GoRecruit - ブロックチェーンに基づくHR人工知能

GoRecruitは求人応募者を評価する新しい方法を提供するブロックチェーン技術に基づくAI採用システムです。 AIシステムは、便利なオンラインサービスであり、ソーシャルネットワークや一般に公開されているソースからのデータ分析に基づいて人事考課を行うことができます。 応募者をインタビューの対象とするには、データの処理と分析に数時間を費やす必要はありません。GoRecruitシステムの候補者の認可直後に詳細情報を取得します。 このアプローチは、欠員へのアクセスをよりオープンにし、人的ミスを排除し、日常業務を最適化することによってHRサービスのコストを削減します。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
GRT
最低目標
2,000,000 USD
最高目標
12,500,000 USD
初回価格
3.0000 USD
トークン供給数
5,379,167
公式サイトへ Owner of GoRecruit?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, Fiat
供給率65%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-sale - 20%
  • Public sale - 15%

概要

求職者を評価する新しい方法を提供します。 GoRecruitの人工知能システムは、便利なオンラインサービスであり、ソーシャルネットワークや一般に公開されているソースからのデータ分析に基づいて人事考課を行うことができます。 応募者をインタビューの対象とするためには、データの処理と分析に数時間を費やす必要はありません.GoRecruitシステムの候補者の認可直後に詳細情報を取得します。 このアプローチは、欠員へのアクセスをよりオープンにし、人的ミスを排除し、日常業務を最適化することによってHRサービスのコストを削減します。

チーム すべてを見る

Alexander Barabash
Alexander Barabash
CEO, Co-Founder
Souheil Zakkar
Souheil Zakkar
Head of Sales, Co-Founder
Vitaliy Volnyanskiy
Vitaliy Volnyanskiy
CPO, Co-Founder
Mikhail Gradoboev
Mikhail Gradoboev
CTO, Co-Founder
Pavel Ryabov
Pavel Ryabov
CMO
Evgeniy Belousov
Evgeniy Belousov
Back-end/blockchain developer

人気STO/ICO記事

  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・
  • 米長官、リブラや暗号資産に「深刻な懸念」 - 米政府の暗号資産に対する立場を分かりやすく整理

    トランプ大統領は11日、ツイッターを通じリブラや暗号資産に関して「信頼できない」と述べ、銀行と同様の厳しい規制を設けるべきだとトランプ氏の発言に加えて、ムニューシン米財務長官は15日、緊急記者会見を通じて、Facebookが計画している「リブラ」に関してマネーロンダリングやテロリストへの資金供与に悪用される可能性が強い「深刻な懸念を持っている」と話すと共に米国の暗号資産に対する立場を公式に表明した。<ins></ins>1. 米、政府は暗号資産が裏で運用されることを防止するために、米国の銀行に暗号資産関連規制を遵守することを要求する。2. 現在、デジタル資産に関する部署が設立され運営されてい
  • 【7/16】世界ニュースまとめ - BinanceがKRWベースのステーブルコイン発行可能性、Bitmain社、マイニングマシンのメンテナンス認定コースを正式にリリースなど

    ブロックチェーンメディアCoindesk Koreaが世界最大暗号資産取引所バイナンスが正式に韓国市場に進出する予定であると16日報道した。また、この報道と同時に、韓国現地通貨であるウォンでのステーブルコインの発行も予想されると報じた。同メディアによるとバイナンスは「Binance LLC」という商号で5月16日、韓国で登記を済ませた。Binance LLCの理事はブロックチェーンフィンテック企業の(BXB Inc.)のカン・ジホ氏でBXB社は韓国で最初にステーブルコインを発行した企業。こういった背景のある企業との協業が予想されることやバイナンスのCFOが以前、ほかの法定通貨と連動されたステー