Fishcoin - 世界の水産物業界のためのデータ生態系

Fishcoinは、サプライチェーン関係者に、収穫時点から消費地点までのデータを共有するよう促します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
FISH
開始日時
2018-10-31
終了日時
2018-11-30
最高目標
40,000 ETH
初回価格
1 FISH = 0.00002898550725 ETH
トークン供給数
5,000,000,000
公式サイトへ Owner of Fishcoin?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, Fiat
供給率40%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

水産物業界に向けた、ブロック・チェインベースのトレーサビリティー

大部分の水産物サプライ・チェインの分断性に対応するため、独立した業界の利害関係者が共通のプロトコールを使うブロックチェインの力で、信頼性があり、透明で安全なデータにできるよう、フィッシュコインは1対1のネットワークとしてデザインされました。

データ共有を誘引するERC20互換性トークン

サプライチェインでは買手から売手へのトークンが移動し、それにより、データ獲得と通信に特別な努力を払った者を褒賞することになります。こうして、トレーサビリティー(追跡可能性)からもっとも恩恵を受けるホテル、レストラン、小売商などの下流の行為者に経済的負担が移行します。

業界変革への生態系アプローチ

多くのブロックチェインの取り組みとは異なり、フィッシュコインは中央企業もしくは法人をベースにしません。その代わりに、企業の生態系や第3者の開発者がネットワークに価値を加えることで恩恵を受けることができるよう、データ獲得を動機づけした分散化生態系としてデザインされています。

チーム すべてを見る

Mark Kaplan
Mark Kaplan
Global VP of Sustainable Solutions at Unilever
Alistair Douglas
Alistair Douglas
Founder, Partner at Eachmile Technologies
Alastair Smart
Alastair Smart
MSc Partner at Eachmile Technologies
Jayson Berryhill
Jayson Berryhill
Partner at Eachmile Technologies
Cory Peet
Cory Peet
Partner at Eachmile Technologies
Vytautas Kašėta
Vytautas Kašėta
Social Engineer, Crypto-ecosystem and Blockchain Analyst

人気STO/ICO記事

  • 新規ウォッチリストを追加する方法

    コイン相場ユーザーの皆様はウォッチリストを分けて使っていますか?私も長い間「お気に入り」というウォッチリストだけを使っていましたが、社内のほかの方々の使い方を見て色々と工夫してみたら、仮想通貨の管理がとても楽になりました。この経験から、新規ウォッチリストを追加する方法をぜひ皆様に共有したいと思い今回の記事を作成いたします。皆様も本記事を参考に新規ウォッチリストの追加して、仮想通貨の管理を最大に効率化してください。<ins></ins><ins></ins>以上、コイン相場アプリの新規ウォッチリストを追加する方法でした。使い方によっては仮想通貨の投資がとても楽になる機能です!色々とお試しください
  • プラストークン、BTCを大量売りか・・BTC低迷の1つの原因かもしれない

    暗号資産メディアCointelegraphによると、暗号資産投資会社プリミティブ·ベンチャーズの創業メンバーであるDovey Wan氏がポンジ詐欺プロジェクトのプラストークン集団が少なくとも20万BTC(約2120億円)を集めたとを通じて述べたことが分かった。また、同氏はセキュリティ監査会社Peckshieldの分析資料を引用し、約1,000BTC以上がBittrexとHuobiなどに流れ、7月の上旬から売りが始まっていたと主張している。<ins></ins>Wan氏によると、2ヶ月ほど前にプラストークン組織の一部は警察に捕まったが、騙し取った仮想通貨はウォレットのカギを持っているすべての人
  • Aeron2周年記念: CryptoBonusMilesが一般に普及、Aeron Gamesおよびその他のハイライト

    2年以上に渡り、Aeronは一般航空の安全性と利便性向上のためのソフト開発を成功させてきました。昨年は重要な出来事が非常に多く、中でも一般航空の安全性を強化するAeron Pilotアプリケーションの新規リリースや、大半の国際的な航空会社によるロイヤルティプログラムを統合し、利用者がフライト1マイルごとに暗号通貨報酬を獲得できるCryptoBonusMilesのローンチなどは特に大きなものでした。また、Aeron(ARN)トークンの利用例の拡充にも大きな進展が見られ、ARNのBinance Chainへのマイグレーション、主要なEOS取引所への上場によるEOSエコシステムへの統合などを行いまし