FundFantasy - ブロックチェーン技術を搭載し、金融愛好家のための最初の証明可能な公正ファンタジーゲームのプラットフォーム

当社のプラットフォームは信用が必要ない透明なゲームを可能にするため、オンライン取引とオンラインゲーム/賭博市場の両方でよく知られている問題に対する自然な解決策です。 年配のスポーツ賭博産業がデイリーファンタジースポーツの登場によって革命を起こしたとき、人々は良いアイデアが世界を変えることができるという事実を思い出しました。 これはまさにFundFantasyがオンライン取引市場にしようとしていることです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
FUNDZ
開始日時
2018-01-25
終了日時
2018-02-25
トークン供給数
60,000,000
公式サイトへ Owner of FundFantasy?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率75%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • First 8 hours - 25%
  • Next 24 hours - 15%
  • Rest of first week - 10%

概要

FundFantasyは、ユーザーが究極のポートフォリオを作り上げて賞を競う、財務ファンタジーコンテストプラットフォームです。 直感的なゲームプレイとブロックチェーンベースの技術のおかげで、私たちのプラットフォームで遊ぶことは楽しくて安全です。

コンテストを選ぶ

さまざまなコンテストから選べます:対戦、乗数、勝者 - テイクオール。 トップヘビーコンテストは、優勝者に多額の賞品が贈られるようにします。 コンテストの時間は異なり、1時間から1ヶ月までの範囲があります。 無料コンテストもご利用いただけます。

ポートフォリオを作成する

ユーザーは、株式、コモディティ、仮想通貨、伝統通貨などのさまざまな資産クラスから資産を選択することができます。 投資する金額を選択し、単純に価格の方向を選択します。

大賞を獲得

FundFantasyプラットフォームはFundTokens(FUNDZ) - FundFantasy支払い通貨を使用して実行されます。 FUNDZはまた、BTC、ETHなどの他の通貨で払い出すコンテストへのエントリーチケットを購入するためにも使用できます。

チーム すべてを見る

Tal Zander
Tal Zander
CEO / Co-Founder
Daniel Vaisman
Daniel Vaisman
COO / Co-Founder
Tzahi Kanza
Tzahi Kanza
CFO
Asaf Yosifov
Asaf Yosifov
CTO
Avri Rotem
Avri Rotem
CMO
Or Reznik
Or Reznik
Business Development

人気STO/ICO記事

  • Liquid取引所のメリットをすべて解説!銘柄、手数料などについて

    ✅ 【便利】流動性が高いため、注文が通りやすい!Liquidは世界中の注文を一つのオーダーブックに集約させて流動性が乏しい通貨ペアーも注文が通りやすいです。✅ 【信頼】運営資金が豊富で何かあっても安心2017年11月にICO(資金調達)を行い、112億円の調達に成功。その後にも莫大な資金調達に成功し、2019年4月3日には「ユニコーン企業」になったと公表されています。日本のスタートアップ企業では、"メリカリ"に次く2社目の「ユニコーン企業」で、とてもしっかりしている企業です。✅ 【安心】国内最高レベルのセキュリティー体制顧客資産をオンラインから切り離したコールドウォレットで100%管理しており
  • 韓国の大手芸能事務所SMエンターテインメント、独自のブロックチェーンプラットフォームを開発か

    韓国現地メディアによると、韓国の大手芸能事務所SMエンターテインメント(BoA、東方神起、少女時代などを生みだした芸能事務所)が昨日、韓国で開かれた「Upbit開発者カンファレンス」で独自のブロックチェーンプラットフォームをリリースする計画があることを発表した。SMエンターテインメントはブロックチェーンが「仮想の世界」と「実物の世界」をつなぐいい道具として役割を果たすことができると判断した説明した。また、アーティストとファンがウィンウィン(win-win)できるモデルを作るために最善を尽くすと述べた。SMエンターテインメントの関係者は「ブロックチェーン事業を一緒にやっていく協力会社と話を進めて
  • みずほ銀行のスマホ決済「Jコイン」、テスト用システムに不正アクセス発覚・・BTC要求か

    日本経済新聞の報道によると、みずほ銀行は9月4日、決済・送金サービス「J-Coin Pay」(Jコイン)の加盟店管理に関わるテスト用システムに不正アクセスがあったと発表した。27日に加盟店データが不正アクセスしたものにより、削除され代わりに仮想通貨のビットコイン(BTC)を要求する文言が残されていたとのこと。みずほ銀行は、加盟店の情報が流出した可能性があるが、ユーザー情報などに影響はないと説明した。<ins></ins> Jコインの加盟店である法人(7,930 件)、および法人代表者、窓口連絡担当者等の個人(10,539 件)の情報、ならびに J コインに参画いただいている一部金融機関名(32