Moppy運営のセレス子会社マーキュリーと東証二部企業の関連会社が暗号資産交換業者登録

Moppy運営のセレス子会社マーキュリーと東証二部企業の関連会社が暗号資産交換業者登録

更新:

大手ポイントサイト、Moppyなどを運営するセレス株式会社(東証一部)の子会社・株式会社マーキュリーが今日に暗号資産交換業者として登録されました。また、証券ディーリングシステム等の開発を行うインタートレード(東証二部)の株式会社デジタルアセットマーケッツも同時に暗号資産交換業者となっています。

マーキュリー

セレスには関連会社としてBitbankがあり、投資先には、

  • Coincheck
  • orb
  • sivira
  • BRD
  • Fressets
  • GINKAN(シンクロライフ)
  • SmartApp(Go!Wallet)
  • Xtheta

などブロックチェーン・暗号資産関連の企業が多数あります。

マーキュリーでは暗号資産販売所サービスの提供を開始するとしています。

参照:子会社マーキュリーの暗号資産交換業登録に関するお知らせ

デジタルアセットマーケッツ

デジタルアセットマーケッツに関しては、インタートレードの子会社としてスタートしていますが、AZIA・光証券・三井物産などからも出資を受け、現在は分法適用関連会社となっています。

ただ、提供サービスの詳細等は公開されていません。

参照:暗号資産交換業者登録完了のお知らせ

シェア
COINJINJA編集部(@coinjinja)です。主に仮想通貨、ブロックチェーン関連のニュースをたびたび配信していきます。立ち位置は仮想通貨界隈の大衆紙、毎日正確な情報を適切に配信するというスタンスではありませんのでご注意下さい。