• マイナーにとって素晴らしい日

    仮想通貨取引所ABCCでは7月9日から12日までの3日間、2,000人の事前登録ユーザーに限定して、取引マイニングを公開していた。現在は既に誰でも取引マイニングに参加する事が可能だ。事前登録したユーザーは7月11日の夜に最初のAT(ABCCによって発行される取引所トークン)と最初の配当(ABCCの取引手数料の80%はAT保有者に配分される)を受け取る事が出来た。事前登録ユーザーの一人は、彼の取引マイニングの結果をABCC側のインタビューを通じて公開している。彼のスクリーンショットを見ると。トレードとマイニングを通じて、1.57ETHがに増加している。既にABCCは7/12午後12時から、取引マ
  • 新興の仮想通貨取引所ABCCが本日(7月12日)午後1時から取引マイニングを開始

    仮想通貨取引所ABCCは数日前に、ATトークンのリリースを発表し、取引マイニングを開始している。4日間のプレマイニング期間が終了し、本日(7月12日)午後1時から全てのユーザーに取引マイニングが開放される。同取引所はFuncity Capital、Dream Seeker Capitalなどからの出資を受けている。既にマイニングが始まり、この数日間で、Coinhillsでは7位に位置する取引高を記録している。現段階では、ABCCではAPIを開放しておらず、数週間後に開放を想定している。現在の取引高が続くようであれば開放後にはさらなる取引高の増加が見込まれる。1. 第1半減期におけるATの総数:
  • GENEXI とバイオテクノロジー: 2018 の最も人気のある業界でのビジネスアクセラレータ

    革新的なプラットフォームは、バイオテクノロジーの分野で有望プロジェクトのための資金調達プログラムの立ち上げを発表しました。同社の創業者アレクセイ・ Zheliaskov によると、バイオテクノロジー・アクセラレーター・は、開発、特許化、製品発売の段階でスタートアップを支援する。バイオテクノロジーの分野で画期的なソリューションを提供している最有力プロジェクトは、12から4200万ドルに割り当てられるように計画されています。この場合、スタートアップは、販売促進、法的整理、および小売業者とのコミュニケーションに関して全面的なサポートを受けることができます。バイオテクノロジーの分野でアクセラレータ
  • Mixin南アジア展開へ〜City Express Money Transferとの業務提携のお知らせ

    Mixin Limited(本社:香港、事務所:香港、北京、東京。以下「Mixin」)、はネパールの大手総合金融グループCity Express Groupの中核会社 City Express Money Transfer PVT. LTD.,(本店:ネパール、事務所:カトマンズ、東京、以下「City」)は分散型台帳技術に基づいたMixin Network及びMixin Messengerのペイメントシステムに関する業務提携を同意し、ネパール向けにペイメントシステムをはじめとするMixinの技術・商品の提供を開始することとなりましたので、お知らせいたします。City取締役Mahesh Kum
  • Urbit Data:論評数最大級のICO 兆の桁の不動産業界を粉砕する

    はを創出しようとしており、あらゆる人がこの野心的で有望なプロジェクトを話題にしています。6月14日に予定されているローンチには多くの期待が寄せられています。 Urbit Dataの目標はきわめて明確です。Urbitチームは以下の目標を達成するために1年以上にわたって活動を続けてきました。  の実装により、すべての不動産購入、賃借、販売をより透明かつ効率的な方法で簡単に管理できるようにします。 Urbit Data価格評価ツール Urbit Dataソフトウェアを利用してを図り、不要な文書作成を回避します。 取引時間の短縮 Urbit Dataのユーザーは弊社のをダウンロード
  • SafeCrypt.io:安全性と匿名性を重視した仮想通貨取引所

    当プロジェクトは、取引の安全性と匿名性を高いレベルで確保する仮想通貨取引所を設計することで、フェイルセーフな仕組みを構築しています。かつての最大手仮想通貨取引所マウントゴックスは、顧客からの絶大な信用を意のままにしていた、業界創生期の真の巨人でした。2013年8月にマウントゴックスを通して取引されたビットコインは、全体の実に47%以上でしたが、2014年4月15日、同社は850,000枚のビットコインを失うことになりました。この事件の原因は未だ明確になっていませんが、お金は永遠に失われてしまいました。マウントゴックスの話や、最近のコインチェックの強奪事件が示すのは、外部からの脅威に脆弱な第三者
  • 0XCERTは固有のオンチェーン資産を誰でも創り出し、所有および検証できるようにするためのトークンセールを6月に公表します

    0xcertは他のブロックチェーンテクノロジーとは異なり、単なる’通貨’の移動ではなく、代替不可能な固有のトークンを実際に創出します。各トークンは現実世界の資産の刻印を持つものです。 新たなテクノロジーは、強力なdappsを構築するためのフレームワークをディベロッパーに供給します。その結果として、ブロックチェーン上にあるデジタルまたは現実世界の資産(身分証明書、学位、芸術品や不動産など)を認証および管理することができるようになります。共同設立者であり0xcert CEOのJure Zih"アプリケーションディベロッパーに安全な非依存型のブロックチェーンプラットフォームを備えるため
  • GLITZKOINによるダイヤモンド業界専用ブロックチェーンと仮想通貨

    によるダイヤモンド業界専用ブロックチェーンと仮想通貨最先端のブロックチェーン技術を利用して、が900億ドル規模のダイヤモンド業界が持つポテンシャルを最大限にまで活かします。ダイアモンド業界に長年携わってきたCEOのナヴニート・ゴエンカと共に、当プロジェクトはダイヤモンド業界に存在する弱点が何なのかを突きとめました。 プロジェクトが実施され次第、ブロックチェーンを基盤とした包括的なダイヤモンド取引用プラットフォームを提供いたします。国際的なダイヤモンド取引を隔てていた地理的な障壁は消えてなくなることでしょう。バイヤーはブローカーや代理人をいちいち通すことなく、セラーがリストアップしたダイヤモ
  • ブロックチェーンとAIによるショッピングの再構築 - OSA DC、トークンセールを開始

    OSA DCは、すでに20の小売業者が使用しているプラ​​ットフォームを通じて、100万ドル以上の収益を上げており、今後世界中の数千のスーパーマーケットや小売店舗に、ブロックチェーンの透明性とAIの効率性高いモデルを広げていく計画です。小売業者が数十億ドルを節約するかたわら、同社のプラットフォームは、消費者に対し、購入前にすべての製品についてリアルタイムに競争力のある価格設定、製品の詳細、およびピアレビューを提供します。ニューヨーク、2015年5月15日 - 人工知能、ブロックチェーン技術、小売業界における専門家チームであるOSA Decentralized(OSA DC)がトークンセールを開
  • イニシャル・コイン・セール (ICO) 実施中のEO 、仮想通貨 ― 不換通貨取引所及びウォレット開設のライセンスを取得

    4つのプラットフォームから成るEOが近く予定している仮想通貨―不換通貨取引所とウォレットの業務ライセンスを取得した。これによりEOは、仮想通貨商品のローンチ前にライセンスを取得する初の仮想通貨企業の一つとなった。EOの仮想通貨取引所、仮想通貨ウォレット、オンラインプラットフォームでは不換通貨も利用でき、EO自体のコインと不換通貨の交換が可能である。仮想通貨分野では規制が導入され始めたばかりであるが、仮想通貨関連プロジェクトが多数出てきている今、規制に関する関心は大いに高まっている。多くの仮想通貨取引所やウォレットが業務ライセンスを取得しようとしてはいるが、現在いくつかの最大手を含む取引所やウ