店舗決済に仮想通貨を導入するには - 仮想通貨アプリ「コイン相場」

COINJINJA 編集部
シェア:
TelegramLineLinkedInRedditSMS

近年、盛り上がりを見せているモバイル決済ですが、仮想通貨決済を導入している店舗はまだ少ないのではないでしょうか。 珍しいからこそ集客効果として見込める時期でもあります。意外と簡単に導入できるので検討してみてはいかがでしょうか。

モバイル決済に対応していますか?

現在、経済産業省がキャッシュレス・ビジョンを打ち出し、国を挙げてキャッシュレスを推進しています。 キャッシュレスといえばクレジットカードやデビットカードのような磁気カードを読み取るタイプや、交通系ICのような非接触型、最近だとQRコードを読み取るタイプのモバイル決済などがあります。 モバイル決済はクレジットカードや交通系ICと違ってユーザーの導入のハードルが低く、導入店舗にとっても手数料が安いなどのメリットが大きい為、新しい決済手段として注目を浴びています。

モバイル決済一覧

  • LINE Pay
  • Pay Pay
  • kyash
  • Alipay
  • Wechat Pay
  • Amazon Pay
  • pring
  • 楽天ペイ
  • Origami
  • d払い
  • PAY ID
  • paymo
  • pixiv PAY
  • ゆうちょ Pay

etc・・・

店舗がモバイル決済を導入するメリット

最近だとPayPayを筆頭にモバイル決済サービスがど導入店舗やユーザーにとってお得なキャンペーンを打ち出してますね。 それ以外にも下記のようなメリットがあるのではないでしょうか。

  • 決済手数料が低い
  • 現金で手が汚れない
  • 集計の効率化
  • 集客効果(外国人、若者、アーリーアダプターなど)
  • 支払時間の短縮(現金及びお釣りの受け渡し)
  • 入金サイクルが早い(早いもので翌日振込)

仮想通貨決済ってどうなの?

ここまでモバイル決済について説明しましたが、実は仮想通貨決済もモバイル決済の一つです。 スマートフォンさえあれば、店舗のユーザーも導入することができる上、従来の日本円とは違った特性を持つ為、次世代の決済手段として注目されています。 しかしながら現在のところ導入事例は非常に少ないのが現状です。(導入しているのは関東で100店舗程度のようです) 理由はまだ市場が不安定であったり、そもそも持っている人が少なかったりと様々です。 しかし、下記の理由から今後は増える可能性が高いのではないでしょうか。

  • 日本円と連動したステーブルコインの登場(ビットコインのように価格が上下しない)
  • 仮想通貨の信頼底上げ(法整備、大手の取り扱いなど)
  • 投資以外で仮想通貨を稼ぐ人が増える(トークンエコノミーの拡充)
  • モバイル決済拡充が後押しとなる

仮想通貨決済といえば、コイン相場?

仮想通貨決済を導入方法は色々ありますがスマホアプリ「コイン相場」が相性が良いと断言します。 理由は5つです。

  • 導入無料(スマホアプリのダウンロードのみ)
  • 決済手数料が無料(参考:他社手数料は1%〜)
  • 高速送金(参考:通常は数分以上かかる)
  • 顧客基盤(50万ダウンロード)
  • 対応通貨が多い(11種類以上、独自通貨も発行・流通可能)

つまり、無料で便利でみんなが使っているということですね。 まずはお手軽にコイン相場で仮想通貨決済をはじめてみてはいかがでしょうか。

事例抜粋

大型イベントでの決済導入 「コミックマーケット 95」(2018年12月29日-31日実施 /  57万人来場)

ウォレットの作成手順

まずはスマホアプリ「コイン相場」のインストール ▶︎App Store ▶︎Android ウォレットの作成 ウォレットとは仮想通貨を入出金できるコイン相場の便利なお財布機能です。 まずは画像(左)にあるように、ピックアップの項目からウォレットを選択しましょう。 電話番号認証があるので、電話番号を入力し、送られてきた認証コードを入力してください。   次にニックネームを入力して下さい。(その下の招待コードはスルーして問題ありません。) 最後にPINコードを設定します。(暗証番号のようなものです ※忘れないようご注意下さい) これでウォレットの完成です。

実際の使い方について(店舗側)

▼決済の流れ ▼決済の流れ>[2.QRコードを表示]の解説 ▼決済の流れ>[3.  入金確認]の解説

簡単組み立て「コイン相場POP」

印刷して簡単に組み立てられるPOPです。データでダウンロードできますので、サイズや対応通貨の種類はアレンジしてみて下さい。 下記のアンケートにお答えいただくとダウンロードリンクが現れます。

アンケート

関連記事

  • 【お知らせ】AIアラートをカスタマイズしよう! - コイン相場の人気機能AIアラートがアップデート

    コイン相場ユーザーの皆様いつもアプリのご利用ありがとうございます。今年の3月にリリースしましたAIアラートが大変ご好評をいただき本日の日付で、アップデートしましたのでお知らせいたします。既存のAIアラートでは銘柄を選ぶことができずBTC、ETH、XRPだけの情報を得ることができましたが今回のアップデート30個のメジャーな仮想通貨を選べるようになりました。BTC、ETH、XRP、BCH、EOS、LTC、BNB、XLM、ADA、TRX、XMR DASH、BSV、XTZ、IOTA、NEO、ETC、ONT、MKR、XEM、ZEC、CRO VET、DOGE、WAVES、OMG、DCR、QTUM、R
  • ビットコイン購入なら手数料が明瞭で 使いやすいHuobi (フォビ)がおすすめ!

    は、世界で展開する大手仮想通貨企業Huobiが2019年1月にオープンした日本の取引所です。(フォビジャパン株式会社、 )Huobi Japanは金融庁に正式に登録されているで、2013年の本社(Huobi Global)設立以降培ってきた堅牢なセキュリティも特徴です。2019年になって再び注目が集まり、ビットコインに関心のある方が増えてきました。「ビットコインを購入したいけど、どの取引所を選べばいいか分からない」という初心者の方も多いと思います。この記事では、初心者にも利用しやすい仮想通貨取引所Huobi(フォビ)の特徴をご紹介します。ビットコインを購入するには、取引所に口座開設をした
  • モッピーペイとは|ポイ活で貯めたポイントを友達に送付する方法

    近年、「モバイルペイメント」や「キャッシュレス」の流れから、◯◯ペイという名前をよく耳にするようになりました。特にPayPay、LINE Payのプロモーション合戦は「札束の殴り合い」と比喩されるほどに、費用をかけた大胆なものになっており、話題を集めています。ところで、ポイントサイトでお小遣い稼ぎをしているポイ活民に嬉しい決済方法があるのをご存知ですか?やのは以前にご紹介しましたが、簡単にポイントの個人間送金ができるモッピーペイというものがあるんです。モッピーペイとは、自分が保有しているのポイントを、他人にURLで送付できるサービスのことです。URLを受け取った側は、モッピーにログイ

コメント