• マイナーにとって素晴らしい日

    仮想通貨取引所ABCCでは7月9日から12日までの3日間、2,000人の事前登録ユーザーに限定して、取引マイニングを公開していた。現在は既に誰でも取引マイニングに参加する事が可能だ。事前登録したユーザーは7月11日の夜に最初のAT(ABCCによって発行される取引所トークン)と最初の配当(ABCCの取引手数料の80%はAT保有者に配分される)を受け取る事が出来た。事前登録ユーザーの一人は、彼の取引マイニングの結果をABCC側のインタビューを通じて公開している。彼のスクリーンショットを見ると。トレードとマイニングを通じて、1.57ETHがに増加している。既にABCCは7/12午後12時から、取引マ
  • 新興の仮想通貨取引所ABCCが本日(7月12日)午後1時から取引マイニングを開始

    仮想通貨取引所ABCCは数日前に、ATトークンのリリースを発表し、取引マイニングを開始している。4日間のプレマイニング期間が終了し、本日(7月12日)午後1時から全てのユーザーに取引マイニングが開放される。同取引所はFuncity Capital、Dream Seeker Capitalなどからの出資を受けている。既にマイニングが始まり、この数日間で、Coinhillsでは7位に位置する取引高を記録している。現段階では、ABCCではAPIを開放しておらず、数週間後に開放を想定している。現在の取引高が続くようであれば開放後にはさらなる取引高の増加が見込まれる。1. 第1半減期におけるATの総数:
  • 【API連携】Coinbene/コインベネのAPI連携

    通常のAPIを使ったサービスではサーバーにAPIデータが残ってしまい、最悪の場合、第三者に勝手にトレードされ出金されるということも有り得ます。コイン相場ではを採用しており、APIキー情報はスマートフォン所有者の暗号化されたメモリ(Touch IDやFace IDでしか開けられない)に保存されるので、サービス運営側で悪用することはありません。スマホの盗難、第三者にTouch IDやFace IDが突破された場合のトラブルについては弊社では責任を負い兼ねますのでご了承ください。キーをコピーする際に「全選択」を選択してから貼り付けてください。「選択」でコピーすると全部貼り付けされていない可能性があ
  • 中華系取引所トークン:BigONEが発行するONEについて

    最近話題になっている配当型の取引所トークンですが、BigONEという取引所も発行を発表し、早速アカウント開設の受付を始めています。いずれも中華系の取引所で、FT、OCX、BIG、CONI辺りが現地では注目を浴びているようです。※BIGはBigONEが発行するトークンで、ONEとは別に以前から発行されていたものです。今回は、英語になっていた説明をざっくりと日本語にしてみました。尚、「ONE」の取引マイニングへの参加は先着順で行われるようです。「取引マイニング」セクションの取引手数料の100%が「ONE」で配分されます。最初の3日間の「ONE」の配分はすべて6月25日に行われます。人数限定、数回に
  • 【API連携】FCoin/エフコインのAPI連携

    通常のAPIを使ったサービスではサーバーにAPIデータが残ってしまい、最悪の場合、第三者に勝手にトレードされ出金されるということも有り得ます。コイン相場ではを採用しており、APIキー情報はスマートフォン所有者の暗号化されたメモリ(Touch IDやFace IDでしか開けられない)に保存されるので、サービス運営側で悪用することはありません。スマホの盗難、第三者にTouch IDやFace IDが突破された場合のトラブルについては弊社では責任を負い兼ねますのでご了承ください。キーをコピーする際に「全選択」を選択してから貼り付けてください。「選択」でコピーすると全部貼り付けされていない可能性があ
  • 【API連携】HitBTC/ヒットビーティーシーのAPI連携

    通常のAPIを使ったサービスではサーバーにAPIデータが残ってしまい、最悪の場合、第三者に勝手にトレードされ出金されるということも有り得ます。コイン相場ではを採用しており、APIキー情報はスマートフォン所有者の暗号化されたメモリ(Touch IDやFace IDでしか開けられない)に保存されるので、サービス運営側で悪用することはありません。スマホの盗難、第三者にTouch IDやFace IDの突破された場合のトラブルについては弊社は責任を負い兼ねますのでご了承ください。キーをコピーする際に「全選択」を選択してから貼り付けてください。「選択」でコピーすると全部貼り付けされていない可能性があり
  • 【Bitbank API連携】がうまくいかない時の対処法について

    日々コイン相場アプリを愛用してくだっている皆様、誠にありがとうございます。この記事は最近、一番お問合わせが多かったBitbank社のAPI連携ができないというお問合せにお答えするために作成いたしました。スマホ上のBitbankホームページから長いAPI keyとシークレットキーが全部コピーできない場合がございます。全部コピーしたつもりでも、まずは以下の対処法を試してみてください。API keyとシークレットキーをPCで作成し、情報が漏れないようにスマホに送付します。その後、スマホでコピーしコイン相場アプリ貼り付けを行います。(コピーをする際は全選択をしてください。)※連携が終わったら送付したA
  • 【API連携】coincheck/コインチェックのAPI連携

    通常のAPIを使ったサービスではサーバーにAPIデータが残ってしまい、最悪の場合、第三者に勝手にトレードされ出金されるということも有り得ます。コイン相場ではを採用しており、APIキー情報はスマートフォン所有者の暗号化されたメモリ(Touch IDやFace IDでしか開けられない)に保存されるので、サービス運営側で悪用することはありません。スマホの盗難、第三者にTouch IDやFace IDが突破された場合のトラブルについては弊社では責任を負い兼ねますのでご了承ください。キーをコピーする際に「全選択」を選択してから貼り付けてください。「選択」でコピーすると全部貼り付けされていない可能性があ
  • 【API連携】Bittrex/ビットレックスのAPI連携

    通常のAPIを使ったサービスではサーバーにAPIデータが残ってしまい、最悪の場合、第三者に勝手にトレードされ出金されるということも有り得ます。コイン相場ではを採用しており、APIキー情報はスマートフォン所有者の暗号化されたメモリ(Touch IDやFace IDでしか開けられない)に保存されるので、サービス運営側で悪用することはありません。スマホの盗難、第三者にTouch IDやFace IDが突破された場合のトラブルについては弊社では責任を負い兼ねますのでご了承ください。キーをコピーする際に「全選択」を選択してから貼り付けてください。「選択」でコピーすると全部貼り付けされていない可能性があ
  • 【API連携】QUIONEX/コインエクスチェンジのAPI連携

    通常のAPIを使ったサービスではサーバーにAPIデータが残ってしまい、最悪の場合、第三者に勝手にトレードされ出金されるということも有り得ます。コイン相場ではを採用しており、APIキー情報はスマートフォン所有者の暗号化されたメモリ(Touch IDやFace IDでしか開けられない)に保存されるので、サービス運営側で悪用することはありません。スマホの盗難、第三者にTouch IDやFace IDが突破された場合のトラブルについては弊社では責任を負い兼ねますのでご了承ください。キーをコピーする際に「全選択」を選択してから貼り付けてください。「選択」でコピーすると全部貼り付けされていない可能性があ