Cointorox - あなたのデジタル貯金箱

Cointoroxは、ユーザーが簡単に暗号通貨の世界に飛び込むことを可能にするデジタル貯金箱です。 ユーザーが「貯蓄パッケージ」を毎月または一回限りの支払いとして購入するたびに、貯蓄は自動的に変換され、暗号通貨として保存されます。 ユーザーは米ドルまたはコイン(ウォレットの秘密鍵としてエクスポートされた)で貯金を引き出すことができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
OROX
最高目標
17,500 ETH
初回価格
0.5230 USD
トークン供給数
7,000,000
公式サイトへ Owner of Cointorox?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ロックイン機能:ユーザーはOROXでロックイン機能を購入することで30日間、資金をロックすることができます。この機能は、ユーザーが自分の貯蓄を崩すのを防ぎ、アカウントを潜在的な盗難からさらに保護するために使用されます。

保険機能:ユーザーはOROXを使って保険機能を有効にすることができます。この機能は有効化されてから30日間持続し、いつでも再有効化できます。保険を有効にすることで、ユーザーが最初に貯金した米ドル金額は、法定通貨の引き出すに常に保証されます。つまり、ユーザーが自分のコインポートフォリオの値がどれだけ低くても、引き落としの時点で、ユーザーは「すべて売却してUSDを引き出す」と決めたときに、USDで貯金した同じ金額を取り戻すことになります。

すべて売却して米ドルを引き出す:ユーザーは自分のコインをすべて売って米ドルで貯金を引き出すことができます。ユーザーが自分のコインをすべて販売すると、交換時の正確な市場価格で変換されます。隠れた料金は一切なし。米ドルでの引き出しは銀行振込またはPayPalで行うことができ、手数料は3%です。 OROXは米ドルで変換および引き出すことはできません。ダッシュボードで利用可能なアプリ内交換を介して、OROXを他のユーザーと変換/交換する必要があります。

コインを引き出す:ユーザーはいつでもコインを引き出すことができます。コインの引き出し手数料は1.5%+標準TX手数料です。

チーム

Leon Yong Wan Song
Leon Yong Wan Song
Founder
Yogesh Padsals
Yogesh Padsals
Blockchain Developer
Jan Emil Christiansen
Jan Emil Christiansen
Community Manager
Debbie Hong
Debbie Hong
Visual Designer
Edward Mihir
Edward Mihir
Marketing Manager

人気STO/ICO記事

  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗