コイネージが暗号資産交換業から撤退

コイネージが暗号資産交換業から撤退

更新:

本日、マネーパートナーズグループの子会社であるコイネージ株式会社が暗号資産交換業からの撤退を発表しました。 コイネージは2020年7月27日から暗号資産の現物販売所を開業していましたが、競争激化により収益を大きく下回る状況が続いてた為、撤退するとしています。

  • 取締役会決議 : 2021年1月29日
  • 新規口座の受付停止 : 2021年2月1日
  • 事業廃止日 : 2021年3月末(予定)

現在の利用者に関しては3月末まで暗号資産の取引、入出金、入出庫が可能とのことですが、詳細は後日発表されるとのことです。

コイネージは元々ユナイテッド社が2017年10月16日に設立、2019年にマネーパートナーズグループに譲渡されていました。

同時に、マネーパートナーズグループは、同じく当該連結子会社で暗号資産交換業者のマネーパートナーズで暗号資産現物の受渡しを行わない「暗号資産関連店頭デリバティブ取引」にかかる事業を開始することを発表しています。

参考 : マネーパートナーズグループ・プレスリリース

シェア
COINJINJA編集部(@coinjinja)です。主に仮想通貨、ブロックチェーン関連のニュースをたびたび配信していきます。立ち位置は仮想通貨界隈の大衆紙、毎日正確な情報を適切に配信するというスタンスではありませんのでご注意下さい。