Global Property Register - グローバル物件登録

Global Property Registerは、その種の最初のものです - 先進国と発展途上国の両方をカバーする世界的な登録簿と資産交換。 GPRは、全世界で対象とされていない(価値が約20兆ドル)推定45億人の人々に所有権の証明を提供し、不動産および金融市場につなげます。 人工知能を利用した追加の分析ソリューションとツールは、財産所有者がより賢明な決断を下すことを可能にします。 私たちのビジョンは、すべての人が利用できる(そしてすべての人がアクセスできる)新しい種類のソーシャルネットワークを通じて世界の人口を教育することです。 私たちは世界中の金融包摂のために戦う。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
XRX
開始日時
2019-03-07
終了日時
2019-12-01
最低目標
2,500,000 USD
最高目標
25,000,000 USD
初回価格
0.0050 USD
トークン供給数
2,500,000,000
公式サイトへ Owner of Global Property Register?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

XRXトークンは、不動産業界のベンチマークとなるブランドの作成、不動産登録からの不正行為の排除、不動産の活用方法と金融市場へのアクセスの獲得に関する透明性の実現を目的としたブロックチェーンおよび暗号通貨プロジェクトです。 ブロックチェーンの助けを借りて、そして偉大なグローバル不動産登記簿に投資し、彼らの投資に対する報酬を得るための人々のためのツールを作成します。

チーム

Greg Pwol
Greg Pwol
CEO and CTO
Victor Mbotor Elemi
Victor Mbotor Elemi
CMO - Chief Marketing Manager
Choji Tosanwumi Pwol
Choji Tosanwumi Pwol
CDO - Chief Development Officer
Li Yang
Li Yang
Senior Lecturer, Advisor CPF

人気STO/ICO記事

  • 韓国で仮想通貨取引所は認可制になるか・・STOの合法化も視野に

    18日韓国国会によると、韓国の第一野党「自由韓国党」は来年、4月の選挙に向けて22日、国民報告大会を開き、議員と民間専門家らが作った政策報告書(公約)を発表する予定だ。自由韓国党の公約の核心的な内容は韓国における「仮想通貨規制の不確実性」をなくすことだ。現在の韓国政府はブロックチェーン技術は育て、仮想通貨は厳しく規制する立場をとっているが、自由韓国党はブロックチェーンと仮想通貨は切り離せないもので、投資家の保護を前提に仮想通貨産業全般を合法化する必要があると主張している。ブロックチェーン基盤の証券型トークン(STO)などの合法化も目指す。そして、「与党・野党」は仮想通貨取引所を政府が認可する
  • 【ビットコインを無料で貰おう】楽天カード期間限定キャンペーン開催中!

    ビットコイン欲しい!でも、、、原資が・・・という方に朗報です!無料でビットコインを稼げるお小遣いサイトで、を新規発行すると、ビットコインがゲットすることができます。しかも、今なら期間限定のを実施中です!コインポインを経由して、楽天カード新規発行をするだけで、をゲットすることができるんです!さらに!楽天カード自体も、ご新規様限定のポイント還元キャンペーンをおこなっています!楽天カードをまだお持ちでない方、楽天カードが欲しかった!という方は、この機会に、ビットコインとポイントをWドリしませんか?楽天カードを発行するとをGETすることができます。通常は840円相当の報酬還元となっています
  • 人口、約6万人のマーシャル諸島が独自の仮想通貨を発行か・・通貨名はSOV

    太平洋に位置する人口、約6万人の島国マーシャル諸島共和国が独自の仮想通貨を発行すると発表した。12日、ブルームバーグ通信によると、マーシャル諸島共和国の環境大臣であるデイビッド・ポール大臣は11日、シンガポールで開かれた仮想通貨カンファランスで「ブロックチェーン技術を用いたマーシャル諸島の独自の仮想通貨「マーシャルソブリン(SOV)」の発行を推進していることを明らかにした。現在、マーシャル諸島は自国の通貨がなく、米国のドルを法定通貨として使っている。ポール大臣は米国の経済依存度を減らす適切な時期であると判断したと述べた。また、マーシャル諸島の国民は最初に発行されるSOVの10%を、平等にもらえ