• ファクタリングとは

    ファクタリングとは債権を売却することで現金化する為のサービス。債権は請求する権利が発生しているが、支払いが行われていないものを指す。分かりやすい事例としては、請求書が挙げられ、支払いは確定しているが、実際に振り込まれていない期間は請求する側が債権を保持している状態であると言える。ファクタリングは、この支払い期日を前に債権を買い取ることで、債権保持者のキャッシュフローを改善する役割を持つ。基本的には、債権自体を買い取る行為に当たるので、債権保持者がファクタリング会社に対して借金を負っているわけでは無い。1. 法人2. 個人事業主3. 個人の三者いずれにも可能性がある。最も一般的だと言えるのは法人
  • ワン株は儲かる?しくみや取引のポイントを教えます!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ワン株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ワン株は少額で気軽に始められる株式です。そこで、ここから、ワン株のしくみ、特徴、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やワン株に興味がある方におすすめの内容です。ワン株とは1株単位で取引ができる株式で、マネックス証券が提供しているサービスのことです。株取引は通常100株単位で行なわれますが、ワン株の取引単位は文字通り1株です。通常の取引単位である10
  • 【投資初心者向け】まめ株のおすすめポイントやおすすめ銘柄を紹介!

    投資はしたいけれど、資金がない。という方は単元未満株であれば少額の資金で投資をすることができます。単元未満株は各証券会社で取り扱っており呼び名も異なりますが、野村證券が取り扱っているのが「」そしてまめ株に興味がある人の中には「まめ株をしたいけど、どんな点が他の証券会社に比べておすすめポイントなの?」「まめ株で投資したいんだけど・・・おすすめ銘柄は?」そんな風に思っている方も多いのではないでしょうか。この記事ではおすすめポイントとおすすめ銘柄を中心に紹介をしていきます。そもそも「まめ株」とは何でしょうか。まめ株とは野村證券が取り扱う単元未満株のことです。普通株式を購入する際には、「最低◯株以上
  • ファンディーノ(FUNDINNO)について

    日本クラウドキャピタルが運営する株式投資型クラウドファンディングのプラットフォーム。日本で初めて、第一種少額電子募集取扱業者として金融庁に登録承認された。「取引量日本No.1」という表記があるが、実際に、(2020年1月時点)という実績があり、が公表している統計数値と照合すると、市場シェアの90%前後を占め、名実共に実績No.1、ほぼ市場を独占しているサービスになる。「クラウドファンディング」という名称になっているが、実際には株式投資であり、CampfireやMakuake、Kickstarterといったいわゆるクラファンとは法的も全く別物である。一般的に非上場株・未公開株と言われる店頭有価
  • 株式投資型クラウドファンディングとは?

    株式投資型クラウドファンディングは、金融商品取引法の改正に伴って2015年5月から始まった新しい株式投資の手段です。実際には、2016年10月に初めて専用ライセンスが金融庁が発行され、が成立しているので、3年弱の運用期間になる比較的新たらしい金融商品になります。※いわゆる有価証券の取扱になるので、第一種金融商品取引業のライセンスが必要になります。これまで、ベンチャーキャピタルや一部のエンジェル投資家しか購入出来なかった未公開株をインターネット上で広く購入出来るようになる仕組みです。購入金額も数十万円からとなり、個人でも購入しやすい仕組みとなっています。非上場企業の株式ですので、該当企業が上場
  • 政府の規制に打ち勝つには?分散型国家を造ろう!

    ブロックチェーン技術は、世界中で多くの人々によって政府認可の中央集権に対する著しい打撃と見られています。ですが、私たちの現在の生活の変える無限の潜在力を持つ故に、政府はそれを脅威と認識しています。各国政府は、仮想通貨を従来の貨幣制度への挑戦と見ているのです。仲介業者を排除することができる仮想通貨は、政府の権力を揺るがしかねない存在となりえます。代表的な例が、インドです。インドの中央銀行であるインド準備銀行は、仮想通貨につながる全ての口座へのするよう全銀行に指示しました。これにより、多数のプロジェクトおよび仮想通貨交換所が閉鎖に至りました。中国は資金調達手段としてのし、また仮想通貨の厳しい規
  • ノアシティ-分権国家の夢の実現

    新たな分散型経済を支持する人にとっての究極の夢は、ブロックチェーン技術の基本原則にのっとって運営される国家に居住することです。すなわち、民主主義、権力分配と分権、コンセンサスによる意思決定、デジタル自治といった原則です。この夢はノアシティによって現実になろうとしています。ノアプロジェクトは長期にわたって暗号資産市場に存在し続けています。最近、ノアプロジェクトはと提携して、ノアがその構築を目指すエコシステム全体をホストするための新ブロックチェーンの開発を進めています。Platinum Q DAOエンジニアリングが関わる別のプロジェクトが、です。これは分散型ネットワーク上で運営され、その分散型
  • Coinsbitの紹介プログラム:数十万のユーザーに計数百万ドルを進呈

    東欧最大の仮想通貨取引所であるは、強力な紹介システムを武器に、最大の仮想通貨コミュニティーを急速に構築しています。現在、毎日7,000〜8,000の新規ユーザーが登録しています。このプログラムは2ヶ月間実施される予定です。予測では、実施期間中に30〜50万の新規ユーザーが加わるとみられています。CNBはユーティリティートークンで、取引サービスでの割引を得るために使用できますが、それだけではありません。CNBは、Bitcoin及びEthereumと並んで、Coinsbitの融資プラットフォームでも取り扱われています。トークン所有者は、 Invest Boxを用いれば、CNBで毎月3%の収入
  • コマース3.0 拡大を目指しPlatinum Q DAO と SesameOpen が提携

     はコマース3.0拡大を目指してこの度 と提携 いたしました。SesameOpenはそのプロトコルによってコミュニティを活性化し、100兆ドル規模のコマース3.0を生む分散型コマースネットワークの構築、成長を図っています。 Platinum Q DAO は、世界のユーザー向けに設計された一連の分散型ステーブルコインによって、コマース3.0エコシステムにおける暗号資産決済を売り手買い手双方にとってシンプルで分かりやすいものにしています。USDQ やKRWQ などのPlatinum Q DAOステーブルコインは、暗号資産決済を売り手買い手双方にとって利用しやすいものにしています。Platinu
  • 人工知能が最高のROIに欠かせない最先端の予測ツールを備える分散型取引所を準備

    仮想通貨資産トレーディングがブロックチェーン業界全体を拡大させる中核的な原動力であるという事実を考えれば、それらの仮想通貨トレーディングプラットフォームが毎日100,000人以上のユーザーと、500億ドルにも上る取引をもたらしているという事実も驚くには当たらない。しかし2019年を通して、取引所の取引量および取引数はやや活発さを欠くようになった。取引所のインフラが初心者の利用には複雑すぎるようになり、市場自体の価格変動が非常に激しくなったためである。その結果、成功するトレーダーたちはより最新のソリューションに取り組み始めた。である。もし仮想通貨取引所がニュー・キッズ・オン・ザ・ファイナンス・