Dominium - ブロックチェーン上の財産

非集権型、規制された不動産ファイナンス、リスティング、不動産管理向けプラットフォーム

ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
DOM
開始日時
2018-09-03
終了日時
2018-12-31
最低目標
2,800,000 USD
最高目標
17,500,000 USD
初回価格
1 DOM = 0.25 EUR
トークン供給数
500,000,000
公式サイトへ Owner of Dominium?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームOTHERS
タイプOTHERS
参加可能通貨EUR, BTC, BCH, LTC, ETH, BNB, ARDR, IGNIS
供給率70%
KYCKYC
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

我々ドミニウムは、不動産業界において1833年から経験のあるスペシャリスト集団によって創設されました。資産ポートフォリオ作成、ファンディングや開発によって億単位のユーロ価値のある資産を運用しています。我々は2012年からブロックチェーン技術に着目しており、ドミニウムプラットフォームの初期開発費用を自社で賄うことに成功しました。更に、創設者の企業が所有する不動産資産数百ユーロ分をドミニウムに譲渡して、 当社の資本、専門知識および不動産をドミニウムに委託しています。

ドミニウムは、不動産市場における弱点を見極めた上で、既存または将来的な企業のサービス向上ツールとして、業界のプロたちによって開発されました。ドミニウムは、第三世代のブロックチェーン技術を使用して、世界で最も確立されているものの時代遅れの業界を近代化し、不動産ファンディング向けの規制文書を標準化し、ブロックチェーン上にアセットのリスト、不動産販売、賃貸そして管理まで網羅する国際的なプラットフォームとなっています。

チーム すべてを見る

Acco Van Herwaarden
Acco Van Herwaarden
Compliance Advisor
Maarten Dirks Msc
Maarten Dirks Msc
Blockchain Advisor
Paula Ruffell Msc
Paula Ruffell Msc
Legal Advisor
Gudo Thijssen
Gudo Thijssen
Marketing Advisor
Joost De Kruiff
Joost De Kruiff
Blockchain Advisor
Jurian Van Groenendaal
Jurian Van Groenendaal
Legal Advisor Netherlands

人気ICO記事

  • コミケ95に参加されるサークルの皆様へ|仮想通貨決済を導入しませんか?

    気づけば11月も終盤になり、あっという間に年末ですね。年末といえば?はい。コミケですね。一応ピンと来ない方に概要をお伝えすると。東京ビッグサイトで開催される"オタクの祭典"・コミックマーケット、通称"コミケ"。毎回、50万人以上が駆けつける、熱量高いイベントです。今年の夏に開催されたコミックマーケット94は酷暑にも関わらず来場者数は53万人で、経済効果は180億円あるのだとか・・・。▼コミックマーケット95参加サークル34,850って、半端ないですね。コミケに負けじ劣らじの熱量があった?ビットコイン。昨年末と比較すると、現在は市場も落ち着き、「ビットコインおわた」なんて声も囁かれる昨今ですが、
  • 世界初の投資家たちとともに作った仮想通貨取引所 : ビットニア

    既存の取引所が公開しようとしない部分まで公開し"最高の透明性"を目標に登場した新規仮想通貨取引所ビットニア (BTCNIA)ビットニアは最初から格別です。 1年以上、仮想通貨コミュニティを運営してきたTEAM KCSは開発段階から企画やコンセプトを公開し、コミュニケーションを通じてコミュニティと共に作り出した取引所です。 取引所運営のすべての部分を隠さず投資家に公開するという点で独自性を強調し、非倫理的で不道徳な経営で崩壊しつつある仮想通貨市場を正すという彼らの切実な願いを込めて作りました。 彼らの取引所トークンであるニア (NIA) は従来のICOになかったボーナスオークション方式で進められ
  • HIVEHack 〜君ならブロックチェーンで世界をどう変える?〜

    イベントURL 今、急速に成長しているブロックチェーン市場…ブロックチェーンが既存のビジネスやボランティア、様々な枠組みに与える影響はとても大きい。最近になってようやくブロックチェーンが話題となり具体的なユースケースなどが考え始められてきた。しかし、ユースケースを考えるだけではなく、実際にコードベースで動くプロダクトはまだまだ出て来ていない。そこで、地理的にも日本の中心に位置するここ大阪に様々な豪華なゲストとともに日本中のブロックチェーンエンジニアを集結させ今までにない規模のハッカソンを開催する。日本のブロックチェーン業界を技術的に牽引しているリーダー達をゲストにお迎えしてブロックチェーンと