われわれは、ビジネスとマーケットニュース、データ、分析を世界に発信する分散型経済のニュースプラットフォームです。 トークン発行会社に関する敏感な情報の開示のための預託機関として機能します。 当社のサービスは、オンラインテレビ、ラジオ、スクワークボックス、ニュースレター、ポッドキャストを介してスマホ、タブレット、コンピュータ上で動作します。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
NWS
開始日時
2018-03-14
終了日時
2018-04-17
初回価格
1 NWS = 0.1 USD
トークン供給数
125,000,000
公式サイトへ Owner of 2100NEWS ICO?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Crowdsale - 5%

概要

私たちは、ブロックチェーン技術を使用してニュースプラットフォームの第2ステージに登るための資金を調達しています。 2100NEWSは、トークン発行者、すべての暗号市場の問題に関するニュース、アナリストの報道に関するリアルタイムのデータおよび価格に敏感な情報を提供する、主要な暗号およびトークン市場のニュースハブです。

ボトムアップのシステムとして、ニュースを発行して世論を検証し、公開されたコンテンツの公開と賛否の投票(キュレーション)ができます。私たちはすでにICO上場のウェブサイトのトップ3に入っており、2018年末までに毎月4,000万ページビューと50万人のコミュニティメンバーに到達する予定です。

チーム

Grega Apat
Grega Apat
CEO, Co-founder
Matic Mlakar
Matic Mlakar
Chief of Sales, Co-founder
Urban Štamcar
Urban Štamcar
COO, Co-founder
Aleksandar Ivić
Aleksandar Ivić
Executive Producer
Boštjan Eržen
Boštjan Eržen
Radio Producer
Tomaž Pirc
Tomaž Pirc
Chief Technical Officer

人気ICO記事

  • 【API連携】coincheck/コインチェックの取引や資産管理を効率化

    の取引や資産管理を効率化する方法をご存知でしょうか?coincheckが公開している公式APIを活用すれば、それは可能です。通常、APIはプログラミングの知見がない方にとって、活用ハードルが高いですが、仮想通貨アプリのを使えば簡単にAPI連携し、ポートフォリオ管理や取引を効率化することができます。ここでは国内最大級の取引所であるcoincheckのAPI取得方法とへのAPI連携方法をご紹介させていただきます。coincheckは2014年8月にサービス開始した日本の仮想通貨取引所です。投資初心者向けの使いやすいUIや取り扱い銘柄の多さが特徴で、国内ユーザー数の多い取引所でしたが、2018
  • 【2019年最新版】サラリーマンにおすすめの副業16選!会社員は隙間時間に賢く稼ぐ

    まだ、副業をしていないサラリーマンは危険信号です。もしあなたが一つの会社の収入のみに頼っているのであれば、このブログで紹介するに青ざめるかもしれません。一方でピンチはチャンスと言いまして、とも言えます。このブログが、日本の悩めるサラリーマンの参考になりますと幸いです。サラリーマンのは2017年で432万円です。リーマンショック以降やや回復傾向にはありますが、とはいえの状況であり、今後平均給与が大きく上がるとは考えづらいです。また、会社で給与が1万円しか上がらなかった(あるいは)なんて経験をしている人は多いのではないでしょうか。それもそのはず、終身雇用型の給与形態をとっている会社では
  • Huobi(フォビ)の「成行注文」はココが違う!注文方法と手順を解説

    Huobi Japanは、世界で展開する大手仮想通貨企業Huobiが2019年1月にオープンした日本の取引所です。(フォビジャパン株式会社、 )Huobi Japanは金融庁に正式に登録されている仮想通貨交換業者で、2013年の本社(Huobi Global)設立以降培ってきた堅牢なセキュリティも特徴です。Huobi(フォビ)の取引プラットフォームには、売買したい価格を入力して注文する「指値(さしね)注文」と、希望価格を入力せずに注文する「成行(なりゆき)注文」の2つがあります。一長一短の注文方法ですが、次のような特徴があります。売買の成立を最優先したいときは成行注文、今より有利な価格で売買