• 【参加費無料】仮想通貨・ブロックチェーンの国内先駆者が集う「Next Economy Conference 2018」9月15日東京にて開催

    Next Economy Conference 2018は、ブロックチェーンやトークンを組み込んだサービスが2018年から増え始めていくだろう、新しい稼ぎ方、ライフスタイル、これから変わるサービスと未来を先駆者の目線から語り尽くすイベントです。数少ない日本のICO事例であるALISやSynchrolife、ブロックチェーンに踏み切ったモバイルファクトリー、地方×ブロックチェーンで注目を集めるプロジェクトなど国内の最先端を走る方々にお話を伺います。また、当日はスタートアップブースやイベント限定のトークン発行/アトラクションなど10以上のブースも併設しており、ブロックチェーンや仮想通貨が実際に使わ
  • イーサリアムブロックチェーンで建てる分権型都市―ひと足先に暗号区画をゲットしよう!

    はスマート・コントラクトを基盤とした新しいゲームです。Ethereum blockchainで分権型都市を建設する機会を、世界中のプレーヤーに提供しています。描写が豊かで生き生きとしたHTML5の技術と、Ethereum blockchainの革命的な融合によって、プレーヤーによって所有され、プレーヤーのデジタルウォレットに蓄えられているゲーム資産の安全な運営とともに、全てのブラウザや携帯型デバイスの中で唯一無二の持続的なゲーム体験をすることができます。ゲーム開始後、プレーヤーは分権型都市の地図上で、インフルエンスポイントを発生させる建物を建設するための区画を入手しています。それからほぼ毎日
  • 時代の先端へ: AIとブロックチェーンが変える医療システム

    によれば、日本政府は企業や研究者コミュニティーと連携し、人工知能(AI)を活用した病院の建設を目指すと発表しました。日本政府は医師の人手不足解消、医療スタッフの負担軽減、および医療コストの削減にAIを活用していく計画です。ハイテク技術はどのようにして既存の医療システムを変革し、改善していくのでしょうか? 医療分野では、これまでより患者にフォーカスした医療の提供、医療サービスの質の向上、そして医師の知識のアップデートを目的にハイテク技術が広く活用されています。技術のもたらす最大の恩恵は、コスト削減と時間短縮です。AIは4つの分野で成果を上げています: 認知手術ロボティクスは外科手術中、患者の個
  • OSA DCは日本の小売業に革命を起こします

    「苦あれば楽あり」ということわざで表されるように、人間万事塞翁が馬、日本の消費市場の特色やニーズの変化を理解する努力を続ければ、巡り巡って利益を得ることになるのではないでしょうか。日本人は伝統を従順に守りながら生活する静かな人種のように見られがちですが、日本経済は世界の先駆けを走る経済圏として世界で認識されています。約1億2500万人の人口を抱える日本は、GDPは世界3位で世界経済の約10%を占めています。経済産業省のレポートによると、2017年の商業販売額は約456兆円(卸売業約313兆円、小売業約143兆円)となりました。これまで数々のテクノロジーの発明が行われ、世界のハイテク製品の約25
  • Lufthansa、Microsoft、NEM、それに続く企業たち- 明日に架ける橋なるか、UNIBRIGHT…

    Microsoft、Lufthansaとのハッカソン、NEMとの提携…
大手企業と手を組み、強い意志を持って活動する。その成功は、同社の戦略の正しさを証明している。成功を収めたICOから3ヶ月あまり。同ドイツ企業は、有望なパートナーシップ、そして実際のユースケースに初の顧客を獲得してトップニュースを飾った。事業統合に20年以上の実績を持つデベロッパーチームであるは、新たなテクノロジーに関してあらゆる企業が抱える共通課題への取り組み方を心得ているようだ。それがブロックチェーンに関するものなら、なおさらだ。のCEO、 はこう述べる:「近頃はほとんどの企業がブロックチェーン技術に強い興味を示
  • Varanidaは広告詐欺に対する解決ですか?

    より多くの広告主や出版社がデジタル広告の危機を解決するための技術の向上を目指し、オンラインプライバシーを懸念するユーザーが増えるにつれて、特に日本ではこの業界を混乱させる透明で倫理的な広告ネットワークに対する需要が高まっています。Japanbuzz.infoによると、80億ドル以上の投資を受けて、日本はインターネット広告の支出で世界第4位にランクされ、日本で第2位の広告市場となった。このような大規模な広告市場では、個人情報の保護に関する日本の法律が可決されたプライバシー問題が多くあります。この行動はGDPRと同様に機能した「国家及び地方公共団体等の責任の明確化を基本方針の制定、政府の基本方針の
  • いま注目すべき、TEAMZブロックチェーンサミット

    TEAMZブロックチェーンサミットは、ブロックチェーン業界のキーパーソン、世界各業界の主要人物、最新のブロックチェーンプロジェクト、大手取引所とメディアプラットフォームを集めた盛大なビジネスイベントである。ブロックチェーンの最新動向を把握、ビジネスチャンスを掴む、貴重な人脈を作る絶好の機会は、2018年9月28日〜29日に東京で開催されるこのイベントにある。イベントの目的は、キーパーソンと優れたブロックチェーンプロジェクトを結びつけ、両者の良好な関係を促進し、取引成立、ビジネスアライアンスを確立、グローバルネットワークを拡大することである。2日間のサミットで、45名のスピーカーとキーパーソン、
  • 仮想通貨取引所ABCCが独自トークン(AT)が本日取引開始

    ABCCのチームは、2018年7月25日13時に迫ったAT取引開始の準備を加速させている。世界の新興仮想通貨取引所の1つであるABCCは、ABCCチームの約束通り、独自トークンの取引を開始する。トレード・トゥ・マイン(ToM)取引所がブロックチェーンコミュニティに対して恩恵をもたらし、その発行以来期待通りの素晴らしい実績を見せたのは驚くべきことではない。2018年7月9日のAT発行以来のマイニング実績は、素晴らしい成功であり、取引量は1度世界第5位にまで登り詰め、現在も着実に成長している。「7月9日のABCCトークン(AT)の発行以降の取引量の圧倒的な急増、そして安定的な成長に驚いた。ATの価
  • マイナーにとって素晴らしい日

    仮想通貨取引所ABCCでは7月9日から12日までの3日間、2,000人の事前登録ユーザーに限定して、取引マイニングを公開していた。現在は既に誰でも取引マイニングに参加する事が可能だ。事前登録したユーザーは7月11日の夜に最初のAT(ABCCによって発行される取引所トークン)と最初の配当(ABCCの取引手数料の80%はAT保有者に配分される)を受け取る事が出来た。事前登録ユーザーの一人は、彼の取引マイニングの結果をABCC側のインタビューを通じて公開している。彼のスクリーンショットを見ると。トレードとマイニングを通じて、1.57ETHがに増加している。既にABCCは7/12午後12時から、取引マ
  • 新興の仮想通貨取引所ABCCが本日(7月12日)午後1時から取引マイニングを開始

    仮想通貨取引所ABCCは数日前に、ATトークンのリリースを発表し、取引マイニングを開始している。4日間のプレマイニング期間が終了し、本日(7月12日)午後1時から全てのユーザーに取引マイニングが開放される。同取引所はFuncity Capital、Dream Seeker Capitalなどからの出資を受けている。既にマイニングが始まり、この数日間で、Coinhillsでは7位に位置する取引高を記録している。現段階では、ABCCではAPIを開放しておらず、数週間後に開放を想定している。現在の取引高が続くようであれば開放後にはさらなる取引高の増加が見込まれる。1. 第1半減期におけるATの総数: