Cointorox - あなたのデジタル貯金箱

Cointoroxは、ユーザーが簡単に暗号通貨の世界に飛び込むことを可能にするデジタル貯金箱です。 ユーザーが「貯蓄パッケージ」を毎月または一回限りの支払いとして購入するたびに、貯蓄は自動的に変換され、暗号通貨として保存されます。 ユーザーは米ドルまたはコイン(ウォレットの秘密鍵としてエクスポートされた)で貯金を引き出すことができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
OROX
最高目標
17,500 ETH
初回価格
0.5230 USD
トークン供給数
7,000,000
公式サイトへ Owner of Cointorox?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ロックイン機能:ユーザーはOROXでロックイン機能を購入することで30日間、資金をロックすることができます。この機能は、ユーザーが自分の貯蓄を崩すのを防ぎ、アカウントを潜在的な盗難からさらに保護するために使用されます。

保険機能:ユーザーはOROXを使って保険機能を有効にすることができます。この機能は有効化されてから30日間持続し、いつでも再有効化できます。保険を有効にすることで、ユーザーが最初に貯金した米ドル金額は、法定通貨の引き出すに常に保証されます。つまり、ユーザーが自分のコインポートフォリオの値がどれだけ低くても、引き落としの時点で、ユーザーは「すべて売却してUSDを引き出す」と決めたときに、USDで貯金した同じ金額を取り戻すことになります。

すべて売却して米ドルを引き出す:ユーザーは自分のコインをすべて売って米ドルで貯金を引き出すことができます。ユーザーが自分のコインをすべて販売すると、交換時の正確な市場価格で変換されます。隠れた料金は一切なし。米ドルでの引き出しは銀行振込またはPayPalで行うことができ、手数料は3%です。 OROXは米ドルで変換および引き出すことはできません。ダッシュボードで利用可能なアプリ内交換を介して、OROXを他のユーザーと変換/交換する必要があります。

コインを引き出す:ユーザーはいつでもコインを引き出すことができます。コインの引き出し手数料は1.5%+標準TX手数料です。

チーム

Leon Yong Wan Song
Leon Yong Wan Song
Founder
Yogesh Padsals
Yogesh Padsals
Blockchain Developer
Jan Emil Christiansen
Jan Emil Christiansen
Community Manager
Debbie Hong
Debbie Hong
Visual Designer
Edward Mihir
Edward Mihir
Marketing Manager

人気STO/ICO記事

  • 【簡単】あなたにぴったりの仮想通貨取引所を診断!取引所診断ツールをコイン相場がリリース

    早速試してみたい方はから仮想通貨取引所は、特にここ最近増えて来ました。どの取引所を使えばいいのか、手数料を比較するのも数が多すぎて大変ですよね。面倒だから、今使っている取引所ばっかり使っている人も多いと思いますが、条件等も変わっている中で、本当に自分の投資スタイルに合っているのか自信がありますか?Googleで検索して、色んな記事を読んで比較してもどこが自分にあっているのか、どこがいいのか、さっぱり分からない。。取引所関連の記事はいっぱいあるけれど、アフィリエイト報酬が高い順で並んでいるだけという事も多いですよね。判断に困る、比較するのが手間だという方々のために国内最大の仮想通貨アプリ、コイ
  • LINE、LINKの新しいホワイトペーパーを公開

    coindeskの報道によるとLINEは4日、ブロックチェーンプロジェクト「リンク(LINK)」の具体的なトークンエコノミーの方向を説明した新しいホワイトペーパーを公開した。ホワイトペーパーで注目すべきところはトークン発行に関する内容で、LINKトークンの発行数量は3年間最大1億枚に制限される。その後からは全体のネットワークの成長スピードに合わせてトークンが発行される予定だ。発行されたトークンはLINKチェーンネットワークに参加するdAppに配分されることになる。配分作業はLINKチェーンのトークン配分システムである「ルーカス(Lucas)」によって行われる。各dAppに配分されるトークンの数
  • MACD(マックディー)とその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。MACDはチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。MACDは「Moving Average Convergence & Divergence」の略1979年にGerald Appelによって開発された指標です。日本語で表現しますと「移動平均線の収束&拡散」でさらに分かりやすく説明しますと「」という意味です。複数の移動平均線は離れたら(Divergence)