ウォッチリストのインタフェースを変更する方法 - 仮想通貨アプリ「コイン相場」

ウォッチリストのインタフェースを変更する方法 - 仮想通貨アプリ「コイン相場」

更新:

コイン相場アプリのウォッチリストは3つのインタフェースが存在します。この記事ではそれぞれのインタフェースの特徴や設定を変更する方法を共有させていただきます。

3つのインタフェース特徴

1.シンプル

チャートのインタフェースを「シンプル」にするとウォッチリストで出来高が表示されません。出来高表示が必要ない場合はチャートのスタイルを「シンプル」に設定してください。(この記事の下でインタフェースを変更する方法を共有します。)

また、下に表示されているミニチャートも表示させたくない場合は設定から非表示に変更できます。(この記事の下で非表示にする方法を共有します。)

2.ベーシック

アプリをダウンロードすると、自動的に設定されているインタフェースです。チャートのインタフェースを「ベーシック」にするとウォッチリストで出来高が表示されます。(この記事の下でインタフェースを変更する方法を共有します。)

また、下に表示されているミニチャートも表示させたくない場合は設定から非表示に変更できます。(この記事の下で非表示にする方法を共有します。)

3.アドバンス

各銘柄のチャートの動きが一目でわかるインタフェースです。チャートは最近の24時間のチャートのみが表示可能です。インタフェースをアドバンスにした場合はシンプルやベーシックの下部に表示される「ミニチャート」の表示が不可能になります。

ウォッチリストのインタフェースを変更する方法

シンプル・ベーシック・アドバンスの変更

ウォッチリストのインタフェースを変更するためには、まず設定画面にアクセスしてください。設定にアクセスすると「相場設定」という機能が表示されます。相場設定からスタイル(インタフェース)が自由に変更できます。

ミニチャートを非表示にする方法

シンプル・ベーシックのインタフェースで、ミニチャートを非表示にするためには同じく設定の「相場設定」にアクセスする必要があります。相場設定にアクセスしますと、ミニチャートをON/OFFできる機能がございますのでご自由に変更してください。

※ただし、アドバンスを選択する場合ミニチャートは表示できません。

シェア
COINJINJA編集部(@coinjinja)です。主に仮想通貨、ブロックチェーン関連のニュースをたびたび配信していきます。立ち位置は仮想通貨界隈の大衆紙、毎日正確な情報を適切に配信するというスタンスではありませんのでご注意下さい。
  1. トップ
  2. ブログ
  3. ウォッチリストのインタフェースを変更する方法 - 仮想通貨アプリ「コイン相場」

こちらもおすすめ