化されたシンプルで安全なDEX取引環境を提供

チーム

Ethan Han
Ethan Han
CEO
Simon Kim
Simon Kim
CTO
Johnny Kim
Johnny Kim
CKO
William Han
William Han
COO
Charles Park
Charles Park
CFO

人気STO/ICO記事

  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ
  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である