株式投資型クラファン・GEMSEEの1号案件がリリース

更新:

SBIホールディングス株式会社の子会社であるSBI CapitalBase株式会社が運営する、株式投資型クラウドファンディングプラットフォーム・GEMSEEで最初の案件が公開されました。

これまでは株式投資型クラファンでライセンスを保有しているのが5社、稼働しているのが3社という状況でした。GEMSEEの稼働でangel bankを除いて4社が稼働し始めたという事になります。

1号案件は、人材紹介事業を営む株式会社One Terraceとなっており、目標募集金額は2,500万円となっている。このうち15%の375万円がGEMSEEの手数料となる予定です。

GEMSEEは当初、ICO事業を目的として設立されていましたが、この1号案件はトークン等は全く関係しない為、通常の株式投資型クラウドファンディングプラットフォームとして運営を続ける方向になると見られます。

シェア
COINJINJA編集部(@coinjinja)です。主に仮想通貨、ブロックチェーン関連のニュースをたびたび配信していきます。立ち位置は仮想通貨界隈の大衆紙、毎日正確な情報を適切に配信するというスタンスではありませんのでご注意下さい。