East2 - 航空会社と忠実な旅行者に対する報酬の力を解き放つ

East2は、以前に(EB2として)米国のダラスにあるSabre Inc.が買収した洗練された独自の航空会社インターネット予約エンジンを開発し、今日も世界中の航空会社のオンライン予約システムを動かし続けている航空会社および旅行技術の専門知識を有する会社です。 ブロックチェーン、スマートコントラクト、EDOSなどの新技術と提携して、航空会社の専門知識を活かして、East2は長年にわたる航空マイレージプログラムのモデルを崩壊させ、変化させ、航空会社および航空会社の利用者に利益をもたらす新しい旅行ロイヤルティエコシステムを生み出しました。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
EDOS
開始日時
2019-02-01
終了日時
2019-05-31
最低目標
2,000,000 USD
最高目標
16,000,000 USD
初回価格
0.0023 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of East2?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

EDOS - 旅行者にとっての利点:

  • EDOSはどのフライトにも交換できます。
  • EDOSは期限切れになりません。
  • EDOSは制限なく売買することができます。
  • EDOSボーナスリワードは、アクションプロジェクトを通して獲得することができます。
  • EDOSは価値を保持し、供給量が限られているため非インフレです。
  • EDOSのエコシステムはより関連性の高い旅行商品やサービスを提供します。
  • EDOSはほぼ即座に授与され、償還可能です。
  • EDOSは、より良い旅行者体験を促進します。

EDOS - 航空会社にとっての利点:

  • マイレージプログラムのロイヤルティを強化します。
  • 意味のあるエンゲージメントと認識を生み出します。
  • EDOSの柔軟な性質により、負債を削減します。
  • マイレージプログラムの消費者行動に関するこれまでにない洞察
  • エンドツーエンドの旅行者の可視性と意図。
  • キュレーション製品の提供を提供する能力。 *「ブラックアウト」引き換え旅行期間はありません。
  • 複雑な引き換えの規則や制限はありません。
  • 新たな補助収入を生み出します。
  • 運用コスト、構造、およびプロセスを削減します。

チーム すべてを見る

Stephen Bartlett-Bragg
Stephen Bartlett-Bragg
Co-Founder and Executive Director Commercial
John Edginton
John Edginton
Co-Founder and Executive Director Operations
Laurence Leung
Laurence Leung
General Manager Asia
David Leek
David Leek
Senior Director Airline Consulting
David Turton
David Turton
CTO and Technology Lead
Tomasz Korwin-Gajkowski
Tomasz Korwin-Gajkowski
Chief Blockchain Lead

人気STO/ICO記事

  • 【特典Wドリ】キャンペーンでウェルスナビにお得に登録する方法!副業・資産運用

    ウェルスナビを始めたいと思っているが、まだ、初回登録が済んでいない方はラッキーです!こういったサービスを少しでもお得に申し込む為には、キャンペーンを上手に活用することが大切ですが、ちょうど今、ウェルスナビは、お得な夏のキャンペーンを開催しており、コインポインを利用することで、さらにお得に特典をWドリすることができるんです!当記事では、ウェルスナビを少しでもお得に登録する為の方法をご紹介いたします。この2つのキャンペーンで条件をクリアすれば最低でも5500円相当の特典、最高で10万4500円相当の特典を獲得することができます。コインポイン経由で登録し、10万円入金とリスク許容度の設定を行えば、最
  • 【7/10】世界ニュースまとめ - シンガポール、仮想通貨決済の消費税免除草案を公開、イランの中央銀行関係者、仮想通貨の売買は違法

    シンガポールの内国歳入庁(IRAS)は、7月5日仮想通貨の税金制度に関する新しい草案を公開した。この草案には決済手段としての暗号資産に対し、デジタルペイメントトークンと呼ばれる新しい分類に振り分け、消費税を免除するとされている。現在、シンガポールでは暗号資産を使い商品を購入した場合「所得税+消費税7%」の商品サービス税が課せられている。今回公開された草案にはビットコインなどを対象にし、ステーブルコインは該当しないことから仮想通貨だけを活性化させる狙いを持っているのではないかと分析されている。参照元:参照元:<ins></ins>イラン中央銀行の新技術担当副総裁が地元ニュース「タスニムニュー
  • Coincheck、7月16日よりお客様情報の追加登録を実施 - 仮想通貨交換業協会の自主規制規則に基く措置

    暗号資産取引所、Coincheck社は7/9日、午後13時頃公式ブログ及びツイッターを通じ、一般社団法人日本仮想通貨交換業協会の自主規制規則に基づき、2019年7月16日よりお客様情報の追加登録を実施することを公表した。<ins></ins>個人のお客様:2019年7月16日〜2019年8月29日 法人のお客様:2019年7月下旬以降1. 国籍や職業などの属性情報2. 資産に関する情報3. お取引に関する情報 など参照元:<ins></ins>・・・・・