• 人工知能が最高のROIに欠かせない最先端の予測ツールを備える分散型取引所を準備

    仮想通貨資産トレーディングがブロックチェーン業界全体を拡大させる中核的な原動力であるという事実を考えれば、それらの仮想通貨トレーディングプラットフォームが毎日100,000人以上のユーザーと、500億ドルにも上る取引をもたらしているという事実も驚くには当たらない。しかし2019年を通して、取引所の取引量および取引数はやや活発さを欠くようになった。取引所のインフラが初心者の利用には複雑すぎるようになり、市場自体の価格変動が非常に激しくなったためである。その結果、成功するトレーダーたちはより最新のソリューションに取り組み始めた。である。もし仮想通貨取引所がニュー・キッズ・オン・ザ・ファイナンス・
  • 仮想通貨プライムブローカーTROY Trade: 機関投資家はDEXを好むでしょう

    機関投資家の参入は、仮想通貨業界がずっと待ち望んでおり、それに向けての準備をしてきました。深い流動性のある注文板と市場の流動性は、多くの中央取引所がプロの投資家のニーズと要件に応えるために提供するサービス、対象を拡大したことを意味しますが、業界で「最初の」プライムブローカーであるTROY Tradeは、機関投資家が分散取引所を活用することを目指しています。これまでのところ、低速で流動性の低い分散型取引所(DEX)はメインではないです。しかし、最初の仮想通貨プライムブローカーであるTroy Tradeは、これまでDEXの普及を妨げてきた、多くの障害を解消し、DEXが機関投資家にとって好ましい取引
  • EMJAC:ブロックチェーン活用した「次世代の廃棄物管理ソリューションプロバイダー」

    産業廃棄物の管理は世界中で重要な問題となっており、「不要になった製品の処理をどのように行うか」については現在も様々な議論が行われています。この記事では、ブロックチェーン技術や仮想通貨を活用して「廃タイヤ」を「環境に優しいクリーンな再生可能エネルギー」へと変換する、次世代の廃棄物管理ソリューションプロバイダー「EMJAC(EMJ)」を紹介します。世界は増え続けるゴミの山に埋もれており、それらのゴミは人間と動物の両方に「健康面・環境面」で多くの危険をもたらしています。廃棄物の蓄積が進むにつれて、町や都市は"ゴミ捨て場"へと変わってきており、毎年20億個以上のタイヤが生産されていますが、その中でリ
  • 2019年のブロックチェーン特許申請・・中国67%・米国16%·日本5%·ドイツ4%·韓国2%

    中国メディアIPRdailyは最近2019年、上半期の世界ブロックチェーン関連の「特許申請企業ランキング100」を発表した。2019年は2018年の特許申請数をはるかに上回っている。報道によると、特許申請の数が一番多かった企業は中国企業の「アリババ」で合わせて322件を申請していた。次は中国の保険会社「平安」が274件(2位)、その次はアンティグア・バーブーダ(カリブ海東部に位置する島国)のブロックチェーン企業「nChain」が241件(3位)だった。※資料: マスターカード 79件(10位) マイクロソフト 35件(22位)一方で日本企業は NEC 18件(46位) SONY
  • 【中級・上級者向け】仮想通貨トレードの機会損失を防ぐ「Proアラート」リリース

    仮想通貨アプリ・コイン相場がついに有料会員制度・プレミアム会員をリリースしました!その中でも一番の目玉の機能はです。Proアラートとは、簡単にいうと価格アラートの上位互換版です。これまでの価格変動アラートに加えて、やを、コイン相場のPUSH通知でユーザーの皆様にお知らせする機能です。常にチャートに張り付いてトレードをしている方でも、多くの通貨ペアを同時に追い続けるの、苦しく無いですか?その点、Proアラートでは対応している取引所の全ての通貨ペアの分析をし、重要な局面の時だけ、ユーザーに教えてくれます。Proアラートがあれば、、、これで、これまで取りこぼしていたチャンスも、拾うことができた
  • Aeron2周年記念: CryptoBonusMilesが一般に普及、Aeron Gamesおよびその他のハイライト

    2年以上に渡り、Aeronは一般航空の安全性と利便性向上のためのソフト開発を成功させてきました。昨年は重要な出来事が非常に多く、中でも一般航空の安全性を強化するAeron Pilotアプリケーションの新規リリースや、大半の国際的な航空会社によるロイヤルティプログラムを統合し、利用者がフライト1マイルごとに暗号通貨報酬を獲得できるCryptoBonusMilesのローンチなどは特に大きなものでした。また、Aeron(ARN)トークンの利用例の拡充にも大きな進展が見られ、ARNのBinance Chainへのマイグレーション、主要なEOS取引所への上場によるEOSエコシステムへの統合などを行いまし
  • キムチプレミアム再来、日韓でアービトラージってできるんだっけ!?

    皆さんは"キムチプレミアム"あるいは"韓国プレミアム"という言葉を聞いたことはありますか?この言葉はビットコインを含む仮想通貨の相場が、特に韓国で高く設定されていることを指す業界用語です。ここ最近の弱気市場の時期には、このキムチプレミアムがなくなっていましたが、ビットコインが上がりまた韓国国内相場と格差が広がっている状態です。これぐらい、格差が広がると皆さんの中でこう考えていらっしゃる方がはいないでしょうか?とかとか。。。私の方でも同様の考えを思いつき、実際に韓国のほうで色々情報を調べたところ、かなりリスクが高いと感じたので注意喚起の意味もあって皆さんに共有いたします。本論に戻って、色々と
  • 今回のビットコインの上昇と2017年の5つの違い

    2017年の大きな上昇を経験した方々はビットコインの10,000ドルの壁が一つの道しるべであり、その後1年以上弱気市場が続いていることをご存知だと思います。しかし、今回のビットコインの上昇は、価格が上がっていると同時に当時よりも出来高がある以外にも、2017年の状況とはいくつか違う要素があります。ビットコインはすべての否定的な意見や逆境からまた高騰を続けており、いつもより勢いがある状態です。しかし、今のステップがただのバブルなのか新しい上昇の始まりなのかは誰もが確信することはできないでしょう。判断材料の参考として、今回のビットコインの状況が2017年とは違うのは以下5つのポイントです。現在の状
  • ビギナーズコンテスト3位入賞「ゲロッピーさん」に勝利の秘訣を聞いてみた

    今回は、の上位入賞者にインタビューをしてみました。インタビューしたゲロッピー()さんの成績は、一週間で、 +37.14%、取引回数が334回という結果でした。こんな成績出せるのであれば、実際に取引所でトレードしてもいいのでは?と思いましたが、お話を聞いてみるとそうでも無いみたいです。また、普段からガリガリトレードしているタイプでも無いようですので、もしかたら初心者の方にはとても参考になるかもしれません。はじめまして!ゲロッピーと申します。損失が多すぎて吐きそうだったのでゲロッピーという名前になりましたwはじめたのは去年(2018年)の1月になります。出川組(2)ですかね。仮想通貨以外
  • 法改正を理解する:ブロックチェーン注目トピックの良記事まとめvol.2

    2019年5月31日に資金決済法、金融金融商品取引法の改正が国会で成立し、「仮想通貨」が「暗号資産」に改称されたことは知っている人も多いでしょう。一方で、「それで何が変わるの?」「どんな情報を追いかけていけばいいの?」についてはイマイチ自信が持てない方もいると思うので、今回はこの辺りをまとめて行こうと思います。関連記事:大まかな点についてよくまとまっているのは、以下の2つの記事です。仮想通貨Watchアンダーソン・毛利・友常法律事務所後者はやや長く感じられるかもしれませんが、一番ポイントが整理させているものです。最前線の動きについては、Twitter()での書き起こしもかなり有能なので