Azbit - ブロックチェイン投資銀行

Azbitは、伝統の金融世界と仮想通貨世界を結びつけます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
AZ
開始日時
2018-10-01
終了日時
2019-01-31
最低目標
7,500,000 USD
最高目標
28,901,376 USD
初回価格
0.0001 USD
トークン供給数
240,844,800,000
公式サイトへ Owner of Azbit?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, LTC, Fiat
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Azbitは、暗号プロジェクトや個人ユーザーのための伝統的な金融サービスと、投資商品へのアクセスを提供します。

以下のサービスを提供します:ブロックチェーンのビジネスと個人のために:従来の法定銀行と金融サービス、および従来の株式や通貨市場での取引にアクセスできる仲介サービス。トレーダーと投資家のために:トレードコピー、ソーシャルトレーディング、ポートフォリオ管理などの最も一般的な仮想通貨投資ツールへの単一のプラットフォームによるアクセス。すべての暗号ユーザーに対して、証券トークン、ユーティリティトークン、セキュリティトークンのオンライン取引へのアクセス。この目的のため、ヨーロッパ、アジア、米国を含むすべての必要な管轄区域に登録され、規制される予定です。

プロジェクトは、以下のコンポーネントを備えています:銀行サービスと支払い処理。できるだけ多くの仮想通貨とユーティリティ/セキュリティトークンをサポートするマルチ通貨交換。投資プラットフォーム。 Azbit.ID安全な識別システム。

チーム すべてを見る

Max Zmitrovich
Max Zmitrovich
Chief Marketing Officer, Co-Founder
Alex Siow
Alex Siow
Enterprise Risk Manager
Lam Riki Pham
Lam Riki Pham
Head of Strategic Planning
Andy Yeo
Andy Yeo
Blockchain Lawyer, AML-specialist
Igor Kostyukovsky
Igor Kostyukovsky
Chief Technical Officer
Joachim Arthur Sorgho
Joachim Arthur Sorgho
Development (Project Manager)

人気STO/ICO記事

  • 一目で丸わかり!仮想通貨取引所ランキング |手数料徹底比較

    ★★★★★ 日本円入金 : 無料 ★★★★★ 日本円出金 : 無料 ★★★★☆ 取引所 : Maker:-0.01%、Taker:0.05% ★★★★☆ 販売所(スプレッド) : 低め ★★★☆☆ レバレッジ(ロング) : 0.04%/日 ★★★☆☆ レバレッジ(ショート) : 0.04%/日★★★★★ 送金(btc) : 無料 ★★★★★ 送金(主要アルト) : 無料 ★★★★★ 日本円入金 : 無料 ★★★★★ 日本円出金 : 無料    ーーーーー 取引所 : ー ★★★★☆ 販売所(スプレッド) : 低め ★★★☆☆ レバレッジ(ロング) : 0.04%/日
  • MACD(マックディー)とその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。MACDはチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。MACDは「Moving Average Convergence & Divergence」の略1979年にGerald Appelによって開発された指標です。日本語で表現しますと「移動平均線の収束&拡散」でさらに分かりやすく説明しますと「」という意味です。複数の移動平均線は離れたら(Divergence)
  • 【仮想通貨FXに最適】GMOコインのおすすめ理由を一挙解説!

     ビットレ君は、GMOコインが提供している仮想通貨レバレッジ取引のためのスマホアプリです。当アプリでは10種類のテクニカル指標を利用することができます。 リップルやイーサリアムなどのレバレッジを効かせた取引が可能。アルトコインを空売りすることができる数少ない取引所です。 親会社であるGMOインターネットワークから金融ビジネスノウハウや情報セキュリティ対策の施策をそのまま引き継いだGMOコイン。国際基準の情報セキュリティが適用されていると思われます。