Ledgity - セキュリティトークンのためのプラットフォーム

セキュリティトークンに完全特化したプラットフォームとモバイルアプリケーションです。最終的に、すべてのユーザーの皆さまが、セキュリティトークン化に影響を及ぼす可能性のある適用法と規制に100%遵守した技術を利用できるようになります。 資産の交換と価値の移転がテキストメッセージを送信するのと同じくらい簡単になった世界を想像してみてください。それこそがLedgityの目指す世界なのです。

ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
LTY
開始日時
2018-12-15
終了日時
2019-03-28
最低目標
5,000,000 EUR
最高目標
35,000,000 EUR
初回価格
1 LTY = 0.10 EUR
トークン供給数
370,000,000
公式サイトへ Owner of Ledgity?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, Fiat
供給率37%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Ledgityコミュニティラボ

Ledgityコミュニティラボにより、コミュニティの皆さまはエコシステムに直接参加することができるようになります。エコシステムへの参加は、特定のセキュリティトークンのためのコンテンツを作成したり、Ledgityエコシステム全体に投資機会を提供したりすることによって行うことができます。

トークン化ツール

セキュリティトークンを発行するためのシンプルで便利なインターフェース。承認を受けさえすれば、どのような民間企業の皆さまでもイーサリアムブロックチェーンをベースにしたLedgityトークン化レイヤーを利用することができます。Ledgityを使うことにより、発行者の方は複雑な技術や法的プロセスについて頭を悩ませる必要がなくなります。発行から流通に至るあらゆる段階で、Ledgityが発行者の皆さまを支援していきます。

KYC/AMLレイヤー

KYCとAMLの手続きは、より高い透明性や規制、大規模な普及を実現していくための出発点となります。KYCは、すべてのユーザーと投資家の皆さまの本人確認と検証を行うために使用されることになります。Ledgityは、KYCとAMLの規則に対して最高レベルの標準をもたらします。Ledgityエコシステムに参加するためには、投資家の皆さまのアイデンティティをイーサリアムアドレスとマッチさせる必要があります。

モバイルアプリ (チャット、閲覧、取引)

より透明性の高い方法で資産の取引を行うことができるだけでなく、投資家の皆さまが互いにやり取りを行えるようにすることで、ブロックチェーン技術は非上場の投資に革命をもたらします。

投資情報チャンネル

セキュリティトークンに関する正確な情報を入手するために、当社コミュニティでは分散型のLedgity情報チャンネルを活用していきます。このチャンネルにより、投資機会のフォローと閲覧を誰でも簡単に行うことができるようになります。

チーム すべてを見る

Pierre-Yves Dittlot
Pierre-Yves Dittlot
CEO - Founder
Garnett Gilchrest
Garnett Gilchrest
CTO
Joe Petrowski
Joe Petrowski
Engineer
Sebastien Bonnet
Sebastien Bonnet
Head of Strategic Development
Michele Dargenio
Michele Dargenio
Digital & Marketing
Mario Rathouis
Mario Rathouis
Development

人気ICO記事

  • 【開催報告】Next Economy Conference 2018

    かれこれ、もう5ヶ月も前の話になってしまいますが、コイン相場が初の主催イベント、Next Economy Conference 2018を2018年9月15日に開催致しました。あいにくの天候だったのですが、350名の方に遊びに来て頂けました。改めまして、登壇者の方、来て頂いた方、ブース出展して頂いた方、スポンサー様、みなさんありがとうございました。開催報告と言っても、Logmiさんが全文を書き起こしてくれたのと、ダイジェスト動画が出来たのでご報告です。今見ても、とても豪華な登壇者の方々なので、お時間がある時に、ぜひ見てみてくださいね。なお、する予定です。共催したい、とか出展したいとか登壇した
  • 「コイン相場」開発週報 Vol.30 - チャット機能を開発しております。

    先週と今週はNews 2.0のリニュアルとチャット機能の開発を進めてまいりました。チャット機能は現在、最終テスト段階でデザインや基本的な機能の開発は済んでおります。ニュース媒体の中で特定の媒体をフォローし、フォローした媒体だけ集めてが見られるようになります。つまり、ニュースアグリゲーションのカスタマイズができます。チャット機能は完全に開発され、テストは最終段階に入りましたデザインの最適化・調整のため、来週リリースされる予定です。ウォッチリストですぐ、チャットの内容が確認できます。お楽しみに!
  • 新機能「みんなのエアドロ」リリース!「コイン相場」開発週報 Vol.26

    開発アップデート「コイン相場」開発週報 Vol.26今日は平成最後のクリスマスですね!皆さん、昨日は素敵なイブを過ごすことができましたか?今年も残すところあと7日・・・あっという間にお正月ですね!ってことでCOINJINJA社も平成最後のお正月を盛り上げるべく新機能をリリースします!誰でもAirdropができるdApp「みんなのエアドロ」が完成しました。次回アップデートからピックアップ内に新dAppが出現します。お正月企画でお年玉をばらまいてくれる粋な方をお待ちしています!dApp SDKにれ、dAppがアプリのテーマに基づいて昼モードまたは夜間モードのインターフェースを表示できるように改善し