Cointorox - あなたのデジタル貯金箱

Cointoroxは、ユーザーが簡単に暗号通貨の世界に飛び込むことを可能にするデジタル貯金箱です。 ユーザーが「貯蓄パッケージ」を毎月または一回限りの支払いとして購入するたびに、貯蓄は自動的に変換され、暗号通貨として保存されます。 ユーザーは米ドルまたはコイン(ウォレットの秘密鍵としてエクスポートされた)で貯金を引き出すことができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
OROX
最高目標
17,500 ETH
初回価格
0.5230 USD
トークン供給数
7,000,000
公式サイトへ Owner of Cointorox?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ロックイン機能:ユーザーはOROXでロックイン機能を購入することで30日間、資金をロックすることができます。この機能は、ユーザーが自分の貯蓄を崩すのを防ぎ、アカウントを潜在的な盗難からさらに保護するために使用されます。

保険機能:ユーザーはOROXを使って保険機能を有効にすることができます。この機能は有効化されてから30日間持続し、いつでも再有効化できます。保険を有効にすることで、ユーザーが最初に貯金した米ドル金額は、法定通貨の引き出すに常に保証されます。つまり、ユーザーが自分のコインポートフォリオの値がどれだけ低くても、引き落としの時点で、ユーザーは「すべて売却してUSDを引き出す」と決めたときに、USDで貯金した同じ金額を取り戻すことになります。

すべて売却して米ドルを引き出す:ユーザーは自分のコインをすべて売って米ドルで貯金を引き出すことができます。ユーザーが自分のコインをすべて販売すると、交換時の正確な市場価格で変換されます。隠れた料金は一切なし。米ドルでの引き出しは銀行振込またはPayPalで行うことができ、手数料は3%です。 OROXは米ドルで変換および引き出すことはできません。ダッシュボードで利用可能なアプリ内交換を介して、OROXを他のユーザーと変換/交換する必要があります。

コインを引き出す:ユーザーはいつでもコインを引き出すことができます。コインの引き出し手数料は1.5%+標準TX手数料です。

チーム

Leon Yong Wan Song
Leon Yong Wan Song
Founder
Yogesh Padsals
Yogesh Padsals
Blockchain Developer
Jan Emil Christiansen
Jan Emil Christiansen
Community Manager
Debbie Hong
Debbie Hong
Visual Designer
Edward Mihir
Edward Mihir
Marketing Manager

人気STO/ICO記事

  • CoincheckがIEOを事業を検討・・決済型のICOのみが対象

    累積188万人のユーザーを保有している国内最大級の仮想通貨取引所CoincheckがIEO事業を検討することを22日、公式ホームページを通じ発表した。IEOの対象となるプロジェクトはこれまで資金調達を行っていなかったプロジェクトで資金決済に関する法律の適用対象となるユーティリティ・トークンを用いた資金調達ICOのみに制限される。金融商品取引法の適用対象となるセキュリティ・トークンを活用した資金調達(収益分配型ICO/STO)は対象にならない。IEOとはInitial Exchange Offeringの略で、暗号資産を取引所を通じ公開(Initial)、販売・提供(Offering)し、資金調
  • 一目で丸わかり!仮想通貨取引所ランキング |手数料徹底比較

    ★★★★★ 日本円入金 : 無料 ★★★★★ 日本円出金 : 無料 ★★★★☆ 取引所 : Maker:-0.01%、Taker:0.05% ★★★★☆ 販売所(スプレッド) : 低め ★★★☆☆ レバレッジ(ロング) : 0.04%/日 ★★★☆☆ レバレッジ(ショート) : 0.04%/日★★★★★ 送金(btc) : 無料 ★★★★★ 送金(主要アルト) : 無料 ★★★★★ 日本円入金 : 無料 ★★★★★ 日本円出金 : 無料    ーーーーー 取引所 : ー ★★★★☆ 販売所(スプレッド) : 低め ★★★☆☆ レバレッジ(ロング) : 0.04%/日
  • みずほ銀行のスマホ決済「Jコイン」、テスト用システムに不正アクセス発覚・・BTC要求か

    日本経済新聞の報道によると、みずほ銀行は9月4日、決済・送金サービス「J-Coin Pay」(Jコイン)の加盟店管理に関わるテスト用システムに不正アクセスがあったと発表した。27日に加盟店データが不正アクセスしたものにより、削除され代わりに仮想通貨のビットコイン(BTC)を要求する文言が残されていたとのこと。みずほ銀行は、加盟店の情報が流出した可能性があるが、ユーザー情報などに影響はないと説明した。<ins></ins> Jコインの加盟店である法人(7,930 件)、および法人代表者、窓口連絡担当者等の個人(10,539 件)の情報、ならびに J コインに参画いただいている一部金融機関名(32