DEXA Coin - グローバル送金&インスタントメッセージングアプリ

世界中で送受金する方法を簡素化すると同時に、組み込みの「ソーシャルメッセージング機能」を使用して人々が互いに通信できるようにする革新的なAPP。 Dexa Coinの主な目標は、スマートフォンデバイスを操作できる人なら誰でも簡単にアクセスできるようにして、送受金のプロセスをより速く、より安全にすることです。 これまでにない送金と両替を促進するのに役立つブロックチェーン技術の力を活用することによって実現されます。 ミドルマンを排除し、ブロックチェーンをコアテクノロジーとして使用することで、プロセス全体を簡素化し、費用効果の高い資金移動方法を提供します。 APPのその他の機能には、NFCおよびQRコード支払いテクノロジーを使用して、コーヒーまたはディナーの料金を支払うことができるインスタント支払いが含まれます。 APPは、ユーザーがクレジットカードに接続できるようにします(例:Visa / Master Card)。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
DEXA
開始日時
2019-09-04
終了日時
2019-10-16
最低目標
400,000 USD
最高目標
2,300,000 USD
初回価格
0.0001 USD
トークン供給数
50,000,000,000
公式サイトへ Owner of DEXA Coin?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, USDT, XRP, PROB
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    DEXA COINの背後にあるアイデアは、ブロックチェーンテクノロジーの力を活用して、世界中で受信金する方法を簡素化することです。アプリは簡単、ユーザーフレンドリー、安全に設計されているため、スマートフォンデバイスの使用に精通している人なら誰でも簡単に行うことができます。現在のシステムでは、送金は不便で、費用も時間もかかります。ただし、これをかわるつもりです。私たちは、ユーザーが世界中のどこにいてもわずかな費用で簡単かつ費用対効果の高い送金を行えるシステムを作成しています。

    アプリの革新的な「ソーシャルメッセージング機能」により、ユーザーは送金先の人々と通信できるだけでなく、友人や家族との交流にも使用できます。 アプリのその他の機能には、ユーザーがNFCおよびQRコード支払いテクノロジーを使用してコーヒーまたはディナーの料金を支払うことができるインスタント支払いが含まれます。 アプリは、ユーザーがクレジットカードに接続できるようにします(例:Visa / Master Card)。

    プロジェクトの後半の段階で、Dexa Coinは、銀行口座を持っていない人にとって有益なブランドのプリペイドカードを実装することにより、新しい市場へのグローバルなリーチを拡大する予定です。ユーザーはこのカードを申請して、世界中の多くの都市で買い物、支払い、引き出しに使用できます。

    チーム すべてを見る

    Adnan Altaf
    Adnan Altaf
    Chief Executive Officer
    Thomas Forsch
    Thomas Forsch
    Chief Legal Officer
    Emanuil Pavlov
    Emanuil Pavlov
    Business Development Manager
    Perry Whang
    Perry Whang
    Corporate Finance & Token Asset Manager
    Jill Foster
    Jill Foster
    Senior PR & Marketing Manager
    Stivan Pinto
    Stivan Pinto
    Senior Operations & Digital Marketing Manager

    人気STO/ICO記事

    • 中国のニュースで「バイナンスの上海事務所閉鎖」について集中報道・・支社ではなく外注チーム

      上海の代表的な地域放送「东方卫视」が25日、ニュース番組を通じ、バイナンスの上海事務所閉鎖に関する特集を報道した。報道で、リポーターが直接バイナンスの上海事務所として知られている場所を訪問した結果、事務所は閉鎖され社員が既に撤収した状態であることが確認できた。事務所の閉鎖は最近、当局の仮想通貨企業を対象にした取り締まりが原因と考えられる。しかし、同メディアは閉鎖されたバイナンスの上海事務所は支社ではなく、「外注チーム」で顧客応対担当や少数の開発者で構成されていたと伝えた。また、この事務所の人力を採用するプロセスでブロックチェーンメディア「BABI财经」という法人名が使われていたことも分かった。
    • Coincheck(コインチェック)レバレッジ取引サービス終了へ

      マネックスグループの子会社である仮想通貨取引所「コインチェック」が本日の13時に公式ホームページをを通じ、2020年3月13日(金)12:00を持って、レバレッジ取引のサービスを終了すると発表した。レバレッジ取引でポジションを持っているユーザーは期日までにレバレッジアカウントにおける日本円残高を取引アカウントへお振替えしておく必要がある。取引終了日:2020年3月13日(金)12:00取引アカウントへの残高振替期限:2020年3月末現在、レバレッジ取引の新規注文を停止しております。レバレッジ取引の取引履歴については、引き続き閲覧可能です。予定は予告なく変更となる場合がございます。取引終了日(予
    • 政府の規制に打ち勝つには?分散型国家を造ろう!

      ブロックチェーン技術は、世界中で多くの人々によって政府認可の中央集権に対する著しい打撃と見られています。ですが、私たちの現在の生活の変える無限の潜在力を持つ故に、政府はそれを脅威と認識しています。各国政府は、仮想通貨を従来の貨幣制度への挑戦と見ているのです。仲介業者を排除することができる仮想通貨は、政府の権力を揺るがしかねない存在となりえます。代表的な例が、インドです。インドの中央銀行であるインド準備銀行は、仮想通貨につながる全ての口座へのするよう全銀行に指示しました。これにより、多数のプロジェクトおよび仮想通貨交換所が閉鎖に至りました。中国は資金調達手段としてのし、また仮想通貨の厳しい規