EndChain - すべての市場とサプライチェーンの完全な物流ソリューション

EndChainは、ブロックチェーンの大量導入をすべての市場にもたらすことに重点を置いている特許出願中のブロックチェーンユーティリティ企業です。 当社の特許申請中のQRとバーコードの組み合わせにより、EndChainはこの市場において2つの明確な利点、すなわち統合と価格を持つことができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ENCN
開始日時
2018-12-01
終了日時
2019-04-30
最低目標
4,000,000 USD
最高目標
15,000,000 USD
初回価格
0.2400 USD
トークン供給数
74,567,312
公式サイトへ Owner of EndChain?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, BCH, LTC
供給率55%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Round 1 - 50%
  • Round 2 - 35%
  • Round 3 - 20%
  • Round 4 - 10%
  • Round 5 - 5x giveaways, 40,000 each

概要

ブロックチェーンの最強のケースは、物流や輸送に使用されることに疑いはありません。これは、一般的に認められているブロックチェインの観点によるものです。トランザクションの安全で透明的な監視を可能にします。その中核となる物流は、製品を原料から消費者につなぐ一連の取引です。したがって、ブロックチェーンの特徴は、最新のサプライチェーンに革命をもたらす力を持っています。    この技術の影響は、世界GDPの約13%を生み出す物流および輸送管理業界を変革する可能性があるため、控えめではありません。ブロックチェーンの助けを借りて、コミュニケーションと国境管理が改善され、世界経済フォーラムではさらに1兆ドルの世界貿易が発生する可能性があります。    ブロックチェインは、技術的に進歩した価値移転の方法として、最初に人気が高まった。現在、同じ基礎をなす技術は、物品の移送方法を大きく変化させる能力を持っています。現代のロジスティクス問題のブロックチェーンソリューションを作ろうとしている企業もありますが、今日では完全なソリューションは存在しません。現在のオプションは、高価なRFIDチップや消費者のインプットへの依存度を重視しています。 EndChainは、製造業者から企業、顧客、代理店まで、物流チェーン全体に重点を置いています。EndChainの目標はサプライチェーンのすべての業界で使いやすいブロックチェーンを1つ提供することによって、ロジスティック業界が必要とするブロックチェーンソリューションになることです。    EndChainの目的は、分散型、オープンプロトコル、ユーティリティーを通じて物流業界を崩壊することです。目標は、信頼関係が問題ではない取引を容易にナビゲートするために、プロデューサー、運送会社、フォワーダーおよびその他の関係者を簡単に接続することです。これにより、セキュリティ、透明性、トレーサビリティを向上させながら、商品のシームレスな交換が可能になります。

チーム すべてを見る

Aaron Perkowitz
Aaron Perkowitz
CEO
Pierre Angot
Pierre Angot
CTO
Felix Engelhardt
Felix Engelhardt
Business Development
Felix Becquart
Felix Becquart
Progressive Web App Expert
Eileen Chen
Eileen Chen
VP Logistics
Runtian Lu (John)
Runtian Lu (John)
RUNTIAN LU (JOHN) Lead Engineer

人気STO/ICO記事

  • CoincheckがIEOを事業を検討・・決済型のICOのみが対象

    累積188万人のユーザーを保有している国内最大級の仮想通貨取引所CoincheckがIEO事業を検討することを22日、公式ホームページを通じ発表した。IEOの対象となるプロジェクトはこれまで資金調達を行っていなかったプロジェクトで資金決済に関する法律の適用対象となるユーティリティ・トークンを用いた資金調達ICOのみに制限される。金融商品取引法の適用対象となるセキュリティ・トークンを活用した資金調達(収益分配型ICO/STO)は対象にならない。IEOとはInitial Exchange Offeringの略で、暗号資産を取引所を通じ公開(Initial)、販売・提供(Offering)し、資金調
  • LINE、LINKの新しいホワイトペーパーを公開

    coindeskの報道によるとLINEは4日、ブロックチェーンプロジェクト「リンク(LINK)」の具体的なトークンエコノミーの方向を説明した新しいホワイトペーパーを公開した。ホワイトペーパーで注目すべきところはトークン発行に関する内容で、LINKトークンの発行数量は3年間最大1億枚に制限される。その後からは全体のネットワークの成長スピードに合わせてトークンが発行される予定だ。発行されたトークンはLINKチェーンネットワークに参加するdAppに配分されることになる。配分作業はLINKチェーンのトークン配分システムである「ルーカス(Lucas)」によって行われる。各dAppに配分されるトークンの数
  • bitbank(ビットバンク)のおすすめ理由を解説!セキュリティーが堅牢で銘柄が豊富なbitbankで口座を開いてみよう

    ✅ 【お得】取引すればするほどおトク!メイカー取引はマイナス手数料新しい価格を指値で頻繁に取引を行うトレーダーには最適の取引所!なんと、メイカー取引の手数料が-0.02%で取引をすればするほどおトク!※メイカー(Maker)とは、板にない価格を作ることをいいます。✅ 【安心】セキュリティーが堅牢暗号資産取引所の分析企業CERによると、ビットバンクのセキュリティー体制は日本一、物理的な方法からの盗難や内部犯行の対策として秘密鍵が一つではなく、複数に分割された「マルチシグ」で管理✅ 【便利】アプリが使いやすく、UIが洗練されている24時間休まない仮想通貨市場では必ずスマホでの対応が必要な場合が多い